模擬戦

米海軍F-35C、トップガン、ノーザンエッジ、レッドフラッグのいずれかにおいて、キルレシオ24:1 (2017年)

画像を表示
引用URL

F-35Aレッドフラッグ17-1(2017年1月)

F-35Aレッドフラッグ最終結果はキルレシオ20:1

軍の指導者は議会公聴会でF-35を称賛
Military Leaders Praise F-35 at Congressional Hearing
戦略的計画プログラムと要件の代表である米空軍少将ジェリー・ハリスJr.参謀次長は、F-35Aのレッド・フラッグでの驚異的なパフォーマンスを発言:
USAF Maj. Gen. Jerry Harris Jr., Deputy Chief of Staff for Strategic Plans, Programs, and Requirements, addressing F-35A amazing performance at Red Flag:
あなたが知っているように、ほとんどの戦闘機パイロットは、その主張と能力を誇張する傾向にあるが、今朝がたの15対1のキルレシオを示す報告においては、実際には少しずれている。
数字を見ると、それは20対1だった。その飛行機は、私たちが必要とするものを正確にやっている。
And as you know, most fighter pilots will tend to exaggerate their claims and capabilities, but this morning’s report with the 15-to-1 kill ratio is actually a little bit off the mark. Looking at the numbers, it was 20-to-1. The airplane is doing exactly what we need it to do.
引用URL

F-35Aがレッドフラッグで飛行に参加しなかった日、味方の従来機は全滅した。

米空軍F-35は、今年初めに出向いた初のレッドフラッグのある朝、その日F-35Aが飛ぶことが出来ないことを意味する不具合の暗号コードを見た。
脅威レベルがF-35Aの物と同レベルに引き上げられていたそのシミュレートされたチャレンジを、その日F-35A無しで飛行する他の「レガシー(従来)」ブルーフォース(友軍)に与えた結果、全機が完全に虐殺された、とLMは言う。
One example - earlier this year at the first outing of the USAF F-35As at Red Flag saw one morning where a glitch in the cryptography codes meant that no F-35As could fly that day. Having raised the simulated threat levels to give the F-35As a peer-level challenge, the result, says LM, was that flying without F-35As that day, the rest of the entire 'legacy' Blue Force was massacred outright.
引用URL

F-35Aレッドフラッグ詳細結果はキルレシオ145:7、損失はすべて目視内射程(WVR)によるもの

145:7(145÷7=20(20:1))
145回の空対空キル
7回の損失(全て目視内射程)
51のシミュレーションを行った/模擬爆弾を投下
49のアドバンスドSAMを破壊
145 air-to-air kills
7 losses (all WVR)
51 simulated / inert bombs dropped
49 advanced SAMs destroyed
動画URL

「彼らがF-35Aでレッドフラッグに参加したのは初めてで、空対空キルは145回だった。それで、7つの損失は、すべて目視の環境の中における損失だった。それで、彼らはレーダーでは見ることができず、彼らは通り過ぎてからようやく目に入った。」
"They had a hundred and forty-five air-to-air kills, which was the first time the F-35A has participated in a Red Flag, uh, against seven losses, and all those losses were within a visual environment. Uh, they weren't seen on the radar, they were just seen passing by..."
動画URL

現在リリースされているF-35Aのブロックの種類は3iであり、3iソフトウェアは目視内射程(WVR)武器の機銃と短距離ミサイルが使用できない制限が掛かっている。


ワシントン:レッドフラッグのパイロットや指揮官から示された物は、F-35Aが、運用テストと評価のディレクターからの最近のレポートよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しているように見える。
最近去った、運用テストおよび評価ディレクターのマイケル・ギルモアは、詳細な64ページの問題で、ロッキードマーティン製航空機が、「必要なミッション・エリアや現在の脅威フィールドに対して横断するのに適しておらず有効ではない。」そして、その多くは航空機のソフトウェアと関係していると言った。

レッドフラッグからの視点においては、全く異なっていた。13機のF-35Aは、3週間の演習中に90%のミッション可能率を維持し、すべての戦闘機のために役立っていた。
飛行機には発電機を紛失した一つの問題などがあったが、すべての問題は24時間以内に対処されていた、と演習の最後に2人の空軍将校は記者たちと話した。

「我々はこれらのジェット機をハードに飛ばした。私たちは4週間のレッドフラッグの間、ものすごい量のミッションを飛行した。
ジェット機の準備が出来ていないという、それ(意見)に、私は強く反対する。
私たちが尋ねられる場合は常に、我々はこれらのジェットで出撃する準備が出来ていると答える。」第34戦闘機飛行隊司令官のジョージ・ワトキンス中佐は私たちに語った。
そして彼は、飛行機、それの武器およびセンサーを制御する、3iソフトウェアが非常に良く実行されていると言った。
WASHINGTON: All indications from the pilots and commanders at Red Flag are that the F-35A performed far better than recent reports from the Director of Operational Test and Evaluation seemed to indicate.
The now-departed Director of Operational Test and Evaluation, Michael Gilmore, said the Lockheed Martin-built aircraft is “not effective and not suitable across the required mission areas and against currently fielded threats” and detailed 64 pages of problems, many of them with to do with the aircraft’s software.
The view from Red Flag was quite different. The 13 F-35As maintained a 90 percent mission capable rate during the three-week exercise, respectable for any combat aircraft. Planes did have problems, including one that lost a generator, but every issue was dealt with inside of 24 hours, according to two Air Force officers talking to reporters today at the end of the exercises.
“We flew these jets hard. We flew a ton of missions in Red Flag during those four weeks. I would strongly disagree (with the proposition) that the jets are not ready. We are ready to take these jets on the road whenever we’re asked to,” Lt. Col. George Watkins, 34th Fighter Squadron commander, told us. And he said the 3i software that controls the plane, its weapons, and sensors performed extremely well.
引用URL

参加したアグレッサー機:F-15C・F-16C・A-4他(撃墜されても3~4回復帰可能な設定)、実質ブルーエア軍(F-35)は最大96機の敵に直面した。

アグレッサー役のF-15C▼(所属Florida ANG 159th FS 125th Fighter Wing番号86-0177)    ▼アグレッサー役のF-16Cブロック50(所属77th FS Shaw AFB SC番号94-0043)
画像を表示            画像を表示
https://www.flickr.com/photos/79146942@N04/32810181575/どちらもスナイパーXR赤外線ポッドの装備が確認できるhttps://www.flickr.com/photos/79146942@N04/32429468670/
※備考:フロリダ空軍州兵125th Fighter WingのF-15CはAPG-63(v)3 AESAレーダーの改修が行われている→http://www.fl.ang.af.mil/news/story.asp?id=123203337
レッド・エア(仮想敵)
レッドエア軍のより厳しい任務の一つは、第4と第5世代戦闘機から構成されるブルーエア軍の統合のために、この演習を挑戦的にすることだった。
第64アグレッサー飛行隊で飛行している空軍予備軍司令官マーク・クライン少佐は言った:「我々は、常に敵の戦術に焦点を当てているので、敵の航空機がどのように運用され実行されるかについては主題専門家である。そして、我々はここ[レッドフラッグ]でそれを再現する。」

A-4スカイホークを飛ばしているドラケン・インターナショナルの民間軍事業者パイロットは、ネリス基地の第64アグレッサー飛行隊のF-16を増強した。
さらに、強力な脅威の制定を確実にするため、ウィスコンシン空軍州兵の第115戦闘航空団のF-16C、フロリダ空軍州兵の第125戦闘航空団のF-15C、サウスカロライナのショー空軍基地の第77戦闘機隊に配属するF-16Cブロック50は、必要なアグレッサー航空機の数を増やすためレッドエア・チームに回った。

毎日飛行した平均20~24機のレッドエア航空機には、再生(撃墜されたアグレッサー航空機を戦闘に再び復帰することを許すプロセス)が含まれているため、ブルーエア軍はその数の3~4倍の数に直面しただろう。
Red Air
One of the more demanding tasks for the Red Air force was to make this exercise challenging for the combined Blue Air force comprising fourth and fifth-generation fighters.
Major Mark Klein, an Air Force Reserve Command pilot who flies with the 64th Aggressor Squadron said: “We focus on adversary tactics all the time, so we are subject matter experts on how enemy aircraft operate and perform. Then we replicate that here [at Red Flag].”
Civilian contractor pilots from Draken International flying A-4 Skyhawks augmented the F-16s of the Nellis-based 64th Aggressor Squadron. Additionally, F-16Cs from the 115th Fighter Wing, Wisconsin Air National Guard and F-15Cs from the 125th Fighter Wing, Florida Air National Guard, and Block 50 F-16Cs assigned to the 77th Fighter Squadron from Shaw Air Force Base, South Carolina rotated on to the Red Air team to increase the number of aggressor aircraft needed to assure a robust threat laydown. On average 20 to 24 Red Air aircraft flew each day, including regeneration (a process allowing aggressor aircraft that have been shot down to rejoin the fight), so the Blue Air force would face three or four times that number.
ドラケンインターナショナルのA-4とLET-159画像を表示画像を表示
引用
月刊 AIR International 2017年3月号64~65p
画像を表示

F-35B海兵隊模擬戦のキルレシオ24:0(2017年)

WTI(Weapons and Tactics Instructor=海兵隊の武器と戦術の訓練)
24:0のキル:ロス・レシオ(海兵隊WTI)
24:0 kill:loss ratio at USMC WTI
動画URL


軍の指導者は議会公聴会でF-35を称賛
Military Leaders Praise F-35 at Congressional Hearing
海兵隊中将ジョン・デイヴィス航空副司令官は、F-35Bが対戦相手を支配すると発言:
USMC Lt. Gen. Jon Davis, Deputy Commandant for Aviation, addressing F-35B dominating its opponents:
私たちは、20対8のシナリオを持っていた。20機の敵に対して8機の友軍。それらの8機の友軍は4機が海兵隊F-35Bだった。
おおむね、その20機にとっては非常に悪い一日となった──このぐらいに留めておこう…パイロットの一人は、彼らが行った全てのキルが、キルの大半はF-35から来ていると語った。
彼は、我々の機種転換部隊CAT1(Category1)の学生だった。…これは、彼の卒業演習だった。
Twenty bad guys against eight good guys. In those eight good guys were four Marine F-35Bs. Basically, the 20 guys had a very bad day – I will leave it at that… One of the pilots talking about all the kills they made, and the majority of the kills came from the F-35… He was a CAT I student in our fleet replacement squadron. This was his graduation exercise.
引用URL

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

F-35AvsA-4の模擬戦。GCIの支援があってもF-35を発見するのは非常に困難であり、BFMでは毎回F-35が攻勢に回る (2016年7月)

ノルウェー空軍パイロットMorten “Dolby” Hanche
この記事では、私がA-4スカイホークに対して過去数週間に渡りいくつかの出撃で飛行した後の、私の感想の概要を提供する。
In this post I’m giving a brief overview of my impressions after having flown several sorties over the past few weeks against A-4 Skyhawks.
これらの演習において、私たちが直面したA-4は、我々が独自にアップグレードしたF-16並みのセンサー性能を持っていた。彼らはまた、我々のレーダーを妨害するためのジャマーを装備していた。
The A-4s we faced in these exercises had sensor performance along the lines of our own upgraded F-16s. They also carried jammers intended to disturb our radar.
2機のA-4に対して、私は一人単独で出撃を行った。そして、自分はレーダーのみを使用する制限をかけ、これらの設定で飛行した。
(地上管制からの支援なし。Link-16無し。他の編隊メンバーからのデータ共有なし。パッシブレーダー警報システムとIFF敵味方識別装置なし。)
それにもかかわらず、私のレーダーは時間内にターゲットを検出し、私のインターセプトを最適化する範囲に武器を運び、また必要に応じて、目視の土俵においても発見されずに目標に到達した。
I flew one sortie alone against two A-4s, and limited myself to using only the radar during these sets (no support from ground controllers, no Link-16, no data sharing from other formation members, no support from passive radar warning systems or IFF – Identification Friend or Foe).Nonetheless my radar detected the targets in time for me to optimize my intercept, deliver weapons at range, and if necessary, arrive undetected to the visual arena.
個人的に、私にとって最も重要な教訓は、A-4がGCI (=Ground-controlled intercept=地上要撃管制(レーダーサイト)) の支援を受けても、私たちを見つけることがどれだけ困難だったか、ということを確認したことだった。
The most important lesson for me personally was to see just how hard it was for the A-4s to find us, even with GCI support.
BFM(=Basic Fighter Maneuvers=ベーシックファイターマニューバ=空中戦闘機動。ACMと同議)
F-35は、A-4に対してフェアではないかもしれない。
それでも、A-4は毎回、攻撃側の役割でスタートしていた。
各セットの終了時には、私は毎回A-4に機首を向けていた状態にあった。
BFM – F-35 against A-4, might not be fair. Still, the A-4 started as the offensive part every time. At the end of each set, I was pointing at the A-4. Every time.
引用URL



F-35Aが空対空戦闘でF-15Eストライクイーグルに全勝 (2016年6月)

画像を表示
F-15E仮想敵に対する「ドッグファイト」の損失0
0 Losses in “dog fights” against F-15E Red Air
引用URL


F-35はこれらのフライトを通して、F-15Eアグレッサーによる挑戦を受けたが、F-35はそれらを退け、損失ゼロで全てのミッションをコンプリートした。
Through these flights the F-35s were challenged by F-15E aggressors, but the F-35s managed to complete all their missions with zero losses.
引用URL


ヒルF-35Aパイロットは、マウンテンホーム第366戦闘航空団からF-15Eと共に大規模の演習で飛行し、仮想敵または「敵」戦闘機に対する空対空戦闘において無敗のままであった。
Hill’s F-35A pilots flew large-force exercises with F-15Es from Mountain Home’s 366th Fighter Wing and remained undefeated during air-to-air engagements against red air, or “enemy” aircraft.
引用URL



F-35Bが4機で敵機9機に勝利 (2015年7月)

ダンフォードはF-35BのIOC決定について熟慮。4機のB型は9機の侵略者をやっつける。
海兵隊はF-35Bの最近の運用準備テスト中に、4機の海兵隊戦闘機を、9機の敵機に対して出撃させた。
「悪役はとても貧弱だった。」航空副司令官ジョン・デイビス中将は、今日の午後、私に話した。
デイビスは、それらは機密だと言い、わずかな内容を提供した。
「我々はF-16に対してハリアーを一度も出したことが無い。」その脅威にF-35は直面した、と彼は言った。
F-35Bは「素晴らしい仕事」をしたと彼は述べた。
Dunford Mulls F-35B IOC Decision; 4 Bs Take Out 9 Attackers
During the Marine’s recent operational readiness test of the F-35B, four of the Marine aircraft went up against nine enemy aircraft.
“It went very poorly for the bad guys,” Lt. Gen. Jon Davis, deputy commandant for aviation, told me this afternoon. Davis provided few details, saying they were classified, He did say that the F-35s faced a threat that “we have never put an F-16 or a Harrier against.” The F-35Bs, he said, did a “great job.”
引用URL

  • 最終更新:2017-09-23 00:47:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード