機動・運動性能2


パリ・エアショー (2017年6月19~25日)

画像を表示
ロッキード・マーティンF-35ライトニングⅡは、高度なステルス能力と戦闘機のスピードと敏捷性、完全に融合したセンサー情報、およびネットワーク対応の操作を組み合わせた、世界で最も先進的な第5世代マルチロール戦闘機である。
2017パリ・エアショーは、F-35ライトニングⅡの空中デモンストレーションのデビューを記念している。
この極めて優れた航空革新の展示には、次のような体験がある。:
  1. マキシマム・パワー・テイクオフF-35は初めに、プラット&ホイットニーF135エンジンの優れたパワーと40,000ポンドの推力を示し、最大アフターバーナーで垂直方向に空へ舞い上がるように展示する。
  2. スクエア・ループ正方形ループは、F-35の瞬間ピッチレートを実証しており、これにより、高速および低速で積極的に旋回を行うことが出来る──第4世代の戦闘機の能力と一致、またはそれを上回る。
  3. 低速で垂直に上昇F-35は、低速通過のために、25°以上の高迎え角(AoA)を取る──ポストストール機動を可能にする飛行制御システムによって可能になる。低速パス後の垂直上昇は、F-35の素晴らしいエンジンパワーを低速域で展示する。
  4. ペダルターンF-35やロッキード・マーティンF-22ラプターのような第5世代戦闘機だけが、高AoAペダルターンを実行することが出来る。この特徴的な機能は、超低速時における飛行のF-35の最も高い機動性と、飛行制御システムの堅牢性を証明する。
  5. 最小半径旋回 F-35の高度な飛行制御と強力なエンジンの組み合わせにより、F-35は重力の9倍まで引き上げ、素晴らしい360°旋回を成し遂げることができ、この最高クラスの戦闘機の過剰パワーと機動性を示している。
Lockheed Martin's F-35 Lightning II is the world's most advanced 5th Generation multirole fighter, combining advanced stealth capabilities with fighter aircraft speed and agility, fully-fused sensor information, and network-enabled operations.The 2017 Paris Air Show marks the F-35 Lightning II's debut aerial demonstration.Here's what you'll experience in this outstanding display of innovation in aviation:
1. Maximum Power Takeoff: The F-35 begins thedisplay by exhibiting the remarkable power and 40,000 pounds of thrust from its Pratt & Whitney F135 engine, as it soars vertically into the sky at maximum afterburner.
2. Square Loop: The Square Loop demonstrates the F-35'S instantaneous pitch rate, which allows it to pull turns aggressively at high and low speeds - an act that matches or exceeds any 4th Generation fighter's capabilities.
3. Slow Speed Pass to Vertical Climb: The F-35 then assumes a greater-than-25 degree high Angle of Attack (AoA) for the slow speed pass - enabled by its flight control system that permits post-stall maneuverability. The Vertical Climb after the Slow Speed Pass displays the F-35's impressive engine power in the slow speed regime.
4. Pedal Turn: Only 5th Generation fighters like the F-35 and Lockheed Martin F-22 Raptor can execute high AoA pedal turns. This signature capability proves the F-35's extreme maneuverability in very slow speed flight and the robustness of the flight control system.
5. Minimum Radius Turn: The F-35's advanced flight controls combined with its powerful engine allow the F-35 to pull up to nine times the force of gravity as it executes an impressive 360-degree turn, showing the excess power and maneuverability of this best-in-class fighter jet.


ニュース1 (要点:今回のエアショーは10年前のF-22エアショーと同じルーチン。以前のレッドフラッグにおいて第4世代機を損失ゼロでエスコート。など)

F-35Aはプログラム加速に合わせてエアショー・デモ・デビュー
ル・ブルジェ、フランス──F-35Aは、6月19日にここで初の公開デモンストレーション・フライトを行い、ステルス戦闘機の戦闘能力を紹介することを目的とした6分間のルーチンを実行した。

ロッキード・マーティンのチーフテストパイロットであるアラン・ノーマンは、当日の飛行スケジュールが戦闘可能な航空機でルーチンを行い締めくくられたと指摘した。
それは、ハイレートオブクライム(高上昇率)・アフターバーナー離陸、100ノット50°AOAの低速パス、7G最小半径旋回が含まれていた。

ロッキード・マーティンは、F-35を取り巻く空軍のリソースの制限のためにルーチンを設計して飛行したが、ロッキードとUSAFの関係者は、これは10年前にも同じく行われていたF-22のエアショー・ルーチンと全く同じであると指摘した。
USAFは、パイロットと整備員の不足によりF-35の柔軟性が制限される中で仕事を続けており、そのサービスはまた、ライトニングⅡの購入率を年間46機から60機に増やしたいと希望している。
デモのためにユタ州ヒルAFBのF-35ペアがパリに持ち込まれ、最新構成の戦闘可能な航空機はそれぞれ飛行と展示がされるだろう。

USAFのF-35インテグレーション・オフィスのディレクターであるトッド・カンタベリー大佐は強調し「この航空機は運用可能であり、それは戦闘準備が出来ている。」そしてそれは 「比類のない致死率」を提供する。
カンタベリーは、4月のレッドフラッグオペレーションにおいてF-35は敵戦闘機に対して20対1のキルレートを記録したが、しかし、一方的な数字は重要な結果ではないと言った。

もっと印象的であることは、F-35がUSAFの第4世代機をより良くする方法である、と彼は言った。
例えば、レッドフラッグのF-35は、従来の戦闘機を高脅威エリアの中から損失ゼロでエスコート(護衛)することが出来た、と彼は言った。

スコット・ガン中佐に、F-35が他の多くの航空機に対して近距離のドッグファイトで勝てるかかどうかを尋ねたところ、シンプルに「絶対に」と言い放った。
F-35A Makes Air Show Demo Debut as Program Picks up Speed
Le Bourget, France—The F-35A made its first-ever public demonstration flight here June 19, performing a six-minute routine meant to showcase the stealthy strike fighter’s combat capabilities. Lockheed Martin chief test pilot Alan Norman noted the routine, which closed out the day’s flying schedule, was done in a combat-ready aircraft. It included a high-rate-of-climb afterburner takeoff, a 100-knot 50-degree angle of attack low-speed pass, and a 7G minimum-radius turn.
Lockheed Martin designed and flew the routine because of the Air Force's resource limitations surrounding the F-35, although Lockheed and USAF officials noted this is exactly how the F-22’s air show routine also began a decade ago. USAF is working its way through pilot and maintainer shortages that limit its F-35 flexibility, and the service also wishes to increase its Lightning II buy rate from 46 aircraft per year to 60.
A pair of F-35s from Hill AFB, Utah, were brought to Paris for the demonstration so that operational, combat-ready aircraft in the most current configuration would be the ones flying and on display. Col. Todd Canterbury, director of USAF’s F-35 integration office, stressed, “This aircraft is operational, it is ready for combat,” and it offers “unmatched lethality.”
Canterbury noted that in April Red Flag operations, F-35s tallied a 20-to-1 kill ratio against adversary fighters, but said that lopsided number was not the important takeaway. More impressive, he said, is the way the F-35 makes USAF’s fourth-generation aircraft better. For example, he said Red Flag F-35s were able to escort legacy fighters into high-threat areas without losses.
Asked if an F-35 could be expected to win a close-range dogfight against most other aircraft, Lt. Col. Scott Gunn simply declared, “Without a doubt.”
引用URL


ニュース2 (要点:パイロットはペダルターンを好む。瞬間ピッチレートが驚異的。外部AIM-9Xを装着してもほぼ飛行性に影響は無い。など)

F-35はパリの展示で「ビースト(獣)」になる
ロッキード・マーティンは、今週のパリ・エアショーで米空軍F-35AライトニングⅡで最初の公開飛行デモンストレーションを行った。
ロッキード・マーティンのテストパイロットであるビリー・フリンにより、F-35A初のエアロバティック(曲技飛行)・ルーチンが展示される。

この展示は、F-35の特に近接戦──目視内距離(WVR)の土俵における機動性に苦しんでいると言っている批評家を黙らせることを目的としている、
今日のショーでは、USAFのF-35Aパイロットであるスコット'Cap'ガン中佐は、その6分間の展示は、F-35のパワーと迎え角(AoA)の特性を紹介するように設計されたと言った。発言:「あなたが[ジェット機の機首]をもっと向ける事が出来れば、あなたはもっと効果的になる。」

展示のシーケンスの1つは、F-35のポストストール(失速域)飛行特性を実証するように設計された「ペダルターン」でフリンが飛行するところを見ることである。
ガンは言う:「私は、BFM[基本戦闘機動]の多くの飛行においてスロー(低速)になろうとする。私は、ペダルで大部分を飛ぶ。;その制御法則は、ジェット機を回転させ、私が旋回したい場所に向かうことが出来る。」

このショーのF-35は、ブロック3iソフトウェアで飛行しているが、それは7Gに制限されていることを意味する。
しかしながら、それは50°を超えるAOAで飛ぶことが出来る。

ロッキード・マーティンのチーフテストパイロットであるアラン・ノーマンが言うには、彼の意見では、F-22だけが優れたポストストール性能を有するが、F-35は「瞬間的なピッチレートが驚異的だ。」と付け加えている。
ノーマンは、その展示を「ビーストモード」と呼んでいた。;ここでは、フリンが滑走路から離陸し、さらに40,000ポンドの推力を利用し、同様に高AoAスローパスから抜け出す。

ガン中佐は、このショーはAIM-120アムラームを内部で典型的に搭載しながら飛行していると語った。
もちろん、F-35の主要近接兵器は、外部に装着されたAIM-9Xであり、つまりこの展示は、F-35がどのように近接BFMを飛ぶかを完全に表現しているわけではないが、しかしながらノーマンは、外部サイドワインダーを携行することはパフォーマンスにほとんど影響を与えないと言った。

それは、今後登場するブロック3Fソフトウェアでエンベロープが9Gに拡張されることは更に注目すべきである。
F-35がそのペースで完全な曲芸飛行ルーチンをやり遂げることは良いことであり、他の航空機の展示では見られない物があったことは注目に値する。

「木の葉落とし」のペダルターン・シーケンスは、間違いなく最も素晴らしく、F-35は明らかにラプターではない。
F-35 puts in a ‘Beast’ of a display in Paris
Lockheed Martin has performed the first public flying demonstration with a US Air Force F-35A Lightning II at this week’s Paris Air Show. Flown by Lockheed Martin test pilot Billie Flynn, the display is the first aerobatic routine by the F-35A.
The display is aimed at silencing critics who say the F-35 struggles with maneuverability, especially in close-quarters engagements — the within visual range (WVR) arena.
Speaking at the show today, USAF F-35A pilot Lt Col Scott ‘Cap’ Gunn said the six-minute display was designed to showcase power and angle of attack (AoA) attributes of the F-35, saying: ‘the more you can point [the nose of the jet], the more effective you can be.’
One of the sequences of the display sees Flynn fly a ‘pedal turn’, designed to demonstrate the post-stall flying qualities of the F-35. Gunn says: ‘I fly a lot of BFM [basic fighter maneuvers] where I try to get slow. I fly mostly with the pedals; the control laws allow the jet to rotate and go where I want it to turn.’
The F-35 at the show is flying with Block 3i software, meaning it is limited to 7g. However, it can fly to above 50 degrees AoA.
Lockheed Martin’s chief test pilot Al Norman says the F-35 has ‘tremendous instantaneous pitch rate’, adding that in his opinion only the F-22 has superior post-stall performance.
Norman referred to a ‘Beast mode’ in the display; here, Flynn powers off the runway and also out of the high AoA slow pass, utilizing the 40,000lb of thrust on offer.
Lt Col Gunn said the show was being flown with a loadout representative of internal AIM-120 AMRAAMs. Of course, the F-35s primary close-in weapon will be externally mounted AIM-9Xs, so this display isn’t fully representative of how the F-35 will fly close-in BFM, however Norman says carrying external Sidewinders has little impact on performance. It is also worth noting that the envelope will be expanded out to 9g with the forthcoming Block 3F software.
Whilst it was good to see the F-35 being put through its paces in a full-up aerobatic routine, it’s worth noting that there was nothing here that hasn’t been seen in displays by other aircraft. The ‘falling leaf’ pedal turn sequence was arguably the most impressive, and the F-35 is clearly no Raptor
引用URL


ニュース3 (要点:低速ループで滞空する事が出来ない敵はF-35を追い越してしまうため狙うことが出来ず逆にF-35に狙われる。など)

F-35空中デモデビュー・ハイライト戦闘機動
スコット・ガン中佐、フロリダ州エグリンAFB運用支援飛行隊隊長およびF-35インストラクターパイロットは、6月20日、デモの機動のいくつかの現実的な意義を素早く広めた。

例えば、ハイパワー、迅速な離陸は、航空機が素早く空中に入ることを可能にし、航空機にとってそれはアラートまたは多くの緊急事態のような物において重要である。
低速ループで滞空する実証された能力は、低速で高度を維持できない航空機に対してアドバンテージを生み出す、とガンは言った。

敵が脱落する場合、そのF-35パイロットはそれを撃墜するための有利なポジションにいる。
高い迎え角で飛行するF-35の能力(航空機の機首を向ける場所とジェットが移動する方向との違い)は大きな利点である。

「私は、戦う必要があるときは、どこへでも私の機首を向かわせる。」ガンは述べた。
その航空機の機動性によって、F-35パイロットは敵の旋回中の円の中に入ることが出来る。

そのルーチンの1つのセグメントには、100ノット未満でのレベルパスが含まれ、F-35の機首ピッチアップは50°だった。
ガンは、この動きは、F-35パイロットが同時に遅く水平に飛べない敵を倒すことを可能にすると言った。

能力の低い戦闘機はライトニングⅡを通り過ぎ離れ、背後に付いたF-35にキルされ爆破されるだろう。
ガンとロッキードのチーフテストパイロットであるアラン・ノーマンは、過去の報道で新型ストライク戦闘機は短距離交戦において従来の航空機ほど能力が無いという主張の、F-35のドッグファイティングと限界について何度も尋ねられていた。

両者とも前向きであり、F-35は既に高い能力を持ちながらも、絶えず良くなっていると述べた。
例えば、現在のところジェット機はブロック3Iミッションソフトウェアにより7G旋回に制限されているが、8月に広まり始める次のソフトウェアブロックからは9G旋回が可能になる。

ガンは言った。現在でも、F-35パイロットはステルスと比類のない状況認識を使用し、彼が選んだ時と場所で敵と交戦し、敵の第4世代戦闘機を目視外射程で倒すことができる。
F-35 Air Demo Debut Highlighted Combat Maneuvering
Le Bourget, France—Yes, it certainly looked (and sounded) impressive, but make no mistake: Monday’s F-35A air show flying debut was a demonstration of the fighter’s capabilities, not a series of aerobatic stunts. Lockheed Martin and Air Force officials were clearly proud of the fact that this week’s Paris Air Show flights are being flown by operational F-35s out of Hill AFB, Utah—jets that are ready to go to war. In fact, the aircraft flown Monday was one of the same Lightning IIs that had deployed to Europe this spring in the type’s first-ever overseas deployment.
Lt. Col. Scott Gunn, operational support squadron commander at Eglin AFB, Fla., and an F-35 instructor pilot, on June 20 quickly ran through the real-world significance of several of the demo’s maneuvers. The high power, rapid takeoff, for example, allows the aircraft to get into the air quickly, important for aircraft on alert or in any sort of emergency situation.
The demonstrated ability to stay up in a low-speed loop generates advantages against aircraft that cannot maintain their altitude at low airspeed, Gunn said. If an enemy falls away, the F-35’s pilot is in an advantageous position to shoot it down.
The F-35’s ability to fly at a high angle of attack (the difference between where the aircraft’s nose is pointed and the direction in which the jet is moving) is a big advantage. “I get to point my nose wherever I need to fight,” Gunn noted. The aircraft’s maneuverability also allows an F-35 pilot to get inside an enemy’s turning circle.
One segment of the routine involved a level pass at less than 100 knots with the F-35’s nose pitched up 50 degrees. Gunn said this move would allow an F-35 pilot to defeat an enemy who cannot simultaneously fly so slow and level. Less-capable fighters would blast past the F-35, leaving the Lightning II behind them and in position for the kill.
Gunn and Alan Norman, Lockheed’s chief test pilot, were repeatedly asked about the F-35’s dogfighting capabilities and limitations, given past reports that claimed the new strike fighter was not as capable as some legacy aircraft in short-range engagements. Both stayed positive, noting the F-35 is already highly capable and getting better all the time. For example, jets are currently limited to 7G turns with Block 3I mission software, but the next software block, which will begin rolling out in August, allows for 9G turns.
Gunn said, even today, an F-35 pilot can use stealth and unmatched situational awareness to defeat enemy fourth generation fighters beyond visual range, engaging enemies at a time and place of his choosing.
引用URL


ニュース4 (要点:F-16でF-35の機動はできない。米軍機でペダルターンが可能な機種は今までF-22だけだった。など)

獣を解き放つ:F-35空中デモがドッグファイトに懐疑的な者にメッセージを送る
現在、全世界で220機のF-35JSFが稼働中であるが、航空機の機動能力について公的な空中での実証は一度もなかった。
少なくとも、これまではなかった。
Unleash the Beast: F-35 Aerial Demo Sends Message to Dogfight Doubters
SALON DU BOURGET, France -- There are now 220 F-35 Joint Strike Fighters in service around the world, but there has never been a public aerial demonstration of the aircraft's maneuver capabilities. At least, not until now.
「なぜ、支配とセンサーフュージョンが特徴の第5世代機を、何の接点も無いエアショーに持ってくるのだろうか?
それは、百聞は一見にしかず、であり、10年間、誰も理解していないからである。
そして私たちは、第5世代の支配とは一体全体何であるかについての飛躍的進歩を説明するために、しばしば苦労した。」

ロッキードのテストパイロットであるビリー・フリンは、2回目のデモンストレーション飛行に先立って記者団に語った。
「そして、正直に言うと、あなたはそれを真っ正面から見なければならず、あなたはそれを信じる前に騒音を聞く必要がある。」彼は言った。

「なので私たちはシンプルではあるが、獣であるF-35を解き放ち、この飛行機が何をしているかを見るために直感的に誰もが理解できるようにするための練り上げた機動を行う。」
空中デモンストレーションは、漏洩されたテストパイロット状況報告が明らかにしたF-35のドッグファイト能力についての内在する懸念または他の航空機との近接戦参加から2年後にやって来た。

War is Boringは2015年に、F-35AとF-16ファイティングファルコンを含むテストが第5世代機を示したと報告した「エネルギー不利」。:他の航空機との対戦や敵の射撃を回避するために必要なスピードで上昇または旋回をすることが出来ない。
しかし、ロッキードのF-35テストパイロットであるアラン・ノーマンは、今週のデモンストレーションで、スピードと機動の全ての懸念を消し去ったと声を上げた。

「私は、F-16で数千時間を持っている。私は、F-16でこのようなことをすることは全く出来ない。」彼は言った。
そのような機動の1つは、デモンストレーションの目玉である高高度のペダルターンであるとノーマンは言い、それは降下中の重力と戦っている間においても、航空機の機首を正確に向かわせ、トータルコントロール(総合制御)を維持するためのパイロット能力を強調している。

「それを私がこれまでにやったことのある唯一の航空機は、F-22だ。」彼は言った。
「私は、あなたが見ることができなかったことを、我々が試す物で本当に理解できると考えており、それはこの飛行機の素晴らしい操縦特性と機動性であり、それは私たち全員が知っている。」

ペダルターンやスローパスなどの動きは、F-35が敵の後部に留まるか、または「トップガン」スタイルの機動で急激に減速して敵対する航空機から見失わせることがハイライトである。
正方形のループは、戦闘が続行されるように、高速および低速で飛行機がどのように急旋回することが出来るかを示している。

F-35は依然として制限されたエンベロープで飛行している。:ショーに出た2台の航空機には、3Fバージョンの代わりに3Iソフトウェアが搭載されているため、7Gまたはそれ以下しか出せないように制限されている。
最終ソフトウェアバージョンの全体エンベロープは、最大9Gになるだろう、とノーマンは言った。

印象的で精密な機動性の能力を備えた第4世代機は世界中にあるが、ノーマンは、F-35が戦闘構成でのデモを完了したという点において、一部のライバルとは異なると語った。
「あなたがエアショーで芸をする[ロシア製]Su-35を見ると、それはクリーンである可能性が最も高く、それはエアショーのプロファイルになっている。」ノーマンは言った。
「つまり、おそらくパイロンを持たず、武器を持たず、それは戦闘で戦わない構成になっているだろう。
その構成におけるF-35は、戦闘でどのように戦うだろうか。
それは内部的に武器を運ぶ。;もしSu-35と戦っている場合、このデモで飛んでいたのと同じようにそれは飛ぶだろう。」

しかし、空軍の第5世代戦闘機であるF-22とは異なり、F-35は近接戦闘用に設計されてはいなかった。
それは、近接航空支援と兵器ミッションを専門としており、ステルスプロファイルの結果による第4世代戦闘機を破壊する能力を支持されている。

フリンは、その航空機の真の強みは、エアショーでは見られないと言った。
「その飛行機があなたに印象づけるならば、F-35の本当にスペシャルな部分は、もしあなたがそれを見る場合、あなたが絶対に見ることが出来ない物だと想像してみてください。」彼は言った。

「それはMr.インビジブル(透明人間)と戦うようなものだ。」
"Why do we bring a fifth-generation airplane whose dominance and sensor fusion have nothing to do with an air show? It's because seeing is believing and, for 10 years, no one quite understood. And we have struggled so often to explain the quantum leap of what fifth-gen dominance is all about," Lockheed test pilot Billie Flynn told reporters ahead of his second demonstration flight.
"And frankly, you've got to see it face-to-face, you've got to listen to the noise before you come to believe it," he said. "So we take simple, yet orchestrated, maneuvers to unleash the beast that is the F-35 to help make everyone understand, because it's visceral to see what this airplane does."
The aerial demonstration comes two years after a leaked test pilot brief revealed internal doubts about the F-35's ability to dogfight, or participate in close combat with another aircraft.
War is Boring reported in 2015 that a test involving the F-35A and the F-16 Fighting Falcon showed the 5th-generation aircraft "at an energy disadvantage": unable to climb or turn at the speeds necessary to face off against another aircraft or evade enemy fire.
But Lockheed's chief F-35 test pilot, Alan Norman, crowed that this week's demonstrations erase all doubts about speed and maneuver. "I have thousands and thousands of hours in the F-16. I just can't do some of this stuff in an F-16," he said.
One such maneuver, Norman said, is a high-altitude pedal turn featured in the demonstration that highlights the pilot's ability to point the nose of the aircraft precisely and maintain total control, even while battling gravity in descent.
"The only aircraft I've ever done that in is an F-22," he said. "I think what we're trying to really get across that you haven't been able to see, that we've known all along, is the fantastic handling qualities and maneuvering of this airplane."
Moves such as the pedal turn and the slow pass highlight the F-35's ability to stay on an enemy's tail or lose a hostile aircraft with rapid deceleration in a "Top Gun"-style maneuver. The square loop shows how the plane can turn on a dime at high and low speeds as it continues the fight.
The F-35 is still flying with a limited envelope: Since the two aircraft that went to the show are equipped with 3I software, instead of the 3F version, they are restricted to pulling 7 Gs or fewer. The total envelope, with the final software version, will go up to 9 Gs, Norman said.
While fourth-generation aircraft with impressive and precise maneuvering capability abound around the world, Norman said the F-35 is unlike some competitors in that it completed the demo in its combat configuration.
"Most likely that [Russian-made] Su-35 you see performing at an air show has been cleaned off; it is in an air show profile," Norman said. "So probably doesn't have any pylons, doesn't have any weapons, it is in a configuration that will not fight in combat. The F-35 in its configuration is how it will fight in combat. It carries weapons internally; it would fly just the way it was flying in this demo if it was out there fighting an SU-35."
Unlike the F-22, the Air Force's other fifth-generation fighter, however, the F-35 wasn't designed for close combat. It specializes in close-air support and ordnance missions and has been hailed for its ability to destroy fourth-generation fighters before they even become aware of its presence, thanks to its stealth profile.
Flynn said the aircraft's true strengths can't be seen in an air show.
"If you see it up there, if that airplane impresses you, just imagine the real special part of an F-35 is what you'll never ever see out there," he said. "It's like fighting Mr. Invisible."
引用URL



F-35機動の動画

F-35機動の動画







F-35は、X-31(推力偏向パドルを持つ)の機動が行える

スティーブン・ベア「F-35A高仰角テスト」、AIAA大気飛行力学会議、AIAAアビエーション・フォーラム(AIAA 2014-2057)
F-35A高仰角テスト
スティーブン・ベア(航空エンジニア、フライング・クオリティ、225Nフライトライン・Rdエドワーズ空軍基地93523)
ロッキード・マーティン、エドワーズ空軍基地、カリフォルニア、93523


Ⅷ.操作
飛行テストチームは、飛行性のための従来の高AoAマニューバー(機動)を調査するが、それはF-35の高AoA機動を真に開発する運用テストと評価チームである。
運用上の世界において、パイロットはF-35を高AoA状態にすることはめったにないはずだが、しかし、そうする能力があれば、空対空戦闘における勝者または犠牲者の間において違いを発生させる可能性があり、そのいくつかは以下に記載されている。
敵の戦闘機によって追尾されている場合、パイロットはスティック(操縦桿)を引き戻して急速にAoAを増加させ拡大し、その航空機が引き起こす空気抵抗により、彼の航空機は急速に減速することができ、その追跡者は急速に前に出るため攻撃されやすくなる。
この時点で、先ほど追撃したパイロットは機首を下げ、敵を撃ち落とすことができる。
画像を表示
図5.プガチョフ・コブラFigures 5. Pugachev's Cobra

「プガチョフ・コブラ」と呼ばれる同様の機動が図5に見られ、この間はずっとそのジェット機は低エネルギーの状態に陥ってしまうが、それは現在では利点もある。
他の高AoAプラットフォームと同様に、高AoAでヨーレートを生成する能力は、持続的または瞬間的なGターンよりも、パイロットに高いヨーレートを介して素早く彼の進行方向を変えることを可能にする。
図6に見られるJ-ターン、またはハーベスト機動は、機体軸ヨーレートで高AoAを使用することによってこの能力を表すものである。
画像を表示図6.J-ターンを実行するX-31Figure 6. X-31 Performing a J-Turn
①X-31が高速で機動を開始する(マッハ0.5以上)
②X-31は「AoA」を増加させながら急速に減速する
③...従来の空気力学的な限界(失速)を超える──制御のためスラスト・ベクタリングが必要
④AoAが最大70°まで増加
⑤X-31が現在飛行する方向から急速に「コーン(円錐)」になる
⑥X-31は機首を下げ、高速に加速する
⑦X-31は今や反対方向に飛んでいる

サークル・フロー戦闘は、2人のパイロットが互いに向かい合ったり離れたりする、持続的または瞬間的な旋回において交戦する基本的な戦闘機機動の1つである。
この戦いでは、最初に機体の機首を敵に向けるパイロットが、最初に撃ち落すだろう。
図7には、両方の航空機がお互いに向かっている戦闘シナリオが示されている。
ここでは、フレンドリー戦闘機は高AoA能力を持っており、適切なタイミングで敵の照準線を得るために、機首を上げることが可能である。
適切に使用されれば、高AoA能力は、F-35が空中戦で勝利するかどうかを決める「ゴールド・ナゲット(価値ある物)」になり得る。
武器、センサー、およびステルスのすでに優れている兵器と組み合わせた場合、JSFは空中において恐るべき敵になるだろう。

画像を表示図7.サークル・フロー戦闘における高AoAのアドバンテージFigure 7. High AoA Advantage in Circle Flow Combat
平面上HORIZONTAL PLANE
照準線LINE OF SIGHT
敵戦闘機ADVERSARY FIGHTER      フレンドリー戦闘機FRIENDLY FIGHTER      


Steven Baer. "F-35A High Angle of Attack Testing", AIAA Atmospheric Flight Mechanics Conference, AIAA AVIATION Forum, (AIAA 2014-2057)
F-35A High Angle-of-Attack Testing
Steven Bear (Aeronautical Engineer, Flying Qualities, 225 N Flightline Rd Edwards Air Force Base 93523)
Lockheed Martin, Edwards Air Force Base, California, 93523

Ⅷ. Operational
While the flight test team will explore legacy high AoA maneuvers for handling qualities, it will be the Operational Test and Evaluation team that will truly develop high AoA maneuvers for the F-35.
In the operational World, a pilot should rarely be taking the F-35 into the high angle-of-attack regime, but the ability to do so could make the difference between being the victor or the victim in air-to-air combat, several of which are mentioned below.
If being tailed by an enemy fighter, a pilot can rapidly slow his aircraft by pulling back on the stick to rapidly increase AoA and, by extension, drag on the aircraft causing the pursuer to quickly become out front and vulnerable.
At this point, the previously pursued pilot can pitch his nose down and get a shot off to take out the enemy.
A similar maneuver called the “Pugachev's Cobra” can be seen in Fig.5 While this puts the jet in a low energy state, it now has the advantage.
Similar to other high AoA platforms, the ability to generate yaw rates at high AoA allows the pilot to change his heading quickly through a high yaw rate rather than a sustained or instantaneous G turn.
The J-Turn, or Herbst maneuver, represents this ability by using a high angle of attack with a body axis yaw rate, as seen in Fig.6.
Circle flow combat is one of the basic fighter maneuvers where two pilots engage in a sustained or instantaneous turn towards or away from one another.
In this fight, the first pilot to get his aircraft's nose on the enemy will get the first shot off.
In Fig.7 is a combat scenario where both the aircraft turn towards one another.
Here the friendly fighter has high AoA capability, allowing him, with proper timing, to pitch his nose up to get line of sight first on the enemy.
Used properly, high angle-of-attack capability can be the “gold nugget” that determines whether or not the F-35 comes out the victor in air combat.
When combined with an already impressive arsenal of weapons, sensors, and stealth, the JSF will be a formidable foe in the air.

① X-31 enters maneuver at high speed(M 0.5 or greater)
② X-31 decelerates rapidly while increasing “angle-of-attack”
③ ...exceed conventional aerodynamic limit(Stall)- needs thrust vectoring for control
④ Angle-of-attack increases to maximum of 70°
⑤ X-31 rapidly “cones” to now flight direction
⑥ X-31 lowers nose and accelerates to high speed
⑦X-31 now flying in opposite direction

画像を表示画像を表示画像を表示画像を表示画像を表示

  • 最終更新:2017-06-24 06:45:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード