センサーフュージョン性能3

F-35のビームはEA-6Bプラウラーの10倍のパワー(電力)がある。など

画像を表示
F-35JSFの詳細について話すには、巧みな言葉使いが必要になる。
航空機の機能の多くは機密扱いであるため、誤って数字またはセンサーの全機能を暴露したりしてしまうと、重い代償を伴うことになる。

「レヴェンワース[刑務所]はとても恐ろしい場所だ。」とスティーブン・オブライアンはセンサーシステムの説明で、休憩のたびにうっすらと微笑んで彼は述べる。
ロッキードマーティン・エアロノーティクスのF-35プログラム統合および事業開発担当副社長は適切な判断で慎重に進める。

彼は、4月に国家戦闘機調達事務局によるオプション分析レポートの送付に続いて、カナダCF-18戦闘機交換プログラムの運命を彼らの手で今現在握っている閣僚メンバーのカナダ人に航空機の長所を引き続き売る必要がある。
しかし彼は、F-35がその能力の全範囲を明らかにすることなく示していると信じており、彼はテクノロジーの世代的な飛躍を彼らに理解して欲しい。

オブライアンは、F-18で長年の経験を持つ元米海軍の戦闘機パイロットであり、いわゆる第4世代戦闘機の限界を知っている。
生存性について、かつてはパイロットのスキル(技能)が関係していたが、現在はデータの強さが関係している。

「私たちは、スピードが命だと以前はよく言っていた。;それは現在、情報が命だ。」と彼は言う。
オブライアンは、コクピットのテクニシャンではなく、何千ものセンサーからのデータの自動融合に基づき迅速な決定を下せる戦術家を理想としている。

「第4世代の飛行は困難だった。私が知っていた最高の戦闘機パイロットは、[彼らがそれらの無線で聞いて処理できた物]と、彼らのディスプレイで見ていた物を、混ぜ合わせられる者たちだった。
それは、科学というよりも芸術だった。」

「F-35では、パイロットは情報の利用者である。
そのアイデアは、あなたの僚機を含む様々なソースからの完璧に近い情報をあなたに提供し、それを一枚の画像に融合させることである。
[そして]全員が同じ正確な画像を持っている。」

彼は、F-35の導入が空母に到来したことと、海戦における近接交戦の概念へのその影響が同等であると見なしている。
その戦闘機のセンサー・アレイ、データベースおよびプロセッサーは、遠方から敵の能力を劣化させ次に攻撃する運用が可能である。

なぜF-35が電子攻撃、早期警戒管制、または統合監視および目標攻撃機のサポートなしで運用が可能な自己完結型ゲームチェンジャーであるかを実証するために、彼はAESA(アクティブ電子走査アレイ)レーダーを指摘する。
まず第一に、F-35のAPG-81レーダーは、単なるレーダーではない。

その航空機内の「数千ものレーダー」からの情報を自動的に融合する「それは多機能アレイである」とオブライアンは説明する。
そして、ありふれた走査コーンではなく、そのF-35のビームは、EA-6Bプラウラーの10倍のパワー(電力)がある、特定のターゲットまたは複数のターゲット(正確な数は機密扱い)に集中させることが出来るレーザーのようなものである、と彼は言う。

さらに、再び自動的に、4機のF-35フォーメーションでは、ジャミング・シグナル(妨害信号)の送信を内輪内で交互に行うことが出来る。
また、ステルス能力では、1機または4機の全ての航空機は、内側からターゲットの射程距離を操作することが出来る。(敵レーダーの)

「あなたは10倍のパワー(電力)でスタートし、もしあなたがより近づき、4機の飛行機間でステルス・データリンクを使用して信号を交互に送信している場合、あなたは可干渉性のジャミングをそれに協力的な方法で行うことができる。
そのシグナル(信号)、テクニック(技術)、全ては[パイロット]のために行われる。」
同様に重要なのは、第4世代のレーダーが+30~-30度の精度で脅威の出現を検出できる場合、F-35はその脅威を+1~-1度以内で特定することができ、その脅威の軌道を共有する4機の航空機フォーメーションで支援し更にそれを狭めるアドバンテージがある、と彼は言う。

F-35は、同じように正確なレンジング(測距)と、自動ターゲット相関と認識を可能にする「戦術的に重要な距離」(解像度は機密扱い)から共通の地上画像を構築する能力の組み合わせにより、「[そのF-35]は、天候を通過して写真を撮り、[ターゲット]を分類し、測定された座標を与える能力を持っている。」
それは、目隠しされ、耳を覆われた相手とのボクシングの試合のようなものだとオブライアンは説明する。

「あなたには素晴らしい状況認識があるが、あなたはまた、ステルス、電子攻撃、他のセンサーや技術を使い、彼の状況認識を低下させる。」
残りの電子戦(EW)システム、分散開口システム(DAS)、電気光学ターゲティングシステム(EOTS)も同様に素晴らしい。

DASを構成する6台のカメラは、360度の状況認識およびミサイルの検出と追跡を提供し、編隊内のどの航空機が標的にされたのかを識別し、次にミサイルが発射された位置を三角測量することが出来る。
「DASは我々が思っていたよりも優れていることが判明した。」とオブライアンは言う。

また、航空機の機首の下にあるEOTSは、移動ターゲットへのロック、IRST(赤外線走査追跡)、友軍呼びかけ、非協力目標認識(CTR)、レーダー周波数妨害(RFCM)、そしてそれは、F-35がエンジンや放射のリターンによって敵を識別することを可能にする。
「それは、私が今までに出会った全ての戦闘機の中で最高の戦闘ID(識別)スイートを持っている。」と彼は言う。

「そしてそれは、全ての戦闘機の中で最も高度な妨害スイートも持っている。」
さらに、F-35が18,500ポンドの機内燃料を搭載していることから、それは第4世代の相手よりも長く戦闘で滞空することが出来ることを意味していると彼は指摘している。

その能力の範囲は──遠隔操作、機内電子戦、ターゲット識別、共通の状況認識、そしてより長時間にわたる交戦能力は──戦術の変化を示唆している。
オブライアンは、F-35プログラムに参加している新人パイロットは、すでに新しい運用方法を考え始めていると言う。

「彼らは非常に革新的になっている。私はシミュレーターでそれらを見てきており、私が学んだことは、それらが欺瞞と奇襲を生み出すことである。」
しかし、それもまた機密扱いのままである。
Talking in detail about the F-35 Joint Strike Fighter requires verbal dexterity. Many of the aircraft’s features are classified, so inadvertently revealing a number or the full capabilities of a sensor carry a heavy price.“Leavenworth [prison] is such a terrible place to be,” Stephen O’Bryan says with a rueful smile as he pauses yet again at the description of a sensor system.The vice president of F-35 Program Integration and Business Development for Lockheed Martin Aeronautics is treading carefully for good reason. He needs to continue selling the virtues of the aircraft to Canadians, especially Cabinet members who now hold the fate of Canada’s CF-18 fighter replacement program in their hands following the delivery of an options analysis report by the National Fighter Procurement Secretariat in April. But he wants them to understand the generational leap in technology he believes the F-35 represents without revealing the full extent of its capability. A former U.S. Navy fighter pilot with years of experience in F-18s, O’Bryan knows the limitations of so-called fourth generation fighter jets. Where survival was once about the skill of a pilot, it will now be about the strength of the data. “We used to say speed is life; it’s now, information is life,” he says. Rather than a technician in the cockpit, O’Bryan envisions a tactician making rapid decisions based on the automatic fusion of data from thousands of sensors. “Fourth generation flying was hard. The best fighter pilots I knew where the ones who [could process what they heard over their radios] and meld it with what they were looking at in their displays. That made it more art than science. “With the F-35, the pilot is a user of information. The idea is to give you near-perfect information from a variety of sources, including your wingmen, and fuse it into one picture. [And] everybody has the same accurate picture.”He equates the introduction of the F-35 to the arrival of the aircraft carrier and its impact on the notion of close engagement in naval warfare. The fighter jet’s array of sensors, database and processor allow it to operate from distance to degrade and then attack an opponent’s capability. To demonstrate why the F-35 is a self-sufficient gamechanger, able to operate without the support of electronic attack, airborne warning and control, or joint surveillance and target attack aircraft, he points to the AESA (active electronically scanned array) radar. For starters, the F-35’s APG 81 radar is no longer just a radar. “It’s a multi-functional array” that automatically fuses information from “thousands of radars” in the aircraft, O’Bryan explains. And rather than the familiar sweeping cone, the F-35’s beam is more like a laser, able to focus on a specific target or on multiple targets (the exact number is classified) with ten times the power of an EA 6B Prowler, he says. Furthermore, a formation of four F-35s can alternate transmission of the jamming signal among themselves, again automatically. And with stealth capability, one or all four of the aircraft can operate from inside the target’s firing range. “You start with 10 times more power, and if you are much closer and you are alternating signals between four airplanes with a stealth data link between them, you can do that jamming in a coherent, cooperative manner. The signal, the technique, everything is done for [the pilot].” Equally important, where fourth generation radar are able to detect the arrival of a threat with plus or minus 30 degrees accuracy, the F-35 can pinpoint the threat to within plus or minus one degree, an advantage that is narrowed further with the assistance of a formation of four aircraft sharing that threat trajectory, he says. When combined with the F-35’s equally accurate ranging and its ability to build a common ground picture from a “tactically significant range” (the resolution is classified) that enables auto target correlation and recognition, “[the F-35] has the ability to take the pictures, through the weather, classify the [targets], and give mensurated coordinates.”It’s a bit like being in a boxing match with an opponent who is blindfolded and with his ears covered, O’Bryan explains. “You’ve got great situational awareness, but you’ve also degraded his situational awareness with stealth, electronic attack, other sensors and techniques.”The rest of the electronic warfare (EW) systems, the distributed aperture system (DAS) and the electro-optical targeting system (EOTS) are equally impressive. The six cameras that make up the DAS provide 360-degree situational awareness and missile detection and tracking that is able to identify which aircraft in a formation has been targeted and then triangulate the location from where the missile was fired. “DAS is turning out to be better than we thought,” O’ Bryan says. And the EOTS underneath the nose of the aircraft provides laser guided bomb targeting, including locking onto moving targets, infrared search and track (IRST), blue-force interrogation, non-cooperative target recognition (CTR) and radar frequency counter measures (RFCM), which allow the F-35 to identify an adversary by the return of its engines and emissions. “It has the best combat ID suite of any fighter I have ever come across,” he says. “And it has the most advanced suite of countermeasures of any fighter airplane.” In addition, he points out thatthe F-35 carries 18,500 pounds of onboard fuel, meaning it can stay in the fight longer than its fourth generation counterparts. That range of capability – operating at distance, onboard electronic warfare, target identification, common situational awareness, and the ability to engage for longer duration – suggests a change in tactics. O’Bryan says young pilots entering the F-35 program are already starting to think of new ways of operating. “They are getting very innovative. I have seen them in the simulator do things that I have learned from, things to create deception and surprise.” But that, too, will remain classified.
引用URL(ページ36~37)






  • 最終更新:2017-07-21 22:26:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード