F-35の高AoAの説明テキスト

全ての学生はジオメトリ(位置情報/ベクトル情報など)をあまり気にしないが、とりわけ空中戦において、戦闘機パイロットはその重要性を認識している。
「キルショット(撃墜)」の機動をするとき、角度とエネルギー管理により、スピードとポジションが決定される。
一度の戦闘のエンゲージ(交戦)における、「クイック」と「死」との違いの差は、それら(スピードとポジション)が決定する。

飛行中の高迎え角(AoA)──別名「高アルファ角」──は、戦闘機の機首を向かわせる能力を強化し、パイロットが敵機を見つけ、向かわせ、ターゲットすることを可能にする。
速く機首を向けるということは、あなたがレーダーや赤外線追尾ミサイルでそれら(敵)を「ロックオン」し、決定的なショットでやっつけ、敵を打ち負かすという方法である。

AoAとは、機体の翼のコードライン(翼弦線)、翼のリーディング(前縁)とトレーリングエッジ(後縁)の間の想像上の直線と、機体の飛行経路との間の角度である。
それを姿勢、地球に対するジェットとの関係と混同してはならない。どちらもAoAと同じではない。
角度が小さい場合、機体の迎え角は低い。
大きい場合、機体は高AoAである。

F-35の高AoAテストは、正と負の両方の最大命令の制限を超えることを含み、そのジェットのAoAリミットである50°の高さまで機首を押し上げた。
テストパイロットは、ステルスの「クリーン」翼構成のテストと同様に、外部取り付け空対空パイロンとミサイルと、ウェポンベイのドアを開く、全ての付加的減速ドラッグ(空気抵抗)をその機体のために与えた。
テストパイロットは、制御不能な飛行状態から回復する際の特徴を評価するため、機体の限界を超えさせた。

BVR戦闘
AoAは機動のために重要ではあるが、実のところ、「ターゲットに接近」し、ローリングと旋回で相手の後ろを取ることは、時代遅れになってきている。
F-22とF-35がステルス機として作られた理由は、アメリカと同盟国パイロットのために、発見されることなく、目視外戦闘(BVR)の射撃による「ファーストショット/ファーストキル」のアドバンテージを提供するためである。
1991年の湾岸戦争以来、空対空の勝利数を着実に増加させることを成し遂げたのは、BVRであった。最後に空中でガン対ガンのキル(撃墜)を記録したのは、1988年だった。

F-35マルチソースに内蔵されたセンサーのデータが、一体となったF-35分散開口システム(DAS)からコクピットへ入ってくると、パイロットに360°の視界を提供するため、空中での交戦においてF-35パイロットを驚かせる(不意を突く)ことは非常に困難である。
軍事における第五世代機の戦術は、フォーメーション、脅威を発見するセンサーの数を増やすことに重点を置いている。
これらの情報の統合により、衛星のオフボード(場外)センサーと、ネットワークからの他の情報、監視と偵察(ISR)、広範囲のバトルスペース(戦場)の画像を「融合」するための機体が構築される。

F-35は、内部に燃料と武器が搭載される全荷重において、9Gの旋回をするために設計されており、これまでの外部にミサイルと燃料タンクを取り付けたあらゆる敵ジェットの追随を許さない。
F-35の設計は、機動性に関して、F-16、F/A-18、F-15など、現在の第4世代戦闘機に匹敵している。しかし、それらは最近の現在の新たに出現した脅威において生存できなかったが、ライトニングⅡはステルスに最適化されている設計であるため、その戦争中の空域環境でも動くことが出来る。

空中戦の未来
「F-35は、目視内(WVR)の環境で非常に有能である。その高AOAの機動性は、致命傷を与える事と生存性を最大化することを可能にするツールの一つである。」と言う。
フロリダ州エグリン空軍基地、第33戦闘航空団、第58戦闘飛行隊F-35Aパイロット、ジョシュア・レディス大尉。

「しかしながら、F-35の最大の強みは、問題の敵によって発見される前の範囲において、意思決定と致命傷を与えることを許可するための情報の融合とそれを取得する能力である。」彼は付け加えた。

「実態として空対空や空対地の話のいずれにせよ、回避するか優先的に脅威を破壊するための能力というのは、例えその機体自体がそれらのエンベロープ(飛行性)で良い性能だったとしても、その前に与えられたそれらの要因(ステルスと情報)により、高Gと高AOAの機動性を不要な物にする。」レディス大尉は説明した。

「結論として、F-35は、非常に致死性の高い脅威、近い同格の機体がいる環境における、高い生存性のために設計されている。しかしながら、それは、あれら(第4世代機)と同じ機能が同様に適用されており、低脅威の紛争においては、追加で外部武装を装備することができ、現在の戦いのためにその高度な情報管理能力をもたらす。」

F-35の、ステルス、電子戦、サイバー能力と、最後の手段である──敏捷性(びんしょうせい)──のコンビネーションは、各工程の、検出、追跡、射撃により、敵の能力を深刻に低下させ、最終的にF-35は接近し脅威を与える。

  • 最終更新:2017-01-05 19:40:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード