模擬戦

2機のF-35による電子攻撃で、8機の敵F-16レーダーを妨害し、友軍F-16四機を損失ゼロで守った。(エスコートジャマー)

Combat Aircraft May 2018
画像を表示
陰から陽のあたる場所に出る
オランダ空軍は2015年1月以来、エドワーズAFBからF-35Aのペアを飛行させており、初期運用テストおよび評価のために集結した。
戦闘機が今までどのような旅路だったかを見てみる。
レポートと写真──Frank Cebras / Bluelife Aviation
カリフォルニア州エドワーズAFBが、F-35ライトニングⅡプログラムの正式な運用評価を実施するための主要拠点として選ばれた。
JOTT(統合運用テストチーム)の一部の下部組織には、オランダ空軍(RNLAF)の目録にF-35Aがスムーズに入ることを保障することに特化した、オランダの重要な派遣団が含まれている。
エドワーズの米国、オーストラリア、英国、オランダのチームは実際に、ここ数年に渡り、共同で働きF-35の調査研究を行ってきた。
彼らはその限界と利点を調査し、日常的に基地の現地飛行エリアで仕事をし続け、時間を作り、暗い隅に光を照らしている。

エドワーズのオランダ派遣司令官であるAlbert 'Vidal' De Smit大佐は、Combat Aircraftに次のように話した。
「私たちは、メンテナンス・システムの流れを取得し、我々の整備員に特別な経験を提供するためのソーティを生成している。
飛行とはメンテナンスを意味し、人々が修理のための何か重要な専門知識を得る時間である。
これは、ALIS[F-35自動兵站情報システム]と共に働く我々のIT担当者にも同様に当てはまる。
これらの専門家は、IOT&Eにとって有益な、ALIS専門知識の次の段階にも到達した。」

新しいジェット、新しいミッション
技術者がF-35でスパナを回す貴重な経験を得ると同時に、オランダのライトニングⅡの4人のパイロットは、戦術的な観点からその航空機を理解するために努力した。
「私たちはD-SEAD[敵防空網抑制破壊]ミッションをどのように実行できるかをより良く理解するために取り組んできた。──それはF-35がNLAFにもたらした新たなミッション・セットである。」De Smitは付け加えた。
「さらに私たちは、近接航空支援[CAS]のような私たちにとって非常に親しみのあるミッション・コンセプトをそれがどのように実行できるかを見てきた。
新たな可変メッセージ・フォーマット[VMF]は、我々が地上軍と話すために使用する新たなデータリンク・プロトコルである。
VMFは完全にデジタル化されており、音声コマンドに加え、画像をJTAC[統合末端攻撃統制官]に送受信させることが出来る。
さらに、合成開口レーダーでは、天候をスルーして長距離から画像を作ることが出来る。
これはCASミッションの全く新しい側面であり、ターゲットを発見して検証する新しい方法を提供する、JTACとパイロット間の対話におけるゲームチェンジャーになるだろう。」

この派遣の中では、第323テストおよび評価飛行隊(TES)司令官Ian 'Gladys' Knight中佐が、F-35の経験に関してオランダの先頭に立っている。
「CASにおいて。」彼は言った。「VMFは我々のF-16には無かった方法で地上軍を支援するためのオプションを私たちに提供する。
私たちは、音声無線を使い至近距離でターゲティングポッドを使用してターゲットに目を向けるということをせずに、SARを使用してターゲット・エリアの画像を作成し、非常に正確なターゲット座標を生成することが出来る。
我々はこれらを地上軍に渡し、VMFを使用して目視範囲を越えてターゲット位置を確認することで、私たちの空中進出が敵の軍に警戒されないことを保障する。
その間ずっと、私たちは長い滞空時間でかなりの悪天候でも飛行することが出来る。これは我々のF-16では不可能だった。」

JOTTパートナーと多くのミッションが行われており、オランダのF-35は、アリゾナ州ツーソンにいるRNLAFのF-16訓練ユニットである第148飛行隊「Kickin 'Ass」と定期的に飛行し、新しい戦術の評価および検証を行っている。
「最初に私たちは、約1年前、これら全ての高度な能力を最大限のポテンシャルでテストするため、ツーソンで我々のF-16と戦った。」Knightは言う。
「最初のシナリオは、私たち二機のF-35が、国境を越えて四機のF-16をエスコート(護衛)し、現代の敵機をシミュレート(模倣)した別の八機のF-16から彼らを守るというものだった。
比較的経験の浅い飛行隊長が私たち側のF-16を担当し、ツーソンの派遣司令官である責任者Joost 'Niki' Luijsterburg中佐が敵対者を担当した。
この時点までは、我々はシミュレータでこれらのシナリオを練習していただけであり、そして同時に私たち全員は、ちゃんとしたゲームプラン(作戦)でF-35が実際にどのように動作するかを心配していた。
私たちは、F-35のステルスは、ほとんどの戦闘で損失を避けることができると考えていたが、しかし我々はさらに、友軍のF-16を守り、彼らのミサイルの致死率を最大限に高め、ターゲットに到達させる必要もあった。
これを実現するため、私たちは初めに計画を立て、我々のF-16のために、私たちは敵のF-16に対して電子攻撃を使用し、敵機が友軍機を検出することと敵機がその位置情報をデータリンクすることを防ぐことが出来た。
この方法で私たちはF-16を使い敵の戦闘機の第一波を撃墜したが、「ブルーエア(友軍)」F-16がターゲット攻撃に集中しなければならなかった時は、我々自身がキープしていた利用可能なミサイルを使用することが出来た。
その計画は完璧に働いた。」
「Niki」の報告では、それは彼が今まで飛行した中で最も記憶に残ったソーティの一つだったと私たちに話した。
彼は以前F-35プログラムオフィスで働いていたので、F-35がどれほど効果的かを明らかにしたことで得意げだったが、しかしそれと同時に、彼は私たちに対して複数回殺されながら、そのレール(防柵)から一回も撃墜を取れないことに不満を抱いていた。
そのソーティの後、F-35がオランダ空軍の戦闘機や他のアセットを操作する方法に大きな変化を生じさせようとしていることが私たちを実際に襲った。

F-35のドッグファイティング
F-35の目視射程外(BVR)の優れた能力についての議論はほとんど無いようであるが、F-35の近接ドッグファイティングについては常に批判があり、それの旋回と燃焼の時のパフォーマンスが悪いという報告もあった。
Knightは、オンライン(ネットの)の不確かな情報に基づく意見とは対照的に、ジェットを飛行させている彼の経験に基づき、非常に異なる視点を提供している。
「現代の戦闘機を比較する時にまず理解しなければならないことは、あらゆる機種には妥協が存在し、ジェットから最高のパフォーマンスを引き出すことはパイロット次第ということである。
F-16は比較的小型で軽量の戦闘機である。;これは、我々が偉大な持続的な高速旋回性能と簡単な操作特性を持っていたことを意味した。
その飛行制御法則は、その航空機が最大限のパフォーマンスを発揮できるように、パイロットの彼または彼女がスティック(操縦桿)を力一杯で引くのと同じくらい簡単に引き戻すことが出来るように設計されている。
逆に、私たちはいつも、限られた燃料、限られたペイロード、および飛行制御の限界に起因する機能の鈍い低速機動性と共に行わなければならなかった。

「F-35は非常に異なる航空機であり、パイロットがそれに順応しそれを最大限に実行する方法を理解するのにはしばらく時間がかかった。
上手くいかなかったのは、それは約18ヵ月前までであり、それは我々が望んでいたほど多くのGを引き出すことが出来ず、高仰角で飛ぶことも出来ず、私たちはエンベロープが制限されていたことを意味した。
これらの制限が解除された時、私たち全員は目を見開かせ、我々は最終的に完全なポテンシャルを見た。
実際、それは多くの敵対パイロットも同じように目が離せなくなっていた。

F-35はF-16よりはるかに大きく、2倍の燃料と、3倍のペイロードを運ぶ。
「その結果、F-35は高速においてF-16よりも少しだけ早くエネルギーを失う。」Knightは続ける。
「しかし、低速の機動性が凄まじい。
F-35パイロットは、馬鹿馬鹿しいほど遅い速度であっても敵に機首を絶え間なく差し向ける選択肢を有しており、それとハイオフボアサイトミサイルとヘルメット・マウント照準との組み合わせにより優れた能力を発揮する。
スティックを引き戻し続けると、飛行機は出来るだけ多くのアルファ(角度)を提供するが、その過程で多くのエネルギーを奪うため、機体をより高速で操縦するよう注意する必要がある。
それは、いつ対気速度のエネルギー維持を試みるか、いつミサイルや銃を使うかを見極めるかは、パイロット次第である。
私は決まって、F-35は目視射程内(WVR)で操縦する時、それはF-16とF/A-18の間のどこかに位置している、と新しいパイロットに話す。」

Knightは、F-35で基本戦闘機動(BFM)を飛行することに関してもう少しだけ情報を漏らした。
「私たちのエンベロープがBFMを実施するためにクリアされた時、我々はいくつかの第4世代戦闘機と戦う機会を得た。
思い出してください。F-35は豚だという噂がありました。
相手が最初に[トレーニングエリアに]現れた時、彼らはミサイルの束と併せて翼にタンクを持っていた。
私は、彼らがそれが武装した構成であることは全く問題ないと思っており、彼らはそれでも私たちに簡単に勝てるだろうと彼らは思っていたということを察した。
しかし、週末までに、彼らは翼のタンクを落とし、一つのセンターライン燃料タンクに移行し、私たちによって銃で撃たれないためにあらゆることをしていた。
一週間後、彼らはジェットの全外部装備を剥ぎ取りクリーンにし、控えめに言ってもBFMの戦いを面白くした...」

「高Gの機動性は楽しいが、高い燃料容量と多くの装備を運ぶ能力も優れている。
我々がBFMを飛行していた数週間の間、私たちはチャイナレイクウェポンズレンジにGBU-12[レーザー誘導爆弾]を落とす必要もあった。
我々のF-16は、翼に爆弾を備えているためBFMを行う方法は無く、両方のミッションを一回のソーティで飛行させるための燃料も無く、その後、その日戻ることを選択しなければならなかった。
しかし、F-35では、これはあまり大した問題ではない。
私の仲間であるPascal 'Smiley' Smaal少佐は、ソーティの一つで、彼はBFMを飛行し、その後その範囲に行き、彼の武器を落とすのに十分な燃料をまだ持っていることが明白だった。
デブリーフ(報告)の最中、敵パイロットは、私たちが戦闘した後に何故その範囲に行ったのか混乱したと話した。
「Smiley」が、不活性なGBU-12を全部運んでいたことと、テストイベント中にその後それを落としたことを彼に話した時、活気に溢れていた相手側は沈黙した。」
Out of the Shadows
The Royal Netherlands Air Force has been flying a pair of F-35As from Edwards AFB since January 2015 in the build-up towards initial operational test and evaluation. Combat Aircraft finds out how the journey has gone to date.
Report and photos - Frank Cebras / Bluelife Aviation
Edwards AFB, California, was chosen as the primary location for conducting formal operational evaluation of the F-35 Lightning II program. The infrastructure here as part of the JOTT (Joint Operational Test Team) includes a significant contingent from the Netherlands, which is dedicated to ensuring that the F-35A enters the Royal Netherlands Air Force (RNLAF) inventory as smoothly as possible. The US, Australian, British and Dutch teams at Edwards have, in fact, worked together over the last few years exploring the F-35. They have been investigating its limitations and advantages, pounding the local flying areas on a daily basis, building hours and shining lights into dark corners. Col Albert 'Vidal' De Smit, Commander of the Dutch detachment at Edwards, told Combat Aircraft, 'We have been generating sorties to get the maintenance system flowing and to give our maintainers extra experience. Flying means maintenance and when there's something to fix our people gain important expertise. This is also true for our IT personnel that work with ALIS [the F-35's autonomous logistics information system]. These experts also got to the next level of expertise with ALIS, which will be beneficial for the IOT&E'.
New jet, new missions
While technicians have gained valuable experience of turning spanners on the F-35, the four Dutch Lightning II pilots have striven to understand the aircraft from a tactical perspective. 'We worked on getting a better understanding of how we can execute the D-SEAD [destructive suppression of enemy air defenses] mission - it's a new mission set the F-35 brings to the NLAF,' adds De Smit. 'Additionally, we have been looking at how we can execute mission concepts that are very familiar to us like close air support [CAS]. The new variable message format [VMF] is the new datalink protocol that we use to talk to ground forces. VMF is fully digital and enables us to send, in addition to voice commands, imagery back and forth to the JTACs [joint terminal attack controllers]. In addition, the synthetic aperture radar can make images from a long distance through the weather. This is a whole new aspect in the CAS mission and will be a game-changer in the dialogue between JTAC and pilot because it offers a new way of finding and verifying targets'. Within the detachment, the 323rd Test and Evaluation Squadron (TES) commander Lt Col Ian 'Gladys' Knight is leading the way when it comes to Dutch experience with the F-35. 'In CAS,' he says, 'VMF gives us options for supporting ground forces in a way we never had in the F-16. Instead of using voice radios and getting eyes on the target using a targeting pod close-in, we're able to use the SAR to make images of the target area and generate very accurate target co-ordinates. We pass these to the ground forces and confirm a target location using VMF from beyond visual range, assuring that enemy forces are not alerted to our air presence. All the while we can be flying in pretty bad weather with long on-station times. This would have been impossible to do with our F-16s'. While a lot of missions are conducted with the JOTT partners, the Dutch F-35s periodically fly with the 148th Fighter Squadron 'Kickin' Ass', the RNLAF's F-16 training unit in Tucson, Arizona, to evaluate and validate new tactics. 'The first time we go to test all these advanced capabilities to their fullest potential was about a year ago, with and against our F-16s in Tucson,' says Knight. 'The initial scenario was that our two F-35s would escort a four-ship of F-16s across a national border and protect them against another eight-ship of F-16s simulating a modern adversary. A relatively inexperienced flight leader was in charge of the F-16s on our side and Lt Col Joost 'Niki' Luijsterburg, the Tucson detachment commander, was responsible for the adversaries. Up to this point, we had only practised these scenarios in the simulators and while we had a decent game-plan, we were all anxious to see how the F-35 would perform in real life. We figured that the F-35's stealth would keep us out of harm's way for most of the fight, but that we also need to protect the friendly F-16s, maximise the lethality of their missiles and get them to the target. To make this happen, we planned to initially use electronic attack against the adversary F-16s, see if we could avoid having them detect friendly fighters and datalink the location of the hostile aircraft to our F-16s. This way we could use the F-16s on our side to shoot down the initial wave of enemy fighters and keep our own missiles available once the 'Blue Air' F-16s had to focus on their target attack. The plan worked flawlessly. 'In the debrief 'Niki' told us it was one of the most memorable sorties he had ever flown. Having previously worked in the F-35 program office he was elated to find out how effective the F-35 was, but at the same time he was frustrated by not getting a single shot off the rail against us, while getting killed multiple times. After that sortie it really hit us that the F-35 was going to make a big difference in how we operate fighters and other assets in the Royal Netherlands Air Force'.
Dogfighting in the F-35
While there appears to be little discussion regarding the beyond visual range (BVR) prowess of the F-35, close-in dogfighting has always been an area that's attracted detractors when it comes to the F-35, with reports of poor performance when it came to turning and burning. Knight offers a very different perspective based on his experiences flying the jet, as opposed to online speculation. 'The first thing to realize when comparing modern fighter aircraft is that every type has compromises and it's up to the pilot to get the best performance out of the jet. The F-16 is a relatively small and lightweight fighter; this meant we had great sustained high-speed turning performance and simple handling characteristics. The flight control laws were designed in such a way that the pilot can simply pull back on the stick as hard as he or she wants and the aircraft will give its maximum performance. On the flip side, we've always had to make do with limited fuel, limited payload and sluggish slow-speed manoeuvrability due to flight control limitations. 'The F-35 is a very different aircraft, and it took pilots a while to adjust and figure out how to max-perform it. What didn't help is that until about 18 months ago we were restricted in envelope, which meant we couldn't pull as much G as we wanted to, nor fly with high-alpha. It was an eye-opener for all of us when those restrictions were lifted and we finally got to see the full potential. Actually, it was an eye-opener for a lot of adversary pilots as well.' The F-35 is far larger than the F-16, and it carries twice as much fuel and three times the payload. 'Consequently the F-35 loses energy a bit faster than the F-16 at higher speeds,' continues Knight. 'But the slow-speed handling is amazing. The F-35 pilot has the option to continuously point the nose at the adversary, even at ridiculously slow speeds, which is a great capability to have in combination with high off-boresight missiles and a helmet-mounted sight. You need to be careful manoeuvring the aircraft at higher speeds, because if you keep pulling back on the stick the aircraft will give you as much alpha as it can, but it will bleed a lot of energy in the process. It's up to the pilot to recognise when to try to maintain airspeed and energy and when to give that away to prosecute with missiles or guns. I typically tell new pilots that the F-35 sits somewhere in between the F-16 and F/A-18 when it comes to within visual range manoeuvring'. Knight divulged a little more information about flying basic fighter manoeuvres (BFM) in an F-35. 'When our envelope was cleared to practise BFM we got the opportunity to fight some fourth-generation fighters. Remember, back the rumors were that the F-35 was a pig. The first time the opponents showed up [in the training area] they had wing tanks along with a bunch of missiles. I guess they figured that being in a dirty configuration wouldn't really matter and that they would still easily outmanoeuvre us. By the end of the week, though, they had dropped their wing tanks, transitioned to a single centerline fuel tank and were still doing everything they could not to get gunned by us. A week later they stripped the jets clean of all external stores, which made the BFM fights interesting, to say the least... 'High-G manoeuvring is fun, but having high fuel capacity and the ability to carry lots of stores is great too. During the weeks when we were flying BFM we also needed to drop a GBU-12 [laser-guided bomb] on the China Lake weapons range. Back in our F-16 days we'd have had to choose, since there is no way you can BFM with a bomb on your wing, let alone having the fuel to fly both missions in a single sortie. With the F-35, however, this isn't much of an issue. On one of the sorties, my colleague, Maj Pascal 'Smiley' Smaal, decided he would fly BFM and still have enough fuel to go to the range afterwards and drop his weapon. During the debrief, the adversary pilot told us he was confused as to why we went to the range after the fight. When 'Smiley' told him that he was carrying an inert GBU-12 the entire time and that he then dropped it afterwards during a test event, the silence on the other end of the line was golden'.




米海軍F-35C、レッドフラッグ、トップガン、ノーザンエッジのいずれかにおいて、キルレシオ25:1以上 (米海軍演習において前例が無い数字)(2017年)

海軍の次世代戦闘機を詳しく見てみよう。
F-35はフロリダ州エア・ナショナル・ガード(空軍州兵)と共にジャクソンビルに来ることが出来る。
ケント・ジャスティス - アンカー/記者 投稿:2017年11月9日7:38 PM 最終更新日:2017年11月9日11:00 PM

ジャクソンビル、フロリダ州──戦闘航空の未来の翼である高度先進F-35の波がジャクソンビルに来る可能性がある。
フロリダ・エア・ナショナル・ガード(空軍州兵)第125航空団は、5つの飛行隊ファイナリストの1つである。
その決定は今月行うことができる。

News4Jaxの映像作家であるJud Hulonと私は、バージニア州ノーフォーク海軍基地でのシミュレーション中に、海軍型ジェットを詳細に調べる唯一の地元ニュースクルーだった。
私たちは、ロッキード・マーティンF-35ライトニングⅡのシミュレータを見た。

米海軍パイロットのグラハム・クリーブランドは、海軍F-35Cの詳しいプログラムを通して我々をガイドした。
クリーブランドは戦闘機パイロットとしてF-35で約300時間、F/A-18で約1000時間を記録している。

「私たちは両方を必要としているので、比較をしたくない。」クリーブランドは言った。
「我々はF/A-18とF-35の両方が必要だ。彼らはお互いを非常によく補完する。」

クリーブランドは、空母の海軍特有のカタパルトを含むシミュレーションへ私を案内した。
初心者には、それは少しトリッキーだった。

クリーブランドは手順を説明した。
「カタパルトに固定されたら、まず最初にやることは、フルパワーにする。」クリーブランドは言った。

「完全にトップにはしない。完全にバーナーにはしない。だから私たちはそれをミリタリー最大パワーと呼んでいる。なのでミリタリーパワーは100%になるだろう。
そして最大は、アフターバーナーを通すときである。我々はそれをしたくない──それは本当に熱い──だが絶対に行わなければならない。」

シミュレータで私を案内する過程で、クリーブランドはF-35の特長と利点について説明した。
「F-35は、現在私たちが持っていないファースト・デイ・ストライク能力を提供する。そしてそれ(ファーストデイストライク)は、紛争の激しい環境の中を意味する。」クリーブランドは言った。

「したがって、海岸に沿って大量の地対空ミサイルを有するどこかの国の脅威が、紛争のいずれかにおいて存在する。
私たちは空域を飛行するが、それを妨げることは、どんなものでも通常では出来ないだろう。
それは、他のプラットフォームが持っていない電子戦能力がある。」

我々はまた、ロッキード・マーティンのチームに所属しているトム・ハレーと話した。
「私たちは何年も航空団に参加しているが、それはさらに我々をより致死的で、より生存可能にするだろう。」28年間勤めていた海軍でホーネットとスーパーホーネットを飛行させていたハレーは言った。

ハレーによると、F-35Aのコストは8000万ドルだが、海軍版は約9700万ドルと高額になるという。
ハレーによると、F-35は25%長持ちするため、それが正当だと言った。

「あなたは2000時間、余分に第5世代の能力を得られ、これは、演習のレッドフラッグ、トップガン、ノーザンエッジで全ての者を殺しており、我々は世界最高の脅威資産に対抗することが出来る。」ハレーは言った。
「私たちは25対1以上のキルレシオで勝利しているが、これは前例が無い。」

ハレーによると、ロッキードマーティンがプログラムを開始して以来、彼らは航空機のコストを60%削減したという。
同社は、F-35が完全生産に入ると、価格が再び下がると彼らは考えている。
Take an in-depth look at next-generation fighter jets in the Navy
F-35s could be coming to Jacksonville with Florida Air National Guard
By Kent Justice - Anchor/reporter Posted: 7:38 PM, November 09, 2017 Updated: 11:00 PM, November 09, 2017
JACKSONVILLE, Fla. - Highly-advanced F-35s, the wave of the winged-future in combat aviation, could be coming to Jacksonville.
The Florida Air National Guard's 125th Fighter Wing is one of the five finalists for a squadron.
A decision could be made this month.
News4Jax videographer Jud Hulon and I were the only local news crew to get an in-depth look at the jet, examining the Navy’s model during a simulation at Naval Station Norfolk in Virginia.
We were shown a simulator for the Lockheed Martin F-35 Lightning II.
United States Navy pilot Graham Cleveland guided us through the program specific to the Navy’s F-35C.
Cleveland has about 300 hours in the F-35, and the fighter pilot has logged about a thousand hours in F/A-18s.
“We don’t want to make comparisons because we need both," Cleveland said. "We need both the F/A-18 and the F-35. They complement each other very well.”
Cleveland took me through the simulation, including the Navy-specific catapult from a carrier. For a novice, it was a little tricky.
Cleveland described the procedures.
”The first thing we’re going to do once we are all locked into the catapult, we’re going to full power," Cleveland said. "Not all the way to the top. Not all the way to the burner. So we call it military and maximum power. So military power would be at 100 percent. And maximum is when we plug in the afterburner. We don’t want to do that -- it’s really hot -- unless we absolutely have to.”
In the course of guiding me in the simulator, Cleveland explained the specific features of the F-35 and the advantages.
"So the F-35 provides a day one strike capability that we don’t currently have. And by that I mean, in a contested environment,” Cleveland said. “So contested being any of, any threat of a country that has a large amount of surface to air missiles along the coast. Anything that would prevent us from flying in airspace that we wouldn't typically be able to. It’s got electronic warfare capabilities that we don’t have on other platforms.”
We also spoke to Tom Halley, who's on the Lockheed Martin team.
”We will be joining the air wing for years and we are going got make it much more lethal, and much more survivable," said Halley, who spent 28 years in the Navy flying Hornets and Super Hornets.
Halley said the F-35A costs $80 million, and the Navy’s edition will be more expensive -- about $97 million apiece.
Halley said it’s justified because the F-35 lasts longer -- by 25 percent.
“You get the extra 2,000 hours and the 5th generation capability, which is killing everything -- red flag exercises, top gun, at northern edge -- we can go against the highest fortune threats in the world," Halley said. "We are taking them out with over a 25-to-1 kill ratio, which is unheard of.”
Halley said since Lockheed Martin started the program, they've brought the cost of the aircraft down 60 percent.
Once the company is in full production on the F-35, he thinks the price will come down again.
引用URL




ギリシャの報道によれば、F-35AはAtlantic Trident 2017において、ラファールに対し18:0、ユーロファイターに対し19:0、F-15Eに対し16:1のキルレシオ(2017年)

勇壮な搭乗士たちの「アトランティック・トライデント」でラファール、ユーロファイター、F-15Eの「原生林」の中にF-35が入る!
USAF戦闘機はAtlantic Tridentでフランス/ラファール戦闘機および英国ユーロファイタータイフーンと初めて出会い、そこからいくつかの結果が漏れ始め、そのF-35A戦闘機の圧倒的優位性は、そのNATO史上最も壮大で大胆な戦いで記録された。
USAFのF-22戦闘機もこの演習に参加した。
もちろん、スコアは圧倒的にアメリカの第5世代戦闘機が勝利していたが、ギリシャ側にとっての課題は、F-22に対するヨーロッパ戦闘機の挙動ではなくF-35に対する物であり、空軍は半年後、「疲労した」ミラージュ2000と第3世代F-16で、トルコのF-35Aに直面しなければならないことである。

結果は、ラファールに対して18-0、ユーロファイターに対して19-0、F-15Eに対して16-1であった。
ラファールとユーロファイターは、敵の射撃領域内にいることに気づく前に、AIM-120によって射撃された。
F-35のAPG-81レーダーは、230km以上の距離で追跡し、150km以上の距離からロックしていた。

そして、英/米戦闘機は、AIM-120の射撃限界で撃たれたとき、彼らは文字通り「どこから来たのか」分からなかった!
彼らは30km未満の距離に決して到達しなかった。
そして、全ての英/米戦闘機が行動したとき、彼らは破壊された!

航空優勢の航空機として設計された航空機に対して、これは全て、航空優勢の航空機として設計されていない航空機(これは、ラファールが空対地ミッションに重点を置いたと仮定する)からの結果であるが、しかし現在、第5世代機は第4世代機から勝敗を分けただけでなく、ステルス特性や電子システムが圧倒的なリーダーシップを与えることを示した。
F-35の射撃が範囲外であったため、ユーロファイターのIRSTシステムが役に立たなかったことが印象的だった。
演習では、F-15E戦闘機も敵軍に参加し、同じ運命を辿った。

この問題は、ギリシャの一部の人々が古いF-16をアップグレードするために膨大な額(最初に10億ドル、後に30億ドル)をAESAレーダーの取得に費やそうとしているので、トルコのF-35の群れに対して「思いとどまらせる」理由に繋げることができるだろう!
おそらくラファールとユーロファイターは優れた存在ではあるが、そのUSAF戦闘機がまだ完全なフライト・エンベロープを持たずに「原生林を食べた」ということから、それはその戦闘機がまだ進化することを意味する!
"Wild wood" in Rafale, Eurofighter and F-15E from the F-35 in epic jockeys in the "Atlantic Trident"!
The overwhelming superiority of the F-35A fighter has been recorded in some of the most epic avant-garde fights in the history of NATO, when for the first time the USAF fighter met in Atlantic Trident (April 12-18), French Rafale fighters and British Eurofighter Typhoon, some results from which they began to leak.
The F-22 fighters of the USAF also participated in the exercise.
The score was overwhelmingly in favour of the American 5th Gen fighters, of course, but the challenge for the Greek side is not how behaved European fighter against the F-22, but against the F-35, as in six months "something tired" Mirage 2000 and third-generation F-16, the air force will have to face the Turkish F-35A.
The result was 18-0 against Rafale and 19-0 against Eurofighter and 16-1 against the F-15E.
Rafale and Eurofighter were fired by AIM-120 long before they realized there was an enemy in a shotfield.
The APG-81 radar, of the F-35 was tracking at distances over 230 km of locking at distances of over 150 km. and shot at the firing limit of AIM-120 with the Anglo-American fighters, they literally do not know "where they came from"!
They never reached distances of less than 30 km. and when all the Anglo-English fighters did it they were destroyed!
All this from an aircraft that was not designed as an air superiority aircraft, against aircraft designed as an air superiority aircraft (suppose the Rafale was given an emphasis in air-to-ground missions), but now showed that the 4th from 5th generation of the separates a real mess, as not only is the stealth characteristics, the electronic systems that give overwhelming leadership.
It was impressed that neither Eurofighter's IRST system was useful, as the F-35's shots were out of range.
In the exercises F-15E fighters took part with the enemy forces and they had the same luck.
The question then is how do some people in Greece consider spending an enormous amount (1 billion initially and up to 3 billion dollars later) to upgrade old F-16s that, because they will acquire AESA radar, will be able to articulate "dissuasive" reason against the hordes of the Turkish F-35!
When presumably superior Rafale and Eurofighter, "eat wild wood" from the USAF fighters who even - and this has its meaning - do not even have a complete flight envelope, as it is believed that the fighter still evolves!
引用URL(ギリシャ語)






米海軍F-35C、トップガン、ノーザンエッジ、レッドフラッグのいずれかにおいて、キルレシオ24:1 (2017年)

画像を表示
引用URL






F-35Aレッドフラッグ17-1(2017年1月)

F-35Aレッドフラッグ最終結果はキルレシオ20:1

軍の指導者は議会公聴会でF-35を称賛
Military Leaders Praise F-35 at Congressional Hearing
戦略的計画プログラムと要件の代表である米空軍少将ジェリー・ハリスJr.参謀次長は、F-35Aのレッド・フラッグでの驚異的なパフォーマンスを発言:
USAF Maj. Gen. Jerry Harris Jr., Deputy Chief of Staff for Strategic Plans, Programs, and Requirements, addressing F-35A amazing performance at Red Flag:
あなたが知っているように、ほとんどの戦闘機パイロットは、その主張と能力を誇張する傾向にあるが、今朝がたの15対1のキルレシオを示す報告においては、実際には少しずれている。
数字を見ると、それは20対1だった。その飛行機は、私たちが必要とするものを正確にやっている。
And as you know, most fighter pilots will tend to exaggerate their claims and capabilities, but this morning’s report with the 15-to-1 kill ratio is actually a little bit off the mark. Looking at the numbers, it was 20-to-1. The airplane is doing exactly what we need it to do.
引用URL

F-35Aがレッドフラッグで飛行に参加しなかった日、味方の従来機は全滅した。

米空軍F-35は、今年初めに出向いた初のレッドフラッグのある朝、その日F-35Aが飛ぶことが出来ないことを意味する不具合の暗号コードを見た。
脅威レベルがF-35Aの物と同レベルに引き上げられていたそのシミュレートされたチャレンジを、その日F-35A無しで飛行する他の「レガシー(従来)」ブルーフォース(友軍)に与えた結果、全機が完全に虐殺された、とLMは言う。
One example - earlier this year at the first outing of the USAF F-35As at Red Flag saw one morning where a glitch in the cryptography codes meant that no F-35As could fly that day. Having raised the simulated threat levels to give the F-35As a peer-level challenge, the result, says LM, was that flying without F-35As that day, the rest of the entire 'legacy' Blue Force was massacred outright.
引用URL

F-35Aレッドフラッグ詳細結果はキルレシオ145:7、損失はすべて目視内射程(WVR)によるもの

145:7(145÷7=20(20:1))
145回の空対空キル
7回の損失(全て目視内射程)
51のシミュレーションを行った/模擬爆弾を投下
49のアドバンスドSAMを破壊
145 air-to-air kills
7 losses (all WVR)
51 simulated / inert bombs dropped
49 advanced SAMs destroyed
動画URL

「彼らがF-35Aでレッドフラッグに参加したのは初めてで、空対空キルは145回だった。それで、7つの損失は、すべて目視の環境の中における損失だった。それで、彼らはレーダーでは見ることができず、彼らは通り過ぎてからようやく目に入った。」
"They had a hundred and forty-five air-to-air kills, which was the first time the F-35A has participated in a Red Flag, uh, against seven losses, and all those losses were within a visual environment. Uh, they weren't seen on the radar, they were just seen passing by..."
動画URL

現在リリースされているF-35Aのブロックの種類は3iであり、3iソフトウェアは目視内射程(WVR)武器の機銃と短距離ミサイルが使用できない制限が掛かっている。


ワシントン:レッドフラッグのパイロットや指揮官から示された物は、F-35Aが、運用テストと評価のディレクターからの最近のレポートよりもはるかに優れたパフォーマンスを示しているように見える。
最近去った、運用テストおよび評価ディレクターのマイケル・ギルモアは、詳細な64ページの問題で、ロッキードマーティン製航空機が、「必要なミッション・エリアや現在の脅威フィールドに対して横断するのに適しておらず有効ではない。」そして、その多くは航空機のソフトウェアと関係していると言った。

レッドフラッグからの視点においては、全く異なっていた。13機のF-35Aは、3週間の演習中に90%のミッション可能率を維持し、すべての戦闘機のために役立っていた。
飛行機には発電機を紛失した一つの問題などがあったが、すべての問題は24時間以内に対処されていた、と演習の最後に2人の空軍将校は記者たちと話した。

「我々はこれらのジェット機をハードに飛ばした。私たちは4週間のレッドフラッグの間、ものすごい量のミッションを飛行した。
ジェット機の準備が出来ていないという、それ(意見)に、私は強く反対する。
私たちが尋ねられる場合は常に、我々はこれらのジェットで出撃する準備が出来ていると答える。」第34戦闘機飛行隊司令官のジョージ・ワトキンス中佐は私たちに語った。
そして彼は、飛行機、それの武器およびセンサーを制御する、3iソフトウェアが非常に良く実行されていると言った。
WASHINGTON: All indications from the pilots and commanders at Red Flag are that the F-35A performed far better than recent reports from the Director of Operational Test and Evaluation seemed to indicate.
The now-departed Director of Operational Test and Evaluation, Michael Gilmore, said the Lockheed Martin-built aircraft is “not effective and not suitable across the required mission areas and against currently fielded threats” and detailed 64 pages of problems, many of them with to do with the aircraft’s software.
The view from Red Flag was quite different. The 13 F-35As maintained a 90 percent mission capable rate during the three-week exercise, respectable for any combat aircraft. Planes did have problems, including one that lost a generator, but every issue was dealt with inside of 24 hours, according to two Air Force officers talking to reporters today at the end of the exercises.
“We flew these jets hard. We flew a ton of missions in Red Flag during those four weeks. I would strongly disagree (with the proposition) that the jets are not ready. We are ready to take these jets on the road whenever we’re asked to,” Lt. Col. George Watkins, 34th Fighter Squadron commander, told us. And he said the 3i software that controls the plane, its weapons, and sensors performed extremely well.
引用URL

参加したアグレッサー機:F-15C・F-16C・A-4他(撃墜されても3~4回復帰可能な設定)、実質ブルーエア軍(F-35)は最大96機の敵に直面した。

アグレッサー役のF-15C▼(所属Florida ANG 159th FS 125th Fighter Wing番号86-0177)    ▼アグレッサー役のF-16Cブロック50(所属77th FS Shaw AFB SC番号94-0043)
画像を表示            画像を表示
https://www.flickr.com/photos/79146942@N04/32810181575/どちらもスナイパーXR赤外線ポッドの装備が確認できるhttps://www.flickr.com/photos/79146942@N04/32429468670/
※備考:フロリダ空軍州兵125th Fighter WingのF-15CはAPG-63(v)3 AESAレーダーの改修が行われている→http://www.fl.ang.af.mil/news/story.asp?id=123203337
レッド・エア(仮想敵)
レッドエア軍のより厳しい任務の一つは、第4と第5世代戦闘機から構成されるブルーエア軍の統合のために、この演習を挑戦的にすることだった。
第64アグレッサー飛行隊で飛行している空軍予備軍司令官マーク・クライン少佐は言った:「我々は、常に敵の戦術に焦点を当てているので、敵の航空機がどのように運用され実行されるかについては主題専門家である。そして、我々はここ[レッドフラッグ]でそれを再現する。」

A-4スカイホークを飛ばしているドラケン・インターナショナルの民間軍事業者パイロットは、ネリス基地の第64アグレッサー飛行隊のF-16を増強した。
さらに、強力な脅威の制定を確実にするため、ウィスコンシン空軍州兵の第115戦闘航空団のF-16C、フロリダ空軍州兵の第125戦闘航空団のF-15C、サウスカロライナのショー空軍基地の第77戦闘機隊に配属するF-16Cブロック50は、必要なアグレッサー航空機の数を増やすためレッドエア・チームに回った。

毎日飛行した平均20~24機のレッドエア航空機には、再生(撃墜されたアグレッサー航空機を戦闘に再び復帰することを許すプロセス)が含まれているため、ブルーエア軍はその数の3~4倍の数に直面しただろう。
Red Air
One of the more demanding tasks for the Red Air force was to make this exercise challenging for the combined Blue Air force comprising fourth and fifth-generation fighters.
Major Mark Klein, an Air Force Reserve Command pilot who flies with the 64th Aggressor Squadron said: “We focus on adversary tactics all the time, so we are subject matter experts on how enemy aircraft operate and perform. Then we replicate that here [at Red Flag].”
Civilian contractor pilots from Draken International flying A-4 Skyhawks augmented the F-16s of the Nellis-based 64th Aggressor Squadron. Additionally, F-16Cs from the 115th Fighter Wing, Wisconsin Air National Guard and F-15Cs from the 125th Fighter Wing, Florida Air National Guard, and Block 50 F-16Cs assigned to the 77th Fighter Squadron from Shaw Air Force Base, South Carolina rotated on to the Red Air team to increase the number of aggressor aircraft needed to assure a robust threat laydown. On average 20 to 24 Red Air aircraft flew each day, including regeneration (a process allowing aggressor aircraft that have been shot down to rejoin the fight), so the Blue Air force would face three or four times that number.
ドラケンインターナショナルのA-4とLET-159画像を表示画像を表示
引用
月刊 AIR International 2017年3月号64~65p
画像を表示

F-35B海兵隊模擬戦のキルレシオ24:0(2017年)

WTI(Weapons and Tactics Instructor=海兵隊の武器と戦術の訓練)
24:0のキル:ロス・レシオ(海兵隊WTI)
24:0 kill:loss ratio at USMC WTI
動画URL


軍の指導者は議会公聴会でF-35を称賛
Military Leaders Praise F-35 at Congressional Hearing
海兵隊中将ジョン・デイヴィス航空副司令官は、F-35Bが対戦相手を支配すると発言:
USMC Lt. Gen. Jon Davis, Deputy Commandant for Aviation, addressing F-35B dominating its opponents:
私たちは、20対8のシナリオを持っていた。20機の敵に対して8機の友軍。それらの8機の友軍は4機が海兵隊F-35Bだった。
おおむね、その20機にとっては非常に悪い一日となった──このぐらいに留めておこう…パイロットの一人は、彼らが行った全てのキルが、キルの大半はF-35から来ていると語った。
彼は、我々の機種転換部隊CAT1(Category1)の学生だった。…これは、彼の卒業演習だった。
Twenty bad guys against eight good guys. In those eight good guys were four Marine F-35Bs. Basically, the 20 guys had a very bad day – I will leave it at that… One of the pilots talking about all the kills they made, and the majority of the kills came from the F-35… He was a CAT I student in our fleet replacement squadron. This was his graduation exercise.
引用URL

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

F-35AvsA-4の模擬戦。GCIの支援があってもF-35を発見するのは非常に困難であり、BFMでは毎回F-35が攻勢に回る (2016年7月)

ノルウェー空軍パイロットMorten “Dolby” Hanche
この記事では、私がA-4スカイホークに対して過去数週間に渡りいくつかの出撃で飛行した後の、私の感想の概要を提供する。
In this post I’m giving a brief overview of my impressions after having flown several sorties over the past few weeks against A-4 Skyhawks.
これらの演習において、私たちが直面したA-4は、我々が独自にアップグレードしたF-16並みのセンサー性能を持っていた。彼らはまた、我々のレーダーを妨害するためのジャマーを装備していた。
The A-4s we faced in these exercises had sensor performance along the lines of our own upgraded F-16s. They also carried jammers intended to disturb our radar.
2機のA-4に対して、私は一人単独で出撃を行った。そして、自分はレーダーのみを使用する制限をかけ、これらの設定で飛行した。
(地上管制からの支援なし。Link-16無し。他の編隊メンバーからのデータ共有なし。パッシブレーダー警報システムとIFF敵味方識別装置なし。)
それにもかかわらず、私のレーダーは時間内にターゲットを検出し、私のインターセプトを最適化する範囲に武器を運び、また必要に応じて、目視の土俵においても発見されずに目標に到達した。
I flew one sortie alone against two A-4s, and limited myself to using only the radar during these sets (no support from ground controllers, no Link-16, no data sharing from other formation members, no support from passive radar warning systems or IFF – Identification Friend or Foe).Nonetheless my radar detected the targets in time for me to optimize my intercept, deliver weapons at range, and if necessary, arrive undetected to the visual arena.
個人的に、私にとって最も重要な教訓は、A-4がGCI (=Ground-controlled intercept=地上要撃管制(レーダーサイト)) の支援を受けても、私たちを見つけることがどれだけ困難だったか、ということを確認したことだった。
The most important lesson for me personally was to see just how hard it was for the A-4s to find us, even with GCI support.
BFM(=Basic Fighter Maneuvers=ベーシックファイターマニューバ=空中戦闘機動。ACMと同議)
F-35は、A-4に対してフェアではないかもしれない。
それでも、A-4は毎回、攻撃側の役割でスタートしていた。
各セットの終了時には、私は毎回A-4に機首を向けていた状態にあった。
BFM – F-35 against A-4, might not be fair. Still, the A-4 started as the offensive part every time. At the end of each set, I was pointing at the A-4. Every time.
引用URL



F-35Aが空対空戦闘でF-15Eストライクイーグルに全勝 (2016年6月)

画像を表示
F-15E仮想敵に対する「ドッグファイト」の損失0
0 Losses in “dog fights” against F-15E Red Air
引用URL


F-35はこれらのフライトを通して、F-15Eアグレッサーによる挑戦を受けたが、F-35はそれらを退け、損失ゼロで全てのミッションをコンプリートした。
Through these flights the F-35s were challenged by F-15E aggressors, but the F-35s managed to complete all their missions with zero losses.
引用URL


ヒルF-35Aパイロットは、マウンテンホーム第366戦闘航空団からF-15Eと共に大規模の演習で飛行し、仮想敵または「敵」戦闘機に対する空対空戦闘において無敗のままであった。
Hill’s F-35A pilots flew large-force exercises with F-15Es from Mountain Home’s 366th Fighter Wing and remained undefeated during air-to-air engagements against red air, or “enemy” aircraft.
引用URL



F-35Bが4機で敵機9機に勝利 (2015年7月)

ダンフォードはF-35BのIOC決定について熟慮。4機のB型は9機の侵略者をやっつける。
海兵隊はF-35Bの最近の運用準備テスト中に、4機の海兵隊戦闘機を、9機の敵機に対して出撃させた。
「悪役はとても貧弱だった。」航空副司令官ジョン・デイビス中将は、今日の午後、私に話した。
デイビスは、それらは機密だと言い、わずかな内容を提供した。
「我々はF-16に対してハリアーを一度も出したことが無い。」その脅威にF-35は直面した、と彼は言った。
F-35Bは「素晴らしい仕事」をしたと彼は述べた。
Dunford Mulls F-35B IOC Decision; 4 Bs Take Out 9 Attackers
During the Marine’s recent operational readiness test of the F-35B, four of the Marine aircraft went up against nine enemy aircraft.
“It went very poorly for the bad guys,” Lt. Gen. Jon Davis, deputy commandant for aviation, told me this afternoon. Davis provided few details, saying they were classified, He did say that the F-35s faced a threat that “we have never put an F-16 or a Harrier against.” The F-35Bs, he said, did a “great job.”
引用URL

  • 最終更新:2018-04-10 00:09:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード