NIFC-CA

海軍はF-35とイージスの更なるテストを望む────2018年6~8月に新たな海上テストを予定

米海軍は海上でイージスとF-35をテストする
2018年2月5日James Drew
シンガポール──米海軍は、今後のイージス海上トライアルにおいて、ロッキードマーティンF-35の空中センサーおよびミサイル防衛のパフォーマンスをさらに検証することを望んでいる。
近々6~8月の間に、海軍はF-35の追跡データを使用し、太平洋のイージス艦から発射されたレイセオンのスタンダード・ミサイル-6(SM-6)の迎撃で、空中脅威ターゲット・ドローンを撃墜しようとしている。
その海上デモンストレーションは、ニューメキシコ州ホワイトサンズミサイルレンジの、海兵隊F-35BおよびUSSデザートシップを含む2016年9月のテストに続いて起こるだろう、とロッキードF-35国際事業開発担当ディレクターのスティーブ・オーバーは言う。
そのトライアルでは、F-35Bからのターゲティング・データを使用し、SM-6を用いてMQM-107ストリーカー標的ドローンを上手く迎撃することが出来た。

当時、政府はMQM-107を再利用するために温存したいと考えていたが、しかし、そのレーダー誘導されたSM-6はそれを破壊することに成功し、そのテストを証明した。
SM-6の信管は遠隔測定キットに交換され、爆発させるのではなく、ターゲットとの最終的な近接を測定するために、とにかくそれはMQM-107ターゲットにぶつかった。
「私たちがこの成功したテストを行ったとき、海軍は非常に興奮し、今すぐ次のテスト計画を行った。」オーバーは2月4日のシンガポールエアショーのインタビュー中に述べた。
「彼らは今年の夏、[北半球]の太平洋において実弾発射の演習を計画している。」

これらのテストの鍵は、イージス・コンバット・システムが、JSFの多機能高度データリンク(MADL)から情報を受け取れるようにすることである。
このデータリンクは、傍受することが極めて困難な細い指向性ビームを介して情報を渡すことにより、検出の低確率を有する。
オーバーは、昨年11月(2017/11)に、海軍は、サンディエゴに拠点を置くイージス駆逐艦の1つに、今後のテストに備えてMADL受信機を装備したと言う。
この変更により、その艦船はF-35から直接ターゲティング情報を受信することが出来る。

この海上デモンストレーションの目的は、F-35の先進的なノースロップグラマン製の赤外線分散開口システム(DAS);アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーをどのように使用するかを示すことである。;そして、フュージョン・アルゴリズムは、ネットワーク化された「キル・ウェブ」アーキテクチャの一環として、空中のミサイル防衛をサポートすることが出来る。
F-35の六カメラ電子光学/赤外線ノースロップAAQ-37 DASは、パイロットがその航空機の肌を見透かし、巨大な距離で飛来する空中のミサイル脅威を見ることを可能にする。
DASの完全な能力は、2010年ワシントン近郊をF-35が飛行中、ケープカナベラルで約800海里(1,482km)離れたSpaceX Falcon9ロケットの発射を検出したときに判明した。
2つのネットワーク化されたDASシステムは、連携させて3次元ターゲット追跡を生成することが可能であり、または、もしも範囲内であれば、さらにより良い追跡を得るために、それはF-35のノースロップAPG-81 AESA射撃制御レーダーを簡単にキュー(指示)することも出来る。

このターゲティング情報は、MADLを介して、運動学的または電磁的手段によってターゲットを迎撃することを可能にさせる任意の「シューター(射手)」に渡すことが出来る。
これには、米国のイージス、パトリオット、またはサード・ミサイル・システムを含むことが出来る。
30,000フィートで飛行するF-35は、陸上または海上のどのセンサーよりも遠くまで見ることが出来る。
2016年9月のテストでは、MQM-107は亜音速巡航ミサイルが山脈の背後を低空で飛行することを再現しており、F-35B無しでは見ることが出来なかった。

「イージスはレーダーをオンにしていない。」オーバーは指摘した。「それは山岳地帯のせいでターゲット・ドローンを見ることさえ出来なかった。」
オーバーは、F-35Bは、SM-6に対しては第一ターゲットの位置だけでなく、ミッドコース・ガイダンス(中間軌道誘導)の更新も提供していると言う。
彼は、SM-6は恐らく一般的な戦闘機には搭載できない「巨大なミサイル」であるため、F-35とイージスをリンクさせることにより、F-35は一発の射撃も発射することなく、より広い多様なターゲットを殺すことが出来ると述べる。
「これは、その飛行機のその能力の論理的進化である。」オーバーは言う。「それは、ソフトウェアと適切な通信リンクが必要なだけである。」

ノースロップの第5世代の向上およびデリバリープログラムマネージャーであるジョン・モンゴメリーは、分散開口システム(DAS)は、空中ミサイルがF-35に忍び寄らないことを保証すると言う。
ノースロップは数年間、空中のミサイル防衛のためにDASを採用する方法を模索してきた。
この能力は、2014年10月16日にFTX-20と呼ばれるテスト中に正常に実証された。
ハワイでのそのトライアル中、地上基地のDASと、ガルフストリーム・テストベッド航空機に搭載されたDASは、中距離の地表間弾道ミサイルの3次元ターゲット追跡を確立することが出来た。
「このウェポン・システムは、従来の戦闘機が考えたことも無いようなことを行うために進化するだろう。」オーバーは言う。
U.S. Navy To Test F-35 With Aegis At Sea
05 Feb 2018 James Drew
SINGAPORE--The U.S. Navy hopes to further validate the Lockheed Martin F-35’s performance as an airborne sensor for air and missile defense in an upcoming Aegis sea trial. Sometime between June and August, the Navy will attempt to use tracking data from an F-35 to shoot down an air-breathing target drone with a Raytheon Standard Missile-6 (SM-6) interceptor fired from an Aegis ship in the Pacific Ocean. Steve Over, Lockheed’s director of F-35 international business development, says the at-sea demonstration will be a follow-on to a September 2016 test involving a Marine Corps F-35B and the USS Desert Ship at White Sands Missile Range, New Mexico. In that trial, targeting data from the F-35B was used to successfully intercept an MQM-107 Streaker target drone with an SM-6. At the time, the government wanted to preserve the MQM-107 for reuse, but the test proved to be so successful that the radar-guided SM-6 destroyed it on impact. The SM-6’s fuse had been replaced with a telemetry kit to measure its final proximity to the target rather than explode, but it struck the MQM-107 target anyway. “The Navy got very excited when we did this successful test that they’re planning the next test now,” Over said during an interview at the Singapore Airshow here Feb. 4. “They plan to do a live-fire exercise out in the Pacific this summer [Northern Hemisphere].” The key to these tests is enabling the Aegis Combat System to receive information from the Joint Strike Fighter’s Multifunction Advanced Data Link (MADL). This data link has a low probability of detection by passing information through a narrow, directional beam that is extremely difficult to intercept. Over says last November the Navy outfitted one of its San Diego-based Aegis destroyers with a MADL receiver in preparation for the upcoming test. With this modification, the ship can receive targeting information directly from the F-35. The purpose of this at-sea demonstration is to show how the F-35’s advanced Northrop Grumman-built infrared distributed aperture system (DAS); active electronically scanned array (AESA) radar; and fusion algorithms can support air and missile defense as part of a networked “kill web” architecture. The F-35’s six-camera electro-optical/infrared Northrop AAQ-37 DAS enables the pilot to look through the skin of the aircraft and see incoming air and missile threats at great distances. DAS’s full capability became apparent in 2010 when an F-35 flying near Washington, D.C., detected a SpaceX Falcon 9 rocket launch at Cape Canaveral almost 800 nm (1,482 km) away. Two networked DAS systems can be linked together to generate a three-dimensional target track, or it can simply cue the F-35’s Northrop APG-81 AESA fire control radar, if within range, to get an even better track. This targeting information can then be passed via MADL to any “shooter” capable of intercepting the target through kinetic or electromagnetic means. This could include the U.S.’s Aegis, Patriot or Thaad missile systems. Flying at 30,000 ft., the F-35 can see farther than any land- or sea-based sensors. In the September 2016 test, the MQM-107 was replicating a subsonic cruise missile flying low behind a mountain range and it could not have been seen without the F-35B. “Aegis didn’t even have its radar turned on,” Over notes. “It couldn’t have even seen the target drone because of the mountain range.” Over says the F-35B provided an initial target location as well as midcourse guidance updates to the SM-6. He says SM-6 is an “enormous missile” that could not possibly be carried by a typical fighter aircraft, so linking F-35 and Aegis allows the F-35 to kill a wider variety of targets without even firing a single shot. “This is a logical evolution of the capability of the airplane,” Over says. “It just requires software and the right communications link.” John Montgomery, Northrop’s fifth-generation improvements and derivatives program manager, says the distributed aperture system ensures that no airborne missile can sneak up on the F-35. Northrop has been exploring ways to employ DAS for air and missile defense for several years. This capability was successfully demonstrated during a test designated FTX-20 on Oct. 16, 2014. During that trial in Hawaii, a ground-based DAS and one carried aboard a Gulfstream testbed aircraft were able to establish a three-dimensional target track of a medium-range, surface-to-surface ballistic missile. “This weapon system is going to evolve to do things legacy fighter airplanes could have never even thought about,” Over says.
引用URL








 

 


 




 

NIFC-CA(ニフカ)

画像を表示
海兵隊F-35B、9月の概念実証テスト
1. 模擬巡航ミサイルを検出した
2. 目標データを艦上のコンバットシステムへ渡した
3. 外のSM-6ミサイルを取り出し借りる
In a September proof-of-concept test, a Marine F-35B
1. Detected a mock cruise missile
2. Passed target data to a shipboard combat system
3. Let an SM-6 missile take it out.

未改造のF-35は、自身のセンサーで目標を捉え、追跡し、その戦闘機のMADLを介して、海軍USSデザートシップ(LLS-1)テストプラットフォーム、ベースライン9イージス・コンバットシステムを実行した。
ロッキードと海軍は、情報が入力されるSM-6に追跡情報を受信させるため、MADLアンテナをコンバットシステムに取り付けた。
The unmodified F-35 picked up the target with its own sensors and routed the track via the fighter’s Multifunction Advanced Data Link (MADL pronounced: MAHdel) to the Navy’s USS Desert Ship (LLS-1) test platform running the Baseline 9 Aegis Combat System. Lockheed and the Navy attached a MADL antenna to the combat system to receive the track information that fed the information to the SM-6.
しかし、MADLをイージス艦に対して直接使用することは、計画の一部には無かった。
MADLの検出と傍受が困難であるのは、F-35がF-35と話をするために設計されているからであり、JSF以外の物を越えて情報を共有することは意図していない。退役海軍将校ブラン・クラーク、元海軍オペレーションズチーフ(CNO)特別補佐官、現在CSBAの上級研究員は、火曜日にUSNI Newsに語った。
「当初、F-35がデータリンクを介し艦船に対して直接使用するとは考えもしていなかった…。MADLリンクのジャムと検出は非常に難しいため、これにより、艦船と直接話すことが出来るようになった。」クラークは言った。
However, using MADL direct to the Aegis ships weren’t part of the plan.
The difficult to detect and intercept MADL was designed for F-35s to talk to F-35s and not intended to share information beyond other JSFs, Bran Clark, a retired Navy officer, the former special assistant to the Chief of Naval Operations (CNO) and now a senior fellow at CSBA, told USNI News on Tuesday.
“Originally we didn’t think F-35s would use through datalinks directly to ships… This gives them the ability to talk directly to the ship with a very hard to detect very hard to jam MADL link,” Clark said.
海軍F-35C、海兵隊F-35Bに加え、空軍F-35Aは、ベースライン9の艦船と、その空中追跡を共有することが可能になる。
In addition to the Navy’s F-35Cs and Marine Corps F-35Bs, the Air Force’s F-35As will be able to share its air tracks with a Baseline 9 ship.
引用URL
画像を表示

概念実証実験において、海兵隊の戦闘機から瞬時に送られたデータにより、艦船のイージスシステムが無人機を撃墜することを可能にした。
F-35は、現在よりも強烈なパンチ力を持つ。: 具体的には、20フィートのスタンダードミサイル、140ポンドの弾頭を装備したSM-6。
しかし、翼の下から発射したのではなく、近くのイージス艦から発射された。

「それは、かなりの距離からの金属と金属との交戦だった。私は戦術における重要な距離を超えていると思う。それは非常に印象的な射撃だった。」
リチャード"BC"ラスノク中佐は、強襲揚陸艦USSアメリカに乗った記者団に語った。海兵隊員は垂直離着陸型F-35Bでテストを実施している。
このテストは、ニューメキシコ州ホワイトサンズで海軍がミサイル試験に使用している施設USSデザートシップで行われた。

目標を選択してから、ミサイルを取り出しそれを発射するプロセスは、事実上自動である。とラスノクは述べた。
「それは、ものすごく簡単である。」と彼は言った。
「それは、我々が[F-35に乗って]自分の艦船の武器で私たちの目標をターゲティングする方法である。本当に違いが無い(F-35での発射とイージス艦からの発射が)。それは、交戦が起こったとき、誰がバトルを管理するかが問題になるが、画像は共通な画像であり、パイロットにとってトランスペアレント(繁雑な内部処理などがユーザーから見えないところで実行されるのでユーザーは意識しなくてよいという意味)なデータなので、フィジカル(身体)が活動的になる。」

それは、Kuバンド・マルチファンクション・アドバンスド・データリンク、MADLを介して行われる。: 基本的に、ステルス機が見つからないよう無線の沈黙を維持しながら、お互いに話すために使用される、同じ暗号のデータリンクである。
In a proof-of-concept experiment, data passed instantly from a Marine Corps fighter allowed a shipboard Aegis system to shoot down a drone.
The F-35 now packs more punch: specifically, the 20-foot Standard Missile, or SM-6, complete with a 140-pound warhead. But not fired from under the wing — rather from a nearby Aegis destroyer.
 
“It was a metal-on-metal engagement from a significant range. I would say more than a tactically significant range. It was a very, very impressive shot to see,” Lt. Col. Richard “BC” Rusnok told reporters aboard the amphibious assault ship America, where the Marines are conducting tests with the vertical-lift F-35B. The test took place at White Sands, New Mexico, aboard the USS Desert Ship facility that the Navy uses for missile tests there.
The process of selecting the target and then launching a missile to take it out was virtually automatic, said Rusnok.
“It’s super simple,” he said. “It’s targeting the way we target our own ship weapons [aboard the F-35]. There’s really no difference. It becomes a battle management issue as to who is going to engage, but the physical pushing of data is transparent to the pilot because the picture is a common picture.”
That pushing takes place over the Ku-band multi-function advanced datalink, or MADL: basically, the same encrypted datalink that stealth aircraft use to speak to one another while maintaining apparent radio silence.
引用URL


米海兵隊リチャード"BC"ラスノク中佐
Q : 「イージスとの統合について、少し話すことはできますか?」
 
BC : 「他のプラットフォーム、特にイージスコンバットシステムのように強力なプラットフォームとの相乗効果は、それをはるかに効果的にするだけでなく、驚異的なSA(状況認識)、驚異的なパワーと驚異的なウェポンスイートを持つ。
状況によって、我々は適切な位置にいないかもしれないし、最高の射手になれないかもしれない場合がある。
しかし現在、イージスは相乗的に我々と働き、その全体像を把握することができるようになった。
それから我々は、機内の全ての情報を、同じ機能を持つことができない他のプラットフォームと共有することができる。
その統合は、我々をはるかにより効果的にする。
 
我々は、9月にホワイトサンズ国定記念物で、米海軍海洋システムコマンド(NAVSEA)、産業、ビッグネイビーにおいてデモンストレーションを実施した。
F-35のMADLを介して、我々はイージスコンバットシステムと話すことで、ターゲットと交戦を可能にするゲートウェイを経由し、そのコンバットシステムとの噛み合わせを実行した。
イージスコンバットシステムは、リモートセンサーのような我々と電子的に話をし、イージスは空中のターゲットと正常に交戦を行った。
 
そして、私は交戦が上手くいったときは、それは重要な距離からの金属と金属の交戦だったと言う。
私は、戦術的に重要な距離を超えていると思う。それは非常に、非常に印象的な射撃だった。
それは、我々が海で行ったことではなく、[9月に行われた]開発テストであり、概念の証明であるが、それは私たちに、F-35をより大きな画像で繋ぐことを可能にするためのアイデアを私たちに提供する。」
 
 
Q : 「あなたは、そのターゲティングの性質のインターフェースについて話すことができますか?」
 
BC : 「それは、ものすごく簡単である。
それは、私たちの任意のターゲットを、渡された我々自身の武器でターゲティングさせる方法である。
本当に違いが無い。それは、交戦が起こったとき、誰がバトルを管理するかということだけが問題である。」
Lt. Col. Rich “BC” Rusnok
Can you talk a little about the AEGIS Integration?
BC: The synergistic effects of other platforms, especially powerful platforms like the AEGIS combat system not only makes us that much more effective, they have phenomenal SA, phenomenal power and a phenomenal weapons suite.
Sometimes we may not be in the right position, or be the best shooter – but now we can work synergistically with AEGIS and figure out that big picture.
Then we can share all that onboard information to other platforms that may or may not have the same capabilities. The integration makes us that much more effective.
We came in with Naval Sea Systems Command (NAVSEA), Industry, Big Navy to perform a demonstration in September out of White Sands, NM. The F-35 performed an engagement with that combat system through a gateway that allowed us to talk via Multifunction Advanced Data Link (MADL) to the AEGIS combat system and engage the target.
We talked electronically to the AEGIS combat system, like a remote sensor, and AEGIS engaged the airborne target successfully.
And when I say engaged successfully, it was a metal on metal engagement from a significant range. I’d say more than a tactically significant range. It was a very, very impressive shot.
That was not something we did here at sea, [it was done in September] that was a developmental test, a proof of concept, but it gives us an idea of what we can do to plug the F-35 into the bigger picture.
Can you talk about the interface for that kind of targeting?
BC: It is super simple.
It is targeting the way we target any of our own weapons and it is passed off.
There is really no difference, it is just a battle management issue as to who is going to engage.
引用URL


ニフカでF-35を使用する利点━━━センサー技術、リーチ、処理速度、システムの空中機動性が向上する

今までに類を見ないテスト。海軍は統合艦船防衛技術の一部として、空中ノードにF-35Bのセンサーを使用した──水平線のかなたから空中と地上の敵ミサイルの脅威を破壊するため設計された。
海兵隊F-35Bは、搭載されたセンサーを使用して、統合火器管制ウェポンシステムの広域空中中継ノードとして初めて機能し、水平線を超えて接近してくる敵巡航ミサイルを識別、追跡し破壊した。と関係者が発表した。
In a first-of-its kind test, the Navy used F-35B sensors as an aerial node as part of an integrated ship defense technology -- designed to destroy air and surface enemy missile threats from beyond-the-horizon.
A Marine Corps F-35B used its on-board sensors to function for the first time as a broad-area aerial relay node in an integrated fire-control weapons system designed to identify, track and destroy approaching enemy cruise missiles from distances beyond-the-horizon, service officials announced.

NIFC-CAは、以前の運用でE-2Dホークアイ監視航空機を空中センサーノードとして使用していたが、F-35Bを使用することで、センサー技術、リーチ、処理速度、システムの空中機動性が向上する。そのテストでは、空対空および空対地のターゲットを識別して破壊するシステムの能力も評価した。
「このテストは、無関係の技術で正常に近い火器管制ループを行うだけでなく、共通のセンサー、リンク、武器を共有する単一のキル・ウェブ(海軍の新コンセプト)で対地および対空ウェポンを統合する海軍の能力を評価する絶好の機会だった。」統合戦闘システムプログラム事務所の、将来戦闘システムの主要なプログラムマネージャーのアナント・パテルは、書面による供述で語った。
NIFC-CA has previously operated using an E2-D Hawkeye surveillance plane as an aerial sensor node; the use of an F-35B improves the sensor technology, reach, processing speed and air maneuverability of the system; the test also assessed the ability of the system to identify and destroy air-to-air and air-to-surface targets.
"This test was a great opportunity to assess the Navy’s ability to take unrelated technologies and successfully close the fire control loop as well as merge anti-surface and anti-air weapons into a single kill web that shares common sensors, links and weapons," Anant Patel, major program manager for future combat systems in the Program Executive Office for Integrated Warfare Systems, said in a written statement.
引用URL





ニフカ概要
画像を表示

ニフカのメリット・デメリット

メリット
  1. 戦闘機のミサイル搭載数は数発~十数発程度が限界だが、ニフカではイージス艦一隻に搭載されている約100発近くのミサイルを自由に使うことが出来る。(アーレイバーク級最大96発(32セル+64セル)、タイコンデロガ級最大122発(61セル+61セル)(どちらもベースライン9対応))
  2. 弾切れの心配が無い。(イージス艦のミサイルと自機の燃料が続く限りセンサー担当の戦闘機は戦い続けることが出来る。)
  3. 艦対空ミサイルの発射は、海面を背にしていることと、水平線の向こうから発射されることにより、上空の敵に対して察知されにくくなることが期待できる。(ルックダウンと呼ばれる。上空の敵は見下ろす形となり発見しづらくなる。)
  4. SM-6の射程は240~460kmなので、かなりアウトレンジからの攻撃が期待できる。(敵との距離が離れているため、センサー担当の戦闘機は反撃されにくくなることが期待できる。)
  5. ウェポンベイを開く必要が無くなるため、センサー担当の機体はさらに発見されにくくなることが期待できる。

デメリット(というかハードル)
  1. 当然のことながら、ベースライン9に対応したイージス艦が必要になる。
  2. 敵はどこから攻めてくるか分からないので、イージス艦を大量に配置する必要がある。それに伴い大量のスタンダードミサイルも必要になる。(ニフカ対応はSM-6。)
  3. センサー担当役の機体が多いほど敵を遠方から発見できる確率が増えるため、センサー担当の機体も大量に増やす必要がある。
  4. 敵に水平線を超えられると、味方のイージス艦が発見されてしまう恐れがあるため、敵をイージス艦に近づかせない対策が必要になる。(護衛機を付けるなど。)
  5. センサー担当の機体には、発見されにくいステルス能力、長距離/複数のセンサー能力、敵の発見/スタンダードミサイル誘導のための滞空時間、スタンダードミサイルを誘導するための通信能力など、全体的に高い能力が求められる。


日本(海上自衛隊)は出来るのか?

27DDG
正規のロッキード・マーティンSPY-1Dレーダーを中心に、日本のMk7(イージスシステム)の購入は、27DDクラスに米海軍ベースライン9アーレイバークDDGと同じ能力を与えるだろう。
──弾道ミサイル防衛(BMD)に対応し、巡航ミサイルと航空機を同時に迎撃する能力。
──CECデータリンクを介して、友軍の艦船や航空機と品質目標の追跡を送受信することが可能になる。
Centered around the established Lockheed Martin SPY-1D radar, the planned Mk 7 buys from Japan would give the 27DD class the same capabilities of the U.S. Navy’s Baseline 9 Arleigh Burke DDGs — capable of tackling ballistic missile defense (BMD) and simultaneously intercepting cruise missiles and aircraft — as well as transmitting and receiving target quality tracks to friendly ships and aircraft through CEC data links.
引用URL


ベースライン9の条件はクリアしているが、SM-6の方は導入予定が無いため、残念ながら今のところ日本はニフカが出来ない。


2018/2/21追加
〇標準型ミサイルSM-6の取得(21億円)  イージス・システム搭載護衛艦への搭載のため、現有のミサイルより能力の向上した標準型ミサイルSM-6の試験用弾薬を取得
平成30年度概算要求の概要でSM-6の試験用弾薬の取得が要求された。

引用URL

  • 最終更新:2018-02-21 15:44:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード