電子戦性能

用語 略称・英語 意味
電子戦 EW (Electronic Warfare) 電波を用いて行われる戦闘のこと
電子攻撃 EA (Electronic Attack) 敵の電波を妨害する攻撃。一時的に使用不能、物理的破壊、電磁波的破壊などの種類がある
電波妨害 ECM (Electronic Counter Measures) 一時的に敵の電波を妨害する装置
電子防護 EP (Electronic Protection) 敵からの電波妨害に対抗する手段。以前はECCMと呼ばれていた
レーダー警報受信 RWR (Radar Warning Receiver) 電波を逆探知する装置
電子戦支援 ESM (Electronic Support Measure) 逆探知した電波を解析する機能
無線諜報 SIGINT (Signals Intelligence) 敵のあらゆる電波を収集する活動のこと
電子戦関係でよく出てくる単語は以上である。
F-35にはこれら全てが最初から標準機能として備わっている。


AN/ASQ-239電子戦/妨害システム

AN/ASQ-239電子戦/妨害システム
機能
•攻撃と防御のデジタル電子戦能力
•モジュラー、スケーラブル(拡張性のある)なオープン・システム・アーキテクチャ
•オールアスペクト(全方向)、ブロードバンドレーダー警報および、ジオロケーション(地理位置情報)
•マルチスペクトル(多波長)、高周波(RF)と赤外線(IR)妨害
•レーダーとレーダー警報受信機を干渉させず同時にジャミング(電波妨害)
利点
•統合レーダー警報、ターゲティングサポート、および1つのシステムで妨害
•戦場で機体を維持するため、長期的なライフサイクルコストを減少させる
•バトルスペース(戦場)を360°見渡すため、状況認識を増加させる
•搭乗士を保護するための急速な応答機能
•シグナル(信号)が濃い環境であっても、機体を防御体制の整った目標へ到達させることを可能にする

開口部  /  ラック2A  /  ラック2B  /  妨害コントローラー(CMC)  /  RF(高周波)妨害容器  /  赤外線妨害ディスペンサー

生存性とミッション能力を高める──現在と未来で
AN/ASQ-239 電子戦スイート
AN/ASQ-239システムは、現在および新たな脅威に対抗するために、次世代ミッションのための高度な技術でF-35を保護する。
パイロットと機体のために、攻撃と防御の電子戦オプションを装備しており、そのスイートは、完全に統合されたレーダー警報、サポート、および自己防護を提供し、地上と空中の脅威を、検出および無力化する。
それはどのように動作するか
AN/ASQ-239システムは、電磁エネルギーの収集および処理を行い、360°の空中フィールドの視界を取得し、バトルスペース(戦場)の総合描写を提供する。
これは、パイロットに、最大の状況認識、識別の手伝い、監視、分析、および潜在的な脅威に迅速に対応することを提供する。
高度なアビオニクス、およびセンサーを使用することで、そのシステムはさらに一歩先を行き、検出と、ジオロケーション電子エミッタ(敵電波放射源位置情報)による、回避と交戦のための、脅威へのカウンターかジャム(電波妨害)を行うオプションをパイロットに提供する。
AN/ASQ-239
Electronic warfare / countermeasure system
Features
•Offensive and defensive digital electronic warfare capabilities
•Modular, scalable, open-system architecture
•All-aspect, broadband radar warning and geolocation
•Multispectral, radio frequency (RF) and infrared (IR) countermeasures
•Simultaneous jamming without interfering with radar and radar warning receiver
Benefits
•Integrates radar warning, targeting support, and countermeasures into one system
•Reduces long term life cycle costs to keep the aircraft fielded
•Increases situational awareness for a 360-degree view of the battlespace
•Rapid response capabilities to protect the aircrew
•Allows the aircraft to reach well-defended targets, even in signal-dense environment

Aperture / Rack 2A / Rack 2B / Countermeasures Controller(CMC) / Radio Frequency Countermeasures Canister  Infrared Countermeasures Dispensers

Enhances survivability and mission capability — now and into the future
AN/ASQ-239 electronic warfare suite
The AN/ASQ-239 system protects the F-35 with advanced technology for next generation missions to counter current and emerging threats. Equipped with offensive and defensive electronic warfare options for the pilot and aircraft, the suite provides fully integrated radar warning, targeting support, and self-protection, to detect and defeat surface and airborne threats.
How it works
The AN/ASQ-239 system collects and processes electromagnetic energy to capture a 360-degree aerial field of view to provide a comprehensive picture of the battlespace. This provides the pilot with maximum situational awareness, helping to identify, monitor, analyze, and rapidly respond to potential threats. Using advanced avionics and sensors, the systems takes this a step further by detecting and geo-locating electronic emitters to give pilots the option to evade, engage, counter or jam threats.
画像を表示




ASQ-239「バラクーダ」
AN/ASQ-239「バラクーダ」は、統合された電子戦(EW)と自己防護システムである。
それは、数百km離れた放射地点の位置を正確に特定することができ、さらに、それはレーダーでも見ることができ、そこからAPG-81にそのデータ追跡をスレーブ(IT分野では制御される側のことを言う)させ、非常に狭いビームで物体を検出して追跡することができ、他の航空機によって検出されることを減少させながら、ターゲットに対する電力および検出を増加させる。

近距離のジャマーを使用しているターゲットに対しては、それはナローバンドのインターリーブ(コンピュータなどが連続的にデータを扱う際、時間や空間などの何らかの物理的な広がりに対してわざと不連続にデータを配置する手法)されたサーチと追跡が可能であり、APG-81を必要とせずに、ミサイルを発射するために使用できる正確な距離と速度を提供し、360°の球体において他の航空機へのターゲティングを可能にする。
バラクーダは、判明している放射のデータバンクを参照し、発信元の車両を識別したり、将来の分類のために保存したりすることが出来る。

他の特徴は、偽のターゲット生成と、レンジゲート・スティーリング(盗む)、オフェンシブEW(攻撃的な電子戦)が可能であり、MJU-68/Bフレアシステムのような曳航(えいこう)RFデコイもパッケージの一部である。
ASQ-239 "Barracuda"
The AN/ASQ-239 “Barracuda” is an integrated Electronic Warfare (EW) and self-defense system. It is able to operate not just with other components within the aircraft such as the APG-81 but it can also operate with other F-35’s over MADL to perform EW operations together.
It’s able to precisely geo-locate emission locations hundreds of kilometers away, further then it’s radar can see and from there the APG-81 can be slaved to that data track and then detect and track the object with a very narrow beam, increasing power and detection on target while decreasing detection by other aircraft.
At close range or against targets using Jammers it is capable of narrowband interleaved search and track, which provides precise range and velocity that can then be used to shoot a missile without the need of the APG-81, allowing a 360 degree sphere of targeting other aircraft.
The Barracuda can refer to its data-banks of known emissions and identify the source vehicle or store it for future classification. Other features are false target generation and range-gate stealing, offensive EW is possible, a towed RF decoy is also a part of the package as is a MJU-68/B Flares system.
引用URL




電子戦システム ELECTRONIC WARFARE SYSTEM

F-35の全タイプに取り付けられ使用しているEW(電子戦)システムは、最新の脅威に対して非常に有効である。
F-35のEWシステムは、他に搭載されたシステム全てと、効果的な統合を可能にする。各F-35のシステムは、情報を伝え、互いの電子機器と連動することができる。

このF-35ネットワークは、内蔵されたMADL(Multifunction Airborne Data Link)を介して、EWシステムによる攻撃か防御のいずれかにおいてネットワークに繋がることを可能にし、より大規模なマルチ・ユニット・ネットワーク、他の航空機、地球上のプラットフォームにリンク出来る。
その内蔵されたEWシステムは、AN/ASQ-239バラクーダ。

F-35EWシステムは、レーダー警報(分析、識別と敵レーダー放射の追跡を向上させる) と、レーダーと赤外線誘導の脅威に対する自己防衛のためのマルチスペクトル(多波長)妨害を提供する。
また、それには、これらの機能に加えて、レーダーによるジオロケーション(位置情報を特定)を含む電子監視が可能である。

これは、自律的、またはネットワーク化されている工程の一部として、F-35のためにそれら(敵レーダー)を回避すること、ジャム(妨害)、または攻撃することを可能にする。
ASQ-239の拡張機能(および、F-35と統合された他のシステム) は、SIGINT(無線諜報) の電子収集の実行を可能にする。

機体のステルス能力は、より少ない脆弱性をもたらし、エミッタ(敵電波放射源)により接近して動いている間、F-35は敵の受動的な発見とSIGINTに取り掛かることを可能にする。
アクティブ欺瞞(ぎまん)ジャミング使用のためのF-35のステルス設計はまた、偽のターゲットを作りだし、少ない電力の使用でレンジゲート(標的が通過すると推測される空域)を略奪することが出来る。
EWシステムはまた、MADLデータリンクを通じて、他の積載されたシステムからのデータと周囲状況や警報情報を送受信する。

ASQ-239は、10個の設置箇所があり、主翼前縁上に6個、主翼後縁上に2個、および水平尾翼後縁上に2個ある。
そのシステムにはさらに、F-35の他の箇所においても使用できるポテンシャルがあり、特にAPG-81 AESAレーダーと最も連動している。

このアレイは、レーダーとしての機能だけでなく、送信専用で高出力なスタンドオフジャマーとして機能することも出来る。
また、受信専用モードで使用されるときは、APG-81はより強力なSIGINT能力を提供する。

次の将来アップグレード電子攻撃武器として、そのレーダーを使用することで、純粋なパワーでエミッタ(敵電波放射源)を焼いたり、偽のターゲットや欺瞞を招く情報を敵に与えたり、敵のレーダーやコンピュータ入力を備えたコマンド・アンド・コントロール・システムに侵入し、敵防空システムをシャットダウンすることが出来るようになるだろう。

これらの能力とデータリンクを組み合わせることは、F-35の自己防衛を高め、彼らが探し出した敵のエミッタ(電波放射源)を、ジャムか攻撃する機会を与える。
複数のF-35グループは、複数の方向からSIGINTで収集することができ、その後、情報収集・分析結果を利用して、ミサイルの発射、ジャミングの開始、または電子攻撃の開始をすることが出来る。

F-35のデータリンクは、ほぼリアルタイムで他のプラットフォームへその情報を提供でき、彼らは「オフボード(場外)」から行動を連携させることが出来ることを意味する。
F-35のコクピットは、より大きな状況認識をもたらし、致命的な情報過多の確率を少なくすることができ、融合された情報にアクセスすることを可能にする。
While all the aircraft types that the F-35 will replace use EW systems, some highly capable against current threats,the F-35’s EW system enables its effective integration with all the other onboard systems.
Each of the F-35’s systems is able to inform and operate with components of each other.
This F-35 network can also link to larger multi-unit networks, other aircraft or terrestrial platforms via its built-in MADL (Multifunction Airborne Data Link), which allows the EW system to be networked either in attack or defence.
The internally mounted AN/ASQ-239 Barracuda EW system.
The F-35 EW system provides radar warning (enhanced to provide analyis, identifi cation and tracing of emitting radars) and multispectral countermeasures for self defence against both radar and infrared guided threats.
In addition to these capabilities, it is also capable of electronic surveillance, including geo-location of radars.
This allows the F-35 to evade, jam, or attack them, either autonomously or as part of a networked effort.
The enhanced capabilities of the ASQ-239 (and integration with the F-35’s other systems) allow it to perform SIGINT (signals intelligence) electronic collection.
The aircraft’s stealth capabilities make it possible for an F-35 to undertake passive detection and SIGINT while operating closer to an emitter with less vulnerability.
For the use of active deception jamming, the F-35’s stealth design also allows false target generation and range-gate stealing with less use of power.
The EW system also sends and receives data and status and warning information from other onboard systems through the MADL data link.
The ASQ-239 has ten dedicated apertures, six on the wing leading edge, two on the trailing edge, and two on the horizontal stabilizer trailing edge.
The system also has the potential to use the F-35’s other apertures, most notably that associated with its APG-81 AESA (active electronically scanned array) radar.
In addition to functioning with the radar, this array, transmitting only at high-power, could function as a stand-off jammer.
When used in receive only mode, the APG-81 provides enhanced SIGINT capability.
The radar could also be used, following future upgrades, as an electronic attack weapon, burning out emitters with pure power or injecting hostile radars or command and control systems with computer inputs that would provide false targets, misleading information, or shut down an air defence system.
Combining these capabilities and data links will give F-35s the potential to do more than defend themselves and jam or attack enemy emitters they locate.
Groups of F-35s could collect SIGINT from multiple directions, and then use the information gathered and analyzed to fire missiles, start jamming, or launch an electronic attack.
Data links mean that F-35s can provide this information to other platforms in near real-time and have their actions coordinated ‘off-board’, where there will be more access to fused intelligence, greater situational awareness, and less chance of lethal information overload, than in the cockpit of an F-35.
画像を表示


電子戦機との比較

● EA-6B、EA-18G
O'Bryanは、F-35のEW/EAシステムの電力は、海兵隊が「EA-6B[専用のジャミング機]を、追加ポッド無しまたは内部システムのみの素のままのF-35Bで置き換えようとしている。」という事実から推測することができると述べた。
空軍の計画について質問されたとき、O'Bryanはいくつかの大げさな質問に答えた。:「彼らは大きなジャミング航空隊に投資していますか?彼らは[EA-18G]グラウラーを買いますか?」彼はこう言った。「ここに能力がある。」

O'Bryanは、F-35Aの電子戦能力は、「その目的のために特別に作られた第4世代の航空機と同等かそれ以上である。」と述べた。
F-35の「感度」と処理能力は──それは多くの対処が自動化された──内部および外部システムのセンサーフュージョンと相まって、パイロットには前例の無い状況認識を与えるだけでなく、破壊する必要のある特定のシステムの検出、位置およびターゲットを特定する能力も提供する。

電子戦に関して、F-35Aは新しい運用コンセプトを可能にするとO'Bryanは語る。
その目標は、敵の防空網を単に抑制することでは無い。
その目標は、それらを破壊することである。
O’Bryan said the power of the F-35’s EW/EA systems can be inferred from the fact that the Marine Corps “is going to replace its EA-6B [a dedicated jamming aircraft] with the baseline F-35B” with no additional pods or internal systems.
Asked about the Air Force’s plans, O’Bryan answered with several rhetorical questions: “Are they investing in a big jammer fleet? Are they buying [EA-18G] Growlers?” Then he said, “There’s a capability here.”
O’Bryan went on to say that the electronic warfare capability on the F-35A “is as good as, or better than, [that of the] fourth generation airplanes specifically built for that purpose.”
The F-35’s “sensitivity” and processing power—a great deal of it automated— coupled with the sensor fusion of internal and offboard systems, give the pilot unprecedented situational awareness as well as the ability to detect, locate, and target specific systems that need to be disrupted.
When it comes to electronic combat, the F-35A will make possible a new operational concept, O’Bryan said.
The goal is not to simply suppress enemy air defenses.
The goal will be to destroy them.
引用URL


● EC-130(電子戦機)
第55航空団司令官ジョージ・M・レイノルズ大佐は、そのポートフォリオ(ひとかたまり)はEC-130HおよびRC-135の航空機材を含んでおり、EC-130はいくつかの主要な機能を提供すると説明した。
それらは、「カウンターコミュニケーション(通信妨害)、カウンターレーダー(レーダー妨害)、カウンターデータ(データ妨害)、およびカウンターナビゲーション(航法妨害)」と彼はインタビューで語った。

「私たちは、小規模チームの支援からハイエンドな紛争まで、あらゆる範囲で軍事作戦を行っている。」と彼は説明した。
EC-130は、スタンドオフ通信や、敵の航空機または地上機に対してレーダージャミングを実行できる。
それは、敵の通信を聞くことができ、敵が近くにいる事を兵士に警告したり、選択し瞬時にジャミングすることによって敵の攻撃を中断させることができる。とレイノルズは言った。
それはエンジンが4つあるため、航空機には多くの電力と放射がある、と彼は指摘した。
 
 
情報筋によると、空軍は、その新しいF-35が、EC-130が提供する物に匹敵、または上回るEW能力を持っているため、いくつかのEC-130の損失と吸収合併する意向を示した。
F-35の製造元であるロッキードマーティンは、海兵隊がEA-6B代替として素のF-35を外部ジャミングポッド無しで使用するという計画をたびたび指摘している。
Col. George M. Reynolds, commander of the 55th Wing, which counts the EC-130H and RC-135 fleets in its portfolio, explained that the EC-130 offers several main capabilities. Those are “countercommunications, counterradar, counterdata, and counternavigation,” he said in an interview.
“We do a full range of military operations, from supporting small teams on the ground all the way up to the high-end conflicts,” he explained. The EC-130 can perform standoff communications or radar jamming of enemy air or surface craft. It can listen for enemy communications, warn troops on the ground that an enemy is nearby, or disrupt the enemy’s attack at selective moments by jamming, Reynolds said. The aircraft has a lot of power for emissions, due to its four engines, he noted.
 
Service sources said the Air Force was willing to absorb some loss of EC-130s because its new F-35s have an inherent EW capability that will match or exceed what the EC-130s offer. Lockheed Martin, maker of the F-35, frequently points out that the Marine Corps plans to use a standard F-35, without any external jamming pods, as its EA-6B replacement.
引用URL


● EA-18G
米海軍アメリカ太平洋艦隊、電子戦飛行隊司令官スコット・ファー大佐
EA-18Gの経験を持つパイロットは、JSFがかなりの電子戦能力を持っており、JSFとEA-18Gはかなりのミッションで重複しているとJSFに感じているので、JSFの稼働が開始したら米空軍で役立つことになるだろう。
Capt. Scott Farr, USN, commander of US Pacific Fleet's Electronic Warfare Wing,
when you look at the jsf coming online the mission overlap between jsf and he 18g is significant the jsf has significant electronic warfare capabilities so aviators with 18g experience are going to pay dividends for the united states air force as they feel the jsf.
動画URL



F-35の電子戦システムは、最も機密度が高い

APG-81 AESAレーダーAPG-81 AESA radar
そのレーダーは、電子戦機能(RWRおよびRFジャマー(妨害))と、マルチファンクション・アドバンスド・データリンク(MADL)のRF要素を提供する。これは、超高帯域幅のデータリンクである。
The radar also provides electronic warfare functions (RWR and RF Jammer) and the RF elements of the Multifunction Advanced Data Link (MADL) - that is an ultra high bandwidth data link. This provides communications between own force assets to allow development and sharing of situational awareness data and networked force operations.
EWの観点において、APG-81は以下の機能を提供する:
  • レーダー視野内(FOR)の空間内において任意のポイントに送信できる指示可能な精確に集中されたジャミング・シグナル(妨害信号)。ジャミング・シグナル(妨害信号)の持続時間は選択可能であり、周波数アジャイル(可変)。
  • EW・RWR機能を提供するため、レーダーのFOR内に入ってくるリモート・ソース(遠隔電波源)からのバンド内RF放射の検出および位置の特定。同様に、AESAレーダーは、本質的にジャム(妨害)に強く、これらのタイプは、全てのパルスで動作周波数を変調し、単一パルスでもワイド・バンド(広帯域)に渡って周波数を広げることが出来る。
レーダーは動作周波数全体をカバーリング(覆う)するブロードバンド・ホワイトノイズ(広帯域で、全ての周波数成分の大きさが同じノイズ)を生成する妨害器として使用可能である一方、AESAは、ジャミング(妨害)送信の位置を特定するために原則受信専用で動作するように選択することも出来る。
From the EW perspective the APG-81 provides the following capabilities:
•A steerable, precisely focussed, jamming signal that can be transmitted to any point in space within the radar’s field of regard (FOR). The duration of the jamming signal is selectable and it is frequency agile.
•Detecting and locating in-band RF radiations from a remote source that is contained within the radar’s FOR to provide an EW RWR capability.
Similarly, AESA radars are inherently jam resistant as these types are able to change operating frequency with every pulse, and spread the frequencies across a wide band even in a single pulse. Although jammers are available that generate broadband white noise covering the entire operating frequency of a radar, AESAs can be selected to operate on a receive-only basis to locate the jamming transmission.

AN/ASQ-239(バラクーダ)電子戦システム
AN/ASQ-239バラクーダは、F-22ラプターのAN/ALR-94スイートをベースにしているが、以前の世代のRWRよりも何倍も感度が高いと報告されている。
10セットのRFアンテナは、航空機の水平尾翼表面および両主翼の前縁と後縁に配置されており、前方および後方バンド2,3,4カバレッジ(電波の送受信)をまとめて提供する。
これらのロケーションは、優れたほぼ球状の空間的なカバレッジ(電波の送受信が可能な球状空間)を提供し、脅威の検出およびジオロケーション(地理位置情報)を可能にする。
このシステムに関する公開データは限られている。
AN/ASQ-239 (Barracuda) Electronic Warfare System.
The AN/ASQ-239 Barracuda is based on the F-22 Raptor’s AN/ALR-94 suite, but is reportedly many times more sensitive than previous generations of RWR. The ten sets of RF antennae are distributed on the both wing leading and trailing edges and rear edges of the horizontal tail surfaces of the aircraft to collectively provide forward and aft Band 2,3,4 coverage. These locations provide excellent, almost spherical, spatial coverage allowing detection and geolocation of threats. Public data about this system is limited.
引用URL




電子攻撃(Electronic Attack)

APG-81レーダーからの電磁波攻撃で、敵の対空レーダーを使用不能にしていることが映像から読み取れる。
画像を表示
電子攻撃と並行してレーダー探知も同時に行っていることも読み取れる。
引用URL

さらに、ロッキード・マーティンF-35ライトニングⅡ戦闘機は、高度な内蔵型EW機能を有している。
これらの機能は、F-35が、敵軍の発見と追跡、無線周波数のジャム、および極めて高い精度で攻撃を妨害することを可能にする。
F-35の全3タイプは、高度な電子攻撃機能を備えたアクテ​​ィブ電子走査アレイ(AESA)レーダーを運ぶ。
例としては、偽のターゲット、ネットワーク攻撃、高度なジャミング、およびアルゴリズム・パック・データ・ストリーム(アルゴリズムで圧縮されたデータストリーム)を含む。
このシステムにより、F-35は、敵レーダーの脅威を抑えながら、防御体制の整ったターゲットに到達することが出来る。
In addition, the Lockheed Martin F-35 Lightning II fighter jet has advanced built-in EW capabilities. These capabilities enable the F-35 to locate and track enemy forces, jam radio frequencies, and disrupt attacks with exceptional precision. All three variants of the F-35 carry active electronically scanned array (AESA) radars with sophisticated electronic attack capabilities. Examples include false targets, network attack, advanced jamming, and algorithm-packed data streams. This system allows the F-35 to reach well-defended targets while suppressing threatening enemy radars.
引用URL


F-35のアンテナは複数の周波数で動作できる

F-35は、F-22のフェーズドアレイレーダーを共有しており、戦闘機間のポイント・ツー・ポイント通信においてもフェーズドアレイアンテナを使用している。
アンテナはまた、さらなる課題を提示する。
F-35のレーダー回避型のシルエットを維持するためには、アンテナは戦闘機の形状に適合しなければならない。

しかし、これらのシステムを航空機の肌に組み込むと、Co-サイトの干渉などの問題が発生する可能性がある。
Phanは、JSFプログラムの目標の1つが、航空機のアンテナ数を最小限に抑えることであると説明している。

彼は、地上の車両が、通信、妨害器が同じバンドで動作している他のシステム用の一連のアンテナをホスト(IT分野では、他の機器に何らかの機能を提供するコンピュータのことをホストと言うことが多い。)出来ると付け加える。
JSFは、複数のアンテナを持っていない。;そのアンテナは、複数の周波数で動作し、異なる機能を実行することが出来る。
The F-35 shares the F-22’s phased array radar and also uses phased array antennas for point-to-point communications between fighters.
Antennas also present an additional challenge. To maintain the F-35’s radar-evading silhouette, antennas must conform to the fighter’s shape. But building these systems into the skin of an aircraft can create issues such as co-site interference. Phan explains that one of the JSF program’s goals was to minimize the number of antennas on the aircraft. He adds that a ground vehicle can host a range of antennas for communications, jammers and other systems operating on the same band. The JSF does not have multiple antennas; its antennas operate on multiple frequencies and can perform different functions.
引用URL

APG-81レーダーは、対ステルスレーダーを妨害できる

F-35 vs VHFの脅威
激戦環境におけるF-35JSFの戦闘の有効性について、白熱する国際的な議論が継続されており、第三者たちの多くは、高度な地対空ミサイル(SAM)システムおよび、超短波(VHF)レーダーに直面する戦闘機の生存性に、疑問をもたらしている。
今のところ、いくつかの者たちは、ステルス機が戦闘で失われた唯一の事件からの教訓を使って問題を分析している : 米空軍デール・ゼルコ中佐たちのF-117──コールサイン「ヴェガ31」──1999年3月27日の夜、アライドフォース作戦中、ユーゴスラビア連邦共和国セルビアのS-125(SA-3)SAMシステムによって撃墜された。

それは、F-35はF-117ではない点に注意。
ネットワーク中心の戦いと、共同運用を念頭に設計されているJSFは、通信および、機内のセンサーと、他のプラットフォームに置かれた物と、両方から取得した多数のデータを処理する能力のおかげで、パイロットに前例のない状況認識を提供する。
レーダーを持っていなかったF-117とは違い、F-35の強力なAN/APG-81 AESAは、必要に応じ、敵領土の奥深くの、交戦するレーダーに対して使用可能な、ナローバンド・ジャマーとして機能することが出来る。
これらの機能は、JSFを「チームプレイヤー」の鍵にする。: その能力と可能性は、一つのプラットフォームとしてではなく、CEC、または集合的なシステムのコンテキスト(背景)に従って見なければならない。
The F-35 vs. The VHF Threat
The Diplomat // August 21, 2014
The heated and ongoing international debate regarding the combat effectiveness of the F-35 Joint Strike Fighter (JSF) in a highly contested environment has led many observers to question the fighter’s survivability in the face of advanced Surface-to-Air Missile (SAM) systems and very high frequency (VHF) radars. Yet, few have examined the issue closely using lessons drawn from the only incident in which a stealth aircraft was lost in combat; when USAF Lt. Col. Dale Zelko’s F-117 – call sign “Vega 31” – was shot down by a Serbian S-125 (SA-3) SAM system over the then Federal Republic of Yugoslavia during Operation Allied Force on the night of March 27, 1999.

It is important to remember that the F-35 is no F-117. Designed with network-centric warfare and joint operations in mind, the JSF offers its pilot unprecedented situational awareness thanks to its ability to communicate and process data obtained from a multitude of both onboard sensors and those located on other platforms. Unlike the F-117, which had no radar, the F-35’s powerful AN/APG-81 AESA is also capable of acting as a narrowband jammer that can be employed if necessary against engagement radars once the jet is deep inside enemy territory. These features make the JSF a key “team player”; its capabilities and potential must therefore be viewed in the context of a CEC or collective system rather than as a single platform.
引用URL

電子攻撃についてのパイロットの感想

米海兵隊チャド"Mo"ヴォーン中佐
Q : 「波形を検出し、見つけ出し妨害する電子戦(EW)スイートと、その能力についての意見。
それはどのようなインターフェースであるのか、それはあなたが決定する物か、それとも自動的な物か、あなたはパイロットとしてどのように行っていますか?」

Mo : 「専門的な内容を習得せずとも、それは私たちのために、非常に、非常に簡単になっている。
ジェット機がそれをセットアップしガイドしたとき、我々が電子攻撃を実行すれば、ジェット機はそれの処理を行うだろう。」
Lt. Col. Chad “Mo” Vaughn
Thinking about the electronic warfare (EW) suite and its ability to detect waveforms and come up with countermeasures.
How do you interface with that as a pilot, is it something you make decisions about, or is automatic?
Mo: Without getting into the technical details it is very, very simple for us.
The way the jet is set up, we make a move to execute electronic attack and the jet will take care of it.
引用URL



電波妨害(ECM)

画像を表示
                 左端 下から二番目
引用URL


逆探知 (RWR・ESM・SIGINT)

RWR / ESM
画像を表示画像を表示
引用URL

SIGINT
機体各部に埋め込まれた10個のアンテナで全周囲の電波を監視するASQ-239バラクーダシステム。SIGINTが行える。
APG-81の受信専用のパッシブモードでは、より多く電波を取り込む強力なSIGINTが可能。


電子防護(Electronic Protection)

前例のない戦場へのアクセス
F-35の高度なステルスと内蔵された電子戦能力は、専用の電子戦機のサポートを必要とせずに、前例のない戦場へのアクセスを可能にする。

F-35の高度な電子戦能力は、敵の発見と追跡、無線周波数のジャム、比類ない精度で攻撃を妨害することを可能にする。
F-35全3つのバリエーションは、偽の目標、ネットワーク攻撃、高度なジャミング、およびアルゴリズム満載のデータストリームを含む、高度な電子攻撃機能があるアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーを運ぶ。
このシステムにより、F-35は、敵レーダーの脅威を抑えながら、防御体制の整ったターゲットに到達することが出来る。
さらに、ASQ-239システムは、地上および空中の脅威を検出し破壊するために、完全に統合されたレーダー警報と、ターゲティングサポートと自己防護を提供する。

さらに、F-35は、他の航空機へのスタンドオフ・ジャミングが可能である。
──従来の戦闘機よりも、10倍の実効放射電力を提供する。
──F-35は、従来の戦闘機よりも、多くのジャミングパワーを提供し、脅威(スタンドイン(距離の近い))により接近して動くことが出来る。
我々がその第五世代機で行えたことは、コンピューターによる全ての知覚のインプットと、情報の統合である。
パイロットたちは、何が起こっているのか美しい神の視点で見ている。・・・それは素晴らしい情報量である。
──米空軍航空戦闘団マイク・ホステジ将軍
F-35の生存性、電子攻撃、電子防護(EP=Electronic Protection)、状況認識、先進ターゲティングと前例のない戦闘識別は、全航空団をより良くする。
研究では、高脅威環境において、より多くのシングルミッション(一回の任務)で電子攻撃サポート航空機を追加するよりも、より多くのF-35を追加する方が遥かに効果的であることを示している。
F-35の電子戦スイートは、従来機以上の向上されたエミッタ(敵電波放射源)ロケーション(位置情報)機能を提供する。
Unprecedented Battlefield Access
The F-35’s advanced stealth and built-in electronic warfare capabilities enable unprecedented battlefield access without the need for dedicated electronic attack aircraft support.
Advanced electronic warfare capabilities enable the F-35 to locate and track enemy forces, jam radio frequencies and disrupt attacks with unparalleled precision. All three variants of the F-35 carry active, electronically scanned array (AESA) radars with sophisticated electronic attack capabilities, including false targets, network attack, advanced jamming and algorithm-packed data streams. This system allows the F-35 to reach well-defended targets and suppress enemy radars that threaten the F-35. In addition, the ASQ-239 system provides fully integrated radar warning, targeting support, and self-protection, to detect and defeat surface and airborne threats.
While F-35 is capable of stand-off jamming for other aircraft ? providing 10 times the effective radiated power of any legacy fighter ? F-35s can also operate in closer proximity to the threat (‘stand-in’) to provide jamming power many multiples that of any legacy fighter.
"What we've done with the 5th Generation [aircraft] is the computer takes all those sensory inputs, fuses it into information. The pilot sees a beautiful God's eye view of what's going on. [...] It's a stunning amount of information."
?Gen. Mike Hostage, Commander, Air Combat Command, U.S. Air Force
The F-35’s survivability, electronic attack, electronic protection, situational awareness, advanced targeting and unprecedented Combat ID will make the entire air wing better. Research indicates that adding more F-35s in a high threat environment is far more effective than adding more single-mission, electronic attack support aircraft. The electronic warfare suite on the F-35 gives improved emitter location capability over legacy aircraft.
引用URL


研究
F-35 vs 従来戦闘機
ロッキード・マーティンによる2010年の能力調査によれば、F-35は:
・空対空ミッションにおいて6倍以上の効果
機動性、空力性、航続距離、加速性能は、戦闘構成の第4.5世代機と同等か、それを上回る。
この空力性能と比類のないセンサースイートは、高度な脅威を伴う空対空シナリオで6倍以上の撃墜対被撃墜比率を提供する。
・空対地ミッションにおいて8倍以上の効果
ステルス、センサー、状況認識(融合データ)、航続距離、ペイロード、発見、照準、ターゲット、追跡、交戦、地上目標の評価、の組み合わせは、高度脅威環境において、第4.5世代戦闘機よりも8倍以上の効果を提供する。
・監視ミッションにおいて6倍以上の効果
F-35のISR能力は、VLOステルスと高度なセンサー群により、敵の統合防空システム(IADS)へ更に浸透し、中高度で動作する典型的なスタンドオフアセット(地対空兵器群)に対して、6倍以上の最深部相対追跡を可能にする。
F-35 vs. Legacy Fighters
According to a 2010 capabilities study by Lockheed Martin, the F-35 is:
 6x more effective in air-to-air missions
o Maneuverability, Aerodynamics, Range, and Acceleration capabilities are comparable or greater than Advanced 4th Gen Fighters in combat configurations.
This Aerodynamic performance and unmatched sensor suite result in >6 times Loss Exchange Ratio in an Air-to-Air scenario with an advanced threat.
 8x more effective in air-to-ground missions
o The combination of stealth, sensors, situational awareness (fused data), range, and payload to Find, Fix, Target, Track, Engage, and Assess ground targets provides 8 times more effectiveness than Advanced 4th Gen fighters in an advanced threat environment.
 6x more effective in surveillance missions
o F-35 ISR capabilities penetrate farther into enemy integrated air defense systems (IADS) due to VLO stealth and advanced sensors, which enables >6 times relative track depth over a typical standoff asset operating at medium altitude.
引用URL
画像を表示


扱う電波の種類

機体のアンテナスイートには、UHF-SATCOM衛星通信と、LOS(無線通信の見通し線)、Lバンド、Sバンド、Cバンド、レーダー高度計、で動作するF-35三タイプのための15の構成を含んでいる。
The aircraft's antenna suite includes 15 configurations for the three F-35 variants operating at UHF Satcom and Line-of-Sight, L-band, S-band, C-band and radar altimeter.
引用URL


 
 
 

F-35の脅威検知システムとRWRは、F-16CJ三機分以上の能力を有する

F-35の脅威検知システムやRWRの内容は機密扱いであるが、F-16CJとF-35を飛ばしたパイロットのインタビューによると、一機のF-35だけで、三機のF-16CJの飛行によるエミッタ(敵電波放射源)を取り囲む事で出来る事よりも、より速く、より高い精度で、探知、識別、およびエミッタ(敵電波放射源)ロケーション(位置情報)の三角測量を行う能力がある。
同じような空対空脅威に対して働く関連したシステムは、F-35は全て機内にある。それが無い物は、外部ポッドなどを吊るす必要があるため、そのジェットを遅くし、レーダー反射断面積(RCS)を増大させるだろう。
この単独のシステムは、F-35の優れた全3バリエーションの、空対地ミッションのマルチロール戦闘機コミュニティの生成を支援する。
The details of the F-35 threat-detection system or RWR are classified, but interviews of pilots who have flown both the F-16CJ and the F-35 state that a single F-35 has the ability to locate, identify, and triangulate emitter locations faster and with greater precision than can a flight of three F-16CJs that surround the emitter.[10] The associated systems work against air-to-air threats just as well and are all internal to the F-35, forgoing the need for external pods or stores that would slow down the jet or give it a larger radar cross section (RCS).[11] This system alone helps to make all three versions of the F-35 standouts in the air-to-ground mission sets of the multirole fighter community.
引用URL


BAEシステムズのAN/ASQ-239バラクーダ・システムは、F-22ラプターのAN/ALR-94電子戦スイートから派生しており、電子対抗手段(ESM)、高感度電子監視機能、完全スぺクトラム状況認識とマルチスペクトルミサイル妨害などを提供する。
いくつかのソースによると、そのバラクーダは、三角測量のために、他とネットワークしている航空機を必要とせず、敵対的な可能性のあるエミッタ(敵電波放射源)の、正確なジオロケーション(地理位置情報)とターゲティングを提供する。
そのバラクーダは、ナビゲーションとインテリジェンス(CNI)スイート・データリンクのリアルタイム・データ共有だけでなく、APG-81 AESAレーダーのRF監視とジャミング、さらにサイバー戦争能力が、ノースロップ・グラマンの通信と統合されていることが報告されている。
BAE Systems' AN/ASQ-239 Barracuda system is derived from the F-22 Raptor's AN/ALR-94 EW suite and provides Electronic Support Measures (ESM) and high sensitivity electronic surveillance capabilities, full-spectrum situational awareness and multi-spectral missile countermeasures. According to certain sources, the Barracuda offers precise geolocation and targeting of potential hostile emitters, without the need for triangulation and thus other networked aircraft. The Barracuda is also integrated with Northrop Grumman's Communications, Navigation and Intelligence (CNI) suite data links for real-time data sharing as well as the APG-81 AESA radar, which is reported to have RF surveillance and jamming, in addition to cyberwarfare capabilities.
引用URL



MJU-61A/B赤外線妨害フレア

画像を表示 画像を表示
▲機体下面・胴体中央左側にフレア格納スペースがある。


  • 最終更新:2017-04-22 23:30:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード