電子装備性能

※ 動画多め

EOTS

画像を表示

EOTS探知距離

EOTSの探知距離は、今のところ判明している分には90kmである。
BBCの取材カメラに、EOTSのスラントレンジ(Slant Range=軍事用語で直距離)が映っていた。
画像を表示
元動画

機能

「EOTSは、ターゲティングFLIRとIRSTを結合させた初めてのセンサーである。1つのセンサーに2つの機能を結合させるシステムを開発することは、技術的に大きな挑戦だった。」ドン・ベリング(EOTSのロッキードマーティン・ビジネス開発マネージャー)は言った。
EOTSは、共同交戦、空対空と空対地ターゲティングFLIR、デジタルズーム、広域ワイドエリアIRST、GPS誘導兵器を支援するためのレーザー指示と、地上座標生成のためのレーザースポットトラッカー(目標をレーザーで追尾する)を提供する。
F-35の3つの全バリエーションに、EOTSが装備されている。
“The EOTS is the first sensor to combine a targeting FLIR and IRST.
Marrying the two capabilities into one sensor was the big technical challenge in developing the system,” said Don Bolling, Lockheed Martin’s Business Development Manager for EOTS.
The EOTS provides laser designation, laser spot tracker for cooperative engagements, air-to-air and air-to-ground tracking FLIR, digital zoom, wide area IRST and generation of geo-coordinate to support GPS guided weapons.
All three variants of the F-35 are fitted with the EOTS.
画像を表示
F-35のようなステルス機の基礎として、航空機はシグネチャ(電波)を慎重に扱う必要がある。
IRSTは、機体がレーザーを使用しない限り放射する物を出さない、パッシブIRセンサーである。
APG-81レーダーが範囲内で何かを検出した場合、パイロットはIRSTモードを使用してEOTSからデータを供給することができ、RF(高周波、Radio Frequency)エネルギーと、航空機のシグネチャ(電波)の放出を最小限に抑えながら、高い信頼度で目標を受動的に追跡する。
EOTSとIRSTは、正確な安定性を提供するために、ジンバル(ジャイロスコープの格納に用いられるリング状の台座)、慣性計測装置、高速ステアリングミラーを使用している。
パッシブ操作のIRSTは、ジンバルのユニークな設計のおかげで、非常に高い走査性とスルーレート(動作速度)を備えており、APG-81レーダーに匹敵する広域走査能力を持っている。
On stealth platforms like the F-35 the aircraft’s signature must be carefully managed.
With IRST the aircraft has a passive IR sensor that creates no emissions unless the laser is used.
If the APG-81 radar detects something out at range, using IRST mode the pilot can feed the data to EOTS and passively track the contact with high fidelity while minimizing transmission of RF energy and the aircraft’s signature.
The EOTS IRST uses a gimbal, an inertial measuring unit, and a fast steering mirror to provide precise stabilization.
Passive in operation, the IRST has a wide area search capability comparable to the APG-81 radar with very high scan and slew rates because of the unique gimbal design.
画像を表示

仕様
EOTSは、高度なセンサー技術を組み合わせた、新しいフォーカルプレーンアレイ(FPA=焦点面アレイ=検出器)であり、目立たないサファイアウィンドウ設計と、高度なアルゴリズムにより長距離ターゲットの認識と識別と追跡を提供する。
IRSTモードにおいて、EOTSは、高い致死性(敵に対する)と生存性の範囲を拡張させることを保障し、空中の複数の脅威を探知、追跡する。
EOTSは、実証済みのテクノロジーが組み込まれており、光学、安定化、および処理を向上させる。
そのモジュラーの設計と、修理の容易さは、2レベル・メンテナンス(=two-level maintenance=米空軍が考案した「無駄の無い兵站システム(Lean Logistics)」の中の一つ)のサポートと保障により、シンプルに良くしている。
機能
• 超音速、ステルス性のための、堅牢で、目立たない、多面的なウィンドウ
• コンパクトな単一開口部デザイン
• ウィンドウアセンブリ(窓組立体)を含む軽量さ(200ポンド未満)
• 高度な第3世代フォーカルプレーンアレイ
• 空対地FLIRトラッカー(追跡)と、空対空IRSTモード
• ライフサイクルコストを削減する、2レベル・メンテナンスのためのモジュラー設計
• 自動ボアサイトおよび航空機の配置
• 戦術と目に安全な、信頼性の高い、ダイオード励起レーザー
• レーザースポットトラッカー
• パッシブとアクティブ測距
• ストライク(目標を破壊する攻撃)の精度要求を満たすための、非常に正確なジオロケーション(地理座標)生成
Specifications
The EOTS combines a new focal plane array with advanced sensor technology, a low profile sapphire window design, and advanced algorithms to provide long-range target recognition, identification, and tracking. In the IRST mode, the EOTS will locate and track multiple airborne threats at extended ranges ensuring high lethality and survivability.
The EOTS incorporates proven technology and advances in optics, stabilization, and processing. Its modular design and ease of repair make it simple to support and ensure true two-level maintenance.
Features
• Rugged, low-profile, faceted window for supersonic, low observable performance
• Compact single aperture design
• Light weight (under 200 lb) including window assembly
• Advanced, 3rd generation, focal plane array
• Air-to-surface FLIR tracker and air-to-air IRST modes
• Modular design for two-level maintenance to reduce life cycle cost
• Automatic boresight and aircraft alignment
• Tactical and eye-safe, highly reliable, diode-pumped laser
• Laser spot tracker
• Passive and active ranging
• Highly accurate geo-coordinate generation to meet precision strike requirements
画像を表示



画像を表示
EOTS能力
英語 意味
Air-to-Surface Targeting FLIR 空対地ターゲティングFLIR
Long Range A-A IRST ロングレンジ空対空IRST
Laser Designation レーザー照準器
Laser Spot Tracker レーザースポットトラッカー
Internally Mounted ・機内装備
Long Range, High Resolution ・ロングレンジ、高解像度
NAVFLIR, Targeting FLIR, IRST Functions ・NAVFLIR、ターゲティングFLIR、IRST機能
Digital Continuous Zoom ・デジタル連続ズーム
引用URL


現在は静止画を共有でき、ブロック4からビデオ共有が可能になる

EOTS
F-35の電子光学ターゲティングシステム(EOTS)は、前方監視赤外線(FLIR)、赤外線捜索追尾(IRST)および共同交戦のためのレーザー指示とレーザースポットトラッカーを組み合わせたセンサーである。
これらのシステムを組み合わせることにより、EOTSは空対地と空対空のミッションを両方カバーすることが出来る。:
-IRST ロングレンジ空対空
-FLIR 空対地、空対面ターゲティング
-共同での空対地の交戦ためのレーザースポットトラッキング
-レーザー指示
EOTSは、F-35の胴体に統合されており、ステルスを強化し、抗力を軽減し、高速光ファイバーインターフェースを介して航空機の統合セントラルコンピューターにリンクされている。

それは、最初は、地上の兵士と静止画を共有することができる。
その後の開発では、ローバー・ネットワーク経由で地上部隊に送ることができるCommon Data Link(CDL)でビデオフィード生成が可能になり、さらに、カメラを指示し、パイロットの望む目標を指し示す制御ができる。この機能はブロック4で予定されている。

また、EOTSブロック4には、短波長赤外線、高精細度(HD)テレビジョン、赤外線マーカー、および画像検出器の解像度の改善が予定されている。
EOTS
The F-35’s Electro-Optical Targeting System (EOTS) is a sensor that combines forward-looking infrared (FLIR), infrared search and track (IRST) and laser designation plus laser spot tracker for cooperative engagements. By combining these systems the EOTS can cover both air-to-ground and air-to-air missions:
* IRST Long range air-to-air
* FLIR air-to-ground, air-to-surface targeting
* Laser spot tracking for cooperative air-to-ground engagements
* Laser designation
The EOTS is integrated into the F-35’s fuselage to enhance stealth and reduce drag and is linked to the aircraft's integrated central computer through a high-speed fiber-optic interface.
It will initially be able to share still images to troops on the ground. Later in development there will be a Common Data Link(CDL) which will allow the Video feed generated to be sent to ground troops over a Rover Network, they could even control where the camera is pointed and indicate to the Pilot what they want targeted, this functionality is planned for Block 4. Also planned for EOTS Block 4 are short-wave infrared, high-definition television, an infrared marker and improved image detector resolution.
引用URL




EODAS

ノースロップ・グラマンの解説動画


1300km先の目標を発見追尾

800マイル(1300km)先のファルコン9ロケットを捉え追尾した。(APG-81レーダーと一緒に)

全周囲監視

    画像を表示
360°全周囲を監視し、自動で不審物に△マークを付けてパイロットに警告していることが読み取れる。

ノースロップ・グラマンの解説サイトによる説明

専用の360°球状の状況認識システム
ノースロップ・グラマンは、専用の360°球状の状況認識システムである、電子光学分散開口システム(DAS)を開発した。
DASは、状況認識の防御球体によって機体を包み込む。
それは、着陸しようとする機体、およびミサイルの脅威を警告し、同様にデイ/ナイト・ビジョンと、操縦者と友軍機のための、機体の戦術的な操縦/火器管制機能および、正確な追尾をパイロットに提供する。
DASが提供:
・ミサイルの発見と追跡
・発射地点の発見
・状況認識IRST&キューイング
・武器のサポート
・昼/夜のナビゲーション
EO DASの開発に加え、ノースロップグラマンエレクトロニックシステムは、F-35の高度な電子走査アレイ(AESA)火器管制レーダーであるAN/APG-81を供給している。
AESAレーダーはまた、優れた状況認識を提供しながら、ロングレンジで効果的に、空中と地上のターゲットに取り組めるよう、パイロットを有利にさせる設計になっている。

F-35のDASとAPG-81レーダーは、弾道ミサイル目標を発見、追跡する能力を実証する。
ノースロップ・グラマン社は、同社のAN/AAQ-37分散開口システム(DAS)とAN/APG-81アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーが、弾道ミサイルの発見、追跡とターゲティングする能力を実証した。そして、その両方はF-35(JSF)戦闘機の個性である。
ノースロップ・グラマンのDASとAPG-81は、自律的に、複数の弾道ロケット目標を同時に発見、および追尾した。
DASは、自律的に、立て続けに発射された全5台のロケットを発見し、最初の発射から第二段階の燃焼終了後においても、それらを追尾した。

F-35のDASは、敵の攻撃を検出する機能を実証する。
ノースロップ・グラマンのBAC1-11テスト機は、飛行中の操作時に、かなり遠い距離からタンク火災が起こっていることを発見した。
ミサイル発射装置に加えて、そのシステムは、広範囲に発射されたロケット弾と対空ミサイルの発射装置の位置を、同時に特定することが出来る。
DASの敵対的な火災検知は、F-35の必須条件では無いが、このミッションはそのシステムデザインを理想的な良いものにする。
DASのこの固有能力により、収集、処理および、戦場の鍵となる陸上兵力と、他の機体の情報を自律的に届けることで、キューイングや、パイロットの負荷を増加させる必要が無くなる。
The only 360 degree, spherical situational awareness system
Northrop Grumman has developed the only 360 degree, spherical situational awareness system in the electro-optical distributed aperture system (DAS).
The DAS surrounds the aircraft with a protective sphere of situational awareness.
It warns the pilot of incoming aircraft and missile threats as well as providing day/night vision, fire control capability and precision tracking of wingmen/friendly aircraft for tactical maneuvering.
The DAS provides:
・Missile detection and tracking
・Launch point detection
・Situational awareness IRST & cueing
・Weapons support
・Day/night navigation
In addition to developing the EO DAS, Northrop Grumman Electronic Systems is supplying the F-35's AN/APG-81 advanced electronically scanned array (AESA) fire-control radar.
The AESA radar is designed to enable the pilot to effectively engage air and ground targets at long range, while also providing outstanding situational awareness.
F-35 DAS and APG-81 radar demonstrate ability to detect, track, target ballistic missiles
Northrop Grumman Corporation recently demonstrated the ballistic missile detection, tracking and targeting capabilities of the company's AN/AAQ-37 distributed aperture system (DAS) and AN/APG-81 active electronically scanned array (AESA) radar, both of which are featured on the F-35 Joint Strike Fighter (JSF) aircraft.
Northrop Grumman's DAS and APG-81 autonomously detected, tracked and targeted multiple, simultaneous ballistic rockets.
The DAS autonomously detected all five rockets, launched in rapid succession, and tracked them from initial launch well past the second stage burnout.
F-35 DAS demonstrates hostile fire detection capability
While being flown on Northrop Grumman's BAC 1-11 test aircraft, the DAS detected and located tank fire from an operationally significant distance.
In addition to artillery, the system is able to simultaneously detect and pinpoint the location of rockets and anti-aircraft artillery fired in a wide area.
Although hostile fire detection is not an F-35 requirement for the DAS, the system design makes it ideal for this mission.
This inherent capability enables DAS to harvest, process and deliver key battlespace information to ground forces and other aircraft autonomously, without the need for cueing or increasing pilot workload.
引用URL


DASの使用例

DASを介して描かれた熱画像は、パイロットに、様々なオブジェクトから放出された、ヒートシグネチャ(熱放射)を見せることを可能にする。
例えば、パイロットは、冷たい海の広大な暗闇を背景にした、熱いエンジンを稼働させている艦船を識別することができる。
ナイトビジョンは、視界が悪く、光がほとんどないエリアが背景にある、低視認性オブジェクトを拡大して見る際に役立つ。
Thermal images portrayed through DAS enable pilots to view heat signatures emitted by various objects.
For instance, a pilot can identify a ship running a hot engine against the vast darkness of the cold ocean.
Night vision can also assist in magnifying low visibility objects against areas of very little to no light.
引用URL


DAS機能

画像を表示
英語 意味
SAIRST 状況認識IRST
Spherical Coverage 球状の被覆
NavFLIR on HMD HMDにNavFLIR
Thermal Cuer サーマルキュー(熱指示)
Missile Warning ミサイル警報
BDI -Explosion Detection BDI(戦闘成果/損害評価)-爆発物の検出
SAM Launch Point Report SAM発射位置報告
STOVL Auto Land & Pilot Landing Aid STOVL自動着陸&パイロットの着陸を支援
IRCM 赤外線妨害(infrared countermeasure)
RFCM 高周波妨害(frequency countermeasure)
引用URL




HMD

ヘルメット・マウント・ディスプレイ
  ▼GenⅠ                  ▼GenⅡ                      ▼GenⅢ
画像を表示        画像を表示画像を表示       画像を表示画像を表示

ロックウェル・コリンズの解説動画


機能

主な利点
-強化された状況認識を提供
-HMDの特徴として、重要なフライトとミッション情報をスムーズに移行させるため、ヘルメットのバイザーにヴァーチャル・ヘッドアップ・ディスプレイが融合されている。
-ヘルメットに組み込まれたナイト・ビジョン能力
-最高の快適さとパイロットの疲労を減らすための最適な重心の軽量ヘルメット
-武器で狙う場合、内蔵されたセンサーやデータリンクを介して指揮の合図を受信するとき、索敵、ターゲットの指定、およびターゲットの検証を提供

主な機能
-両眼、30-40°の広角で100%重なる
-ヴァーチャル・ヘッドアップ ・ ディスプレイ
-DAS画像を介して機体の外側を見通す機能
-高精度自動照準合わせと追尾
-能動騒音低減 (ANR)
-デジタル・ナイト・ビジョン・センサー
-550ノット(KEAS等価大気速度)での脱出機能
-軽量でバランスのとれたヘルメット
-正確なフィットと快適さのためのカスタムヘルメットライナー
-複数の瞳孔間距離 (IPD) の設定
-ビデオ録画
-ピクチャー・イン・ピクチャー=画面や画像の中にもう一つの小さな画面や画像を入れること
-眼鏡とレーザー防護 (LEP) デバイスとの互換性
Key benefits
— Provides enhanced situational awareness
— Integrated, virtual head-up display on the helmet visor for critical flight and mission information with a smooth transition to HMD symbology
— Night vision capability built into the helmet
— Lightweight helmet with optimal center of gravity for maximum comfort and reduced pilot fatigue
— Provides weapons targeting by looking at and designating targets, and target verification when receiving steering cues from onboard sensors or via datalink
Key features
— Biocular, 30-by-40-degree wide-field-of-view with 100 percent overlap
— Virtual head-up display
— Look-through-aircraft capability via DAS imagery
— High accuracy tracking with auto-boresighting
— Active noise reduction (ANR)
— Digital night vision sensor
— Ejection capability to 550 KEAS
— Lightweight and well balanced helmet
— Custom helmet liner for precise fit and comfort
— Multiple interpupillary distance (IPD) settings
— Video recording
— Picture in picture
— Compatible with eyeglasses and laser eye protection (LEP) devices
引用URL


コクピット

コクピットとディスプレイ
画像を表示画像を表示画像を表示

コクピットシミュレーター動画                  ディスプレイのマップ
  画像を表示
5分59秒に、120海里(222km)の枠線があり、マップの探知範囲は広大であることが読み取れる。
引用URL

シミュレーター関連


画像を表示画像を表示
出回っているF-35のディスプレイ画像には白黒の物が多く、「何か寂しい・・・」と思った方も多いと思うが、実は白黒だけでなく色の付いたマップも出せる。



MADL

概要

MADLは、高データレート、迎撃可能性低減(LPI)と低被検知性(LPD)のデータリンクである。
それは、低観測性のあるプラットフォーム間(ステルス機間)で、戦術と戦闘の能力を組織的な物にすることが出来る。
高度な戦術データリンクは、高脅威環境で運用する第五世代戦闘機の、運用効果の大幅な増加を提供する。
MADL is a high data rate, low probability-of-intercept (LPI) and low probability-of-detection (LPD) communications link.
It allows coordinated tactics and engagement capabilities between low-observable platforms.
The advanced tactical data link will offer a significant increase in operational effectiveness for fifth-generation aircraft operating in high-threat environments.

「我々は、統合された通信、ナビゲーションおよび識別サブシステムを開発するF-35プログラムで、私たちは役割の一部としてMADL用の波形を作成している。」ノースロップ・グラマン社の情報システム部門ネットワーク通信システム副社長の、ロジャー・藤井は語った。
「MADLは、LPI、LPDと、高ジャミング状況下と、あなたが見つかりたくなく聞かれたくない場合における、F-35戦闘機の厳しい要件を満たすためにゼロから設計された。
"We are creating the MADL waveform as part of our role in the F-35 program developing the integrated communications, navigation and identification subsystem," said Roger Fujii, vice president of Network Communication Systems for Northrop Grumman's Information Systems sector.
"MADL was designed from the ground up to meet the demanding requirements of the F-35 warfighter in LPI, LPD and high-jamming situations -- when you don't want to be seen or heard.
引用URL


MADLは、高データレート、双方向通信リンクである。
MADL is a high-data-rate, directional communications link.
引用URL


Colin Phan(サンディエゴ内のノースロップグラマンのソフトウェア無線製品部門の事業開発ディレクター)
それは、JSFのステルス機能を維持するため専用に開発された。
それは、Kバンドで、細いビームで点と点を繋ぐデータリンクである。
Colinは、機体がそれらのデータリンクによってお互いにデータを共有する場合、彼ら(敵)は追跡することができるかどうかについて説明する。
彼は、他の機体と通信するため細いビームを使用しているので、MADLがステルスであると言う。
その放射を経由する(MADL)F-35を追跡することは、非常に困難である。
MADL was developed specifically to maintain JSF’s stealth capability. It is a K-band, narrow beam point-to-point datalink. Phan explains that when aircraft share data with each other via their datalinks, they can be tracked. He says that MADL is stealthy because it uses a narrow beam to communicate with other aircraft, making it very difficult to track an F-35 via its emissions.
引用URL


MADL
Multifunctional Advanced Data Link=多機能で高度なデータリンク (MADL) は、高データレート、LPIとLPDの特性を持つ、Kバンドデータリンクである。
MADLの目的は、ステルス性能を損なうことなく、ステルス機間の共同戦闘をサポートする空中データリンクを提供することである。
MADL
The Multifunctional Advanced Data Link (MADL) is a high data rate, K-band communication link with LPI and LPD characteristics.
The objective of MADL is to provide an airborne data link that supports cooperative engagements between stealth aircraft without compromising stealth observability performance.

Multifunction Advanced Data Link=多機能で高度なデータリンク (MADL)
ノースロップ・グラマン社の開発したMADLの機能は、F-35に不可欠なミッションシステム一式、AN/ASQ-242で統合された通信のナビゲーションと識別 (CNI)アビオニクスである。
MADLは、高データレート、指向性のデータリンクである。
高度なデータリンクは、第五世代戦闘機の高脅威環境における作戦で重要な運用上のメリットと、戦術と戦闘を組織的な物にする。

ノースロップ・グラマンは、戦うF-35パイロットを、今後のミッションフェイズへシームレスに移行させるために、複数のミッションで機能するよう設計された、動的にプログラム出来るAN/ASQ-242 CNIシステムの計画と生産を行う。
さらに、MADLのF-35CNIシステムには、味方への近接航空支援(CAS)を含む、他の航空機と通信するためのリンク16を含んでいる。
しかしながら、リンク16は暗号化で安全にされている一方で、敵のSIGINTによって容易に傍受されてしまうため、F-35は低観測モードで動作しているとき、その通信は利用しない。

第五世代データリンクとして、MADLは、低観測性(ステルス性)の性能を損なうことなく、編隊飛行メンバー間での共同戦闘を提供する。
運用において、MADLが加わることで、通信、ナビゲーションと識別(CNI)のリンク16と、VMF(variable message format=戦術データリンク通信プロトコル)ネットワークを、F-35戦闘機に提供する。
そして、そのデータを、状況認識を簡略化させるために画像を形成するフュージョンシステムによって、パイロットたちのコクピットディスプレイに、他のF-35からのセンサー情報を相互に関連させる。

ノースロップグラマンの統合CNIシステムは、F-35パイロットのために、27以上のアビオニクス・サブシステムと同等の機能を提供する。
その業界最先端の無線技術ソフトウェアを使用したノースロップ・グラマンの設計により、先進的な戦闘機は、サイズ、重量と電力消費を大幅に削減しながら、複数の重要な機能を同時に操作することを可能にする。
これらの機能は、友軍と敵の識別、飛行位置の自動取得と、様々な音声、通信データ、MADLを含み、全ての低観測性のあるプラットフォーム(ステルス機)で使用するため米国防省の共同要件監督理事会によって承認された。

図8-3。F-35ライトニングⅡは、MADLとリンク16を運用する。
ノースロップ・グラマンが開発したMADLは、ステルス性能を損なうことなく、ステルス機間の共同戦闘をサポートする空中データリンクを提供する。
統合アビオニクスとMADLは合体しており、F-35パイロットは、コクピットで統合された状況認識の画像を豊富に見ることが出来る。
Multifunction Advanced Data Link (MADL)
Northrop Grumman developed MADL as one of the functionalies of the AN/ ASQ-242 integrated communications, navigation and identification (CNI) avionics that are critical to the F-35 mission systems suite.
MADL is a high-data-rate, directional communications link.
The advanced data link allows coordinated tactics and engagement to bring significant operational advantages to fifth-generation aircraft operating in high-threat environments.
Northrop Grumman designed and produced the AN/ASQ-242 CNI system, which can be dynamically programmed to arm the F-35 pilot with multiple-mission capabilities engineered for seamless transition from one mission phase to the next.
In addition, to MADL, the F-35CNI system also includes Link 16 for communicating with other aircraft including close air support.
However, Link 16, while secure and encrypted, can be more readily monitored by enemy signal intelligence and so is not utilized for transmission by the F-35 when operating in low observable mode.
As a fifth-generation data link, MADL provides for cooperative engagement among members of a flight group without compromising low observability performance.
In operation, MADL joins the communications, navigation and identification (CNI) Link 16 and variable message format network present on an F-35 aircraft, and data is correlated with information from other F-35 sensors by a fusion system to form a simplified situational awareness picture on the pilot's cockpit displays.
Northrop Grumman’s integrated CNI system provides to F-35 pilots the equivalent capability of more than 27 avionics subsystems.
By using its industry-leading software-defined radio technology, Northrop Grumman's design allows the simultaneous operation of multiple critical functions while greatly reducing size, weight and power demands on the advanced fighter.
These functions include Identification Friend or Foe, automatic acquisition of fly-to-points, and various voice and data communications, including MADL, which was approved by the US Department of Defense Joint Requirements Oversight Council for use on all lowobservable platforms.
Figure 8-3. The F-35 Lightning II operates with MADL and Link 16. The Northrop Grumman-developed MADL provides an airborne data link that supports cooperative engagements between stealth aircraft without compromising stealth observability performance.
Integrating the avionics and incorporating MADL allows the F-35 pilot to view a rich, integrated situational awareness picture in the cockpit.
引用URL


要点をまとめると、
CNIシステムは、各通信機能を統合した物。

MADLは、ジャミングに強く、秘匿性が高く、Kバンド通信で、細いビームで、編隊飛行内で機能するLPI・LPDの双方向通信の指向性データリンクである。
※また、機体内部システム間でも動作しており、自機以外の他の航空機や、地上施設へのネットワーク接続も可能という記述がある。※電子戦参照

MADLは、編隊飛行内専用の秘匿通信である他、編隊飛行外の他の航空機とも通信のやり取りが出来る、というように読めるが、いまいち具体的な情報が少ない。
MADLは不明な点が多い機能である。

(あと開発にロジャー・藤井さんという日系人が関わってたことにちょっとビックリ(しかも副社長))


AN/ASQ-242通信、ナビゲーション、識別(CNI)アビオニクス・スイート

※スイートとは、ソフトウェアスイートの略語で、IT分野における複数の機器やソフトウェアをひとまとめにした物を意味する。
F-35ライトニングⅡのための、通信、ナビゲーションと識別(CNI)アビオニクス
デジタル・バトルスペース戦闘機のための、新たな次元

超音速、マルチロール第五世代ステルス戦闘機F-35ライトニングⅡ(JSF)は、戦術的な環境を支配するための、戦闘ミッションを幅広くサポートする非常に高度なアビオニクスを搭載している。
ノースロップグラマンが、ロッキードマーティンF-35のために、独占で設計と開発した、通信、ナビゲーションと識別(CNI)システムは、これまでの設計で最も先進的な統合アビオニクスシステムである。
画像を表示
F-35CNI/アンテナ位置F-35 CNI/antenna locations.
Multifunction Advanced Data Link Antenna Receiver/Transmitter MADLアンテナ・レシーバー/トランスミッター
CNI Integrated Equipment Racks CNI内蔵装備ラック
Forward IFF Antenna 前方IFFアンテナ
Voice Communications 音声通信
Navigation/Landing Aids ナビゲーション/着陸補助
Identification/Surveillance 識別/監視
Audio Functions オーディオ機能
Data Communications データ通信

ソフトウェア無線技術
CNIは、ノースロップグラマンと政府の間で、30年の共同作業を通じて発展してきた。──ソフトウェア無線(SDR)技術の開発において、前例の無い経緯である。
SDRは、要求された波形を生成するソフトウェアを実行するために、再構成可能なRFハードウェアとコンピュータープロセッサを使用する。
一般的な電源、RFハードウェアおよび、コンピュータープロセッサの共有によって、そのアビオニクス・システムは「統合」CNIになる。
SDRは、F-35パイロットに、今後の1ミッションフェーズへ低遅延でシームレスに移行させるために設計されたマルチミッション機能を与える。
現在の構成は、40以上の波形、および30個のコンフォーマルアンテナを備えた10チャンネルで構成されおり、多層セキュリティのサポートと、JTRS(統合戦術無線システム)-互換である。

命令で戦闘にすぐ使える
ノースロップグラマンの完全に統合された、同時CNIアビオニクス・スイートには、とても高度な機能として、極超短波(UHF)/超短波(VHF)の送信と受信、敵味方識別(IFF)トランスポンダー、LINK16、統合精密着陸進入システム(JPALS)、無線通信および、低観測プラットフォームのための最先端の多機能で高度なデータリンク(MADL)が含まれている。

F-35は準備ができているか?
ライトニングⅡが最高の第5世代戦闘機として出現し、プラットフォームが普及すると、世界の既存の軍に相互運用性の課題を提示するだろう。
統合されたSDRベースのCNIアビオニクスシステムは、再利用可能な技術に対応できる。
CNIは、ソフトウェア駆動型、スライスベース、モジュラー・アーキテクチャにより、1つまたは複数のレガシーシステムか機能を、相互運用のための最新で高度な機能に置き換えるポテンシャルがある。

主要な機能
•AM、VHF、UHF AM ─ UHF FM、HAVE QUICK(海軍・空軍・海兵隊の航空無線システムアーキテクチャ、UHF AM)、SINCGARS(陸軍・海兵隊の戦術無線システムアーキテクチャ、ローVHF FM)、VMF (220D)(戦術データリンク通信プロトコル)
•GUARD(通常、緊急送信のために使用され、連続的に監視する無線周波数。UHF帯243.0MHz、VHF帯121.5MHz)、サバイバル無線
•IFF問いかけ/トランスポンダー(応答装置)
•TADIL-J、JVMF/VMF (K-シリーズ)
•RAD ALT(Radio Altimeter=電波高度計)、ILS(Instrument Landing System=計器着陸装置)、TACAN(Tactical Air Navigation=戦術航法装置)
•ICLS(自動着艦誘導システム)、JPALS(統合精密着陸進入システム)
•LINK16、MADL
•ボイス・メッセージング、音声認識
•メンテナンス・インターコム(整備用通話装置)、音声合成
Communications, Navigation and Identification (CNI) Avionics for the F-35 Lightning II
New dimensions for the warfighter in digital battlespace
The F-35 Lightning II (Joint Strike Fighter) is a supersonic, multirole, fifth-generation stealth fighter equipped with sophisticated avionics to support a wide array of combat missions for dominating the tactical environment.
The Communications, Navigation and Identification (CNI) system, designed and developed exclusively by Northrop Grumman for the Lockheed Martin F-35, is the most advanced integrated avionics system ever engineered.
F-35 CNI/antenna locations.
Multifunction Advanced Data Link Antenna Receiver/Transmitter
CNI Integrated Equipment Racks
Forward IFF Antenna
Voice Communications
Navigation/Landing Aids
Identification/Surveillance
Audio Functions
Data Communications
Software-Defined Radio Technology
CNI has evolved through a 30-year collaboration between Northrop Grumman and the government — an unprecedented course of development of software-defined radio (SDR) technology.
SDR uses reconfigurable RF hardware and computer processors to run software that produces a desired waveform.
By sharing common power, RF hardware and computer processors, the avionics system becomes “integrated” CNI.
SDR arms the F-35 pilot with multiple-mission capabilities engineered for seamless low-latency transition from one mission phase to the next.
The current configuration consists of 10 channels with more than 40 waveforms and 30 conformal antennas, supports multilevel security and is JTRS-compatible.
Combat-Ready on Command
Northrop Grumman’s fully integrated, simultaneous CNI avionics suite includes such advanced capabilities as Ultra High Frequency (UHF)/Very High Frequency (VHF) transmit and receive, Identification Friend-or-Foe (IFF) transponder, Link 16, Joint Precision and Approach Landing System (JPALS), wireless communications and the cutting-edge Multifunction Advanced Data Link (MADL) for low-observable platforms.
Are You Ready for F-35?
As the Lightning II comes on line as the premier fifth-generation fighter, proliferation of the platform will present interoperability challenges to existing forces worldwide.
The integrated SDR-based CNI avionics system can accommodate reusable technology.
Software-driven with a slice-based, modular architecture, CNI has the potential to replace one or multiple legacy systems or functions with the latest advanced capabilities for interoperability.
Key Functions
•AM, VHF, UHF AM – UHF FM, HAVEQUICK – SINCGARS, VMF (220D)
•GUARD, Survival Radio
•IFF Interrogate/Transponder
•TADIL-J, JVMF/VMF (K-SERIES)
•RAD ALT, ILS, TACAN
•ICLS, JPALS
•LINK 16, MADL
•Voice Messaging, Voice Recognition
•Maintenance Intercom, Voice Synthesis
引用URL


データリンクにおけるF-22との違い

米空軍スコット・ガン中佐
現在F-22は第4世代機とのセンサー情報の共有に問題を抱えているが、F-35はバトルスペース(戦場)の情報を共有することが出来るリンク16を持っていることを、ガンは指摘した。
Although the F-22 currently has problems sharing its sensor information with fourth-generation aircraft, Gunn noted that the F-35 has a Link 16 that allows it to share battlespace information.
引用URL



CNI機能で可能な事

画像を表示
英語 意味
▼Voice Comms▼ ▼音声通信▼
▼Line of Sight VHF/UHF ▼見通し線VHF/UHF
30-400 MHz AM/FM 30~400MHz AM/FM
Clear/Secure Voice クリア/セキュアボイス
HAVEQUICK 海軍空軍海兵隊の航空無線システムアーキテクチャ、UHF AM
SINCGARS 陸軍海兵隊の戦術無線システムアーキテクチャ、ローVHF FM
 
▼Air-to-Air & Air-to-Surface▼ ▼空対空&空対地▼
▼Link-16 ▼リンク-16
Position & Status Reporting ポジション&ステータス・レポーティング(位置&状態報告)
Mission Assignments ミッション・アサインメント(任務の割り当て)
Air / Surface / Land Tracks 空中/地上/陸上トラック(追跡)
Air / Surface Target Reports 空中/地上ターゲット・レポート(報告)
Engagement Status エンゲージメント・ステータス(交戦状態)
Threat Warning / EW Info 脅威警告/EW情報
Still Imagery 静止画像
Free text フリーテキスト
Voice 音声
 
▼Digital Aided CAS▼ ▼デジタル支援CAS▼
▼Variable Message Format (VMF) ▼可変メッセージフォーマット(VMF)
Position Reporting ポジション・レポーティング(位置報告)
CAS Mission Execution [Striker] CASミッション実施[ストライカー]
Check-In / On-Station チェック・イン/オン・ステーション
Target Designation ターゲット指定
CAS Mission Control [FAC(A)] CASミッション・コントロール[FAC(A)]
CAS Request CASリクエスト
9-Line / Targets 9ライン/ターゲット
Terminal Control ターミナル・コントロール(端末制御)
Mission Effectiveness Reporting ミッション有効性の報告
Still Imager 静止画
引用URL



F-35は武器を使い果たした後AWACSとして活動することができ、ミサイルの誘導も行える

通信、ナビゲーションおよび識別(CNI)アビオニクスシステム
CNIは、ソフトウェア定義の無線(SDR)技術を使用しており、SDRは再構成可能なRFハードウェアとコンピュータプロセッサを使用して目的の波形を生成するソフトウェアを実行し、CNIは27以上の異なる波形を管理することができる。
新しい波形の1つは、F-35用に開発されたマルチファンクションアドバンスドデータリンク(MADL)であり、非常に高いデータ転送速度(ビデオストリーミング他)を持ち、インターセプトやジャム(妨害)が非常に難しいため、その航空機に「ステルス」通信を提供する。

それはまた、F-35やコマンド・アンド・コントロール・オペレーティング・センターと広範囲に渡って動作するためにデイジー・チェーン方式で動作する。
F-35は、LPI/LPDリンク16機能も備えている。

それは、通信の完全なスイートにより他の航空機に情報を提供することができ、武器弾薬を消費したF-35は、AWACSとして活動を継続することで彼らの状況認識を高めることが可能であり、ネットワーク中心の戦いを促進する。

もし、F-35が弾道ミサイルを発見すると、それはF-35のターゲティング・データを海軍艦船に情報を送りSM-6にそれを追いかけさせることでイージスの範囲を拡張することができ、または、どこかの車両に地理座標データを提供し、砲弾のGPSシェル/ロケットまたはミサイル(トマホーク)などを誘導することが出来る。
AESAレーダーを用いると、通信システムは、非常に大量のデータを非常に迅速に送受信することができる。
Communications, Navigation and Identification (CNI) Avionics System
The CNI uses Software-defined radio (SDR) technology, SDR uses reconfigurable RF hardware and computer processors to run software that produces a desired waveform, the CNI can manage over 27 different wave-forms. One of the new wave-forms is the MultiFunction Advanced Data Link(MADL) developed for the F-35 which has a very high data transfer rate (for video streaming etc.) and is very hard to intercept or jam, giving the aircraft “stealth” communications.
It also acts in a Daisy Chain fashion to operate over wide areas with other F-35s and command and control operating centers. The F-35 will have LPI/LPD Link-16 capability as well. With its full suite of communications it can give information to another aircraft enhancing their situational awareness, this allows an F-35 that has expended its munitions to continue to act as an AWACS, furthering network centric warfare.
If an F-35 sees a ballistic missile it can give that information to a naval vessel who can send an SM-6 after it with the F-35’s targeting data, extending the range of AEGIS, or it can provide geo-coordinate data on a vehicle somewhere and guide in artillery GPS shells/rockets or missiles(tomahawks) etc. With the AESA radar the communications system can send or receive very large amounts of data very quickly.
引用URL


  • 最終更新:2017-03-01 22:54:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード