その他

あまり知られていない物、分類が難しい物など

F-35の洗浄

画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示
雑い




 




 



F-35のジェネレーター発電量は、双発のF-22ラプターよりも大きい───F-16=51kW  F-22=130kw  F-35=160kW

F-16 = 34~51kW
F-16 40/60KVAメイン・ジェネレーター(発電機)
F-16 40/60 KVA Main Generator
kVa→kWへの変換
34kW(力率0.85の場合(0.85×40kVa))
51kW(力率0.85の場合(0.85×60kVa))
引用URL


F-22 = 130kW (65kW×2)
F-22はスミスインダストリーズ270ボルト直流(DC)エレクトリカルシステムを使用している。それは二つの65kWジェネレーター(発電機)を使用している。
The F-22 uses a Smiths Industries 270 volt, direct current (DC) electrical system. It uses two 65 kilowatt generators.
引用URL


F-35 = 160kW
メインF-35ジェネレーター(発電機)は、合計50戸の家庭で使用されるエネルギーに相当する270Vdc(Vdc直流電圧)パワー(電力)の160kWを供給する。
The main F-35 generator supplies 160 kW of 270 Vdc (volts direct current) power, equivalent to the energy used by a total of 50 homes.
引用URL

画像を表示
引用URL



 





 





F-35のメモリは、今のところ96ギガバイト

決算委員会
オーラルエビデンス:キャリアストライクの提供、HC 394
2017年10月11日水曜日
下院が2017年10月11日に公表することを命じた。
会議を見る
メンバー:メグ・ヒリアー(議長);ビム・アフラミ;マーティン・デイ;クリス・エバンス;キャロライン・フリント;ルーク・グラハム;ナイジェル・ミルズ;ブリジット・フィリップソン;ガレス・スネル。
質問1-92
証人
私:ステファン・ラブグローブ、事務次官、国防省、マーク・ポフリー中将、国防長官(軍事能力)、国防省、およびグレーム・マッケイ少将、キャリアストライクディレクター、MOD。
Q76
ルーク・グラハム:様々な種類のデータがあり、様々なレベルの復元力を持つことに感謝するが、私が正しく理解すれば、資産の全期間に渡ってセキュリティと能力を進化させる能力を与えることができることは非常に快適である。
米国との相互運用性について、相互運用性を確実にするための十分な資金と、今後の進歩を見据えた自国の軍事費よりもはるかに高い軍事支出を考慮していますか?

ステファン・ラブグローブ:現在の予算は2026年に上がり、コストエンベロープ内で現在と2026年の間で現実に予測できる全てを行うことができると確信している。プラットフォームはそれよりもはるかに長い寿命を持つだろう。
私は、2026年に利用可能になる技術能力がどのようなものかは分からない。それは10年後のことであり、私は単に知らない;誰も知らない。
その地点に何が起こる必要があるかを見極める必要はあるが、2026年までに存在するコストエンベロープ内において、私たちはかなり快適である。

いくつかの誤解、特にF-35についての誤解が最近報道されている。
例えば、それはiPhoneよりもメモリが少ないなど、そのような感じの物である。
これらはひどく不正確である。──これらとは、つまり10ギガバイトなどと。

F-35は、機種によって、1つの航空機上に500~1000個の別々のプロセッサがある。
それらのほとんどは、それらに付随するメモリを持っており、私が知っているそれらのメモリの内の2つのビット数は、96ギガバイトである。
500~1000個のプロセッサの中には、膨大な量の機能や冗長性などがすでに組み込まれている。2026年にどうなるか私は分からないが、現時点では私たちは快適である。
Public Accounts Committee
Oral evidence: Delivering Carrier Strike, HC 394
Wednesday 11 October 2017
Ordered by the House of Commons to be published on 11 October 2017.
Watch the meeting
Members present: Meg Hillier (Chair); Bim Afolami; Martyn Day; Chris Evans;
Caroline Flint; Luke Graham; Nigel Mills; Bridget Phillipson; Gareth Snell.
Q76
Luke Graham: I appreciate that there are lots of different types of data, and they will have different levels of resilience, but if I understand correctly, you are quite comfortable that existing budgets will be able to give you the capacity to evolve security and capability over the life of the assets.
On the interoperability that we are trying to have with the United States, will we have sufficient funding to ensure that interoperability, with the advancements that they have, and in the light of their significantly higher military spending than ours?
Stephen Lovegrove: Existing budgets go up to 2026, and we are confident that we can do everything that we can realistically foresee between now and 2026 within that cost envelope. The platforms will have a much longer life than that.
I do not know what the capabilities of the technology available in 2026 will be. That is 10 years out, and I simply don’t know; nobody knows.
We will have to take a view as to what needs to happen at that point, but within the cost envelope that exists to 2026, we are pretty comfortable.
Some misconceptions, particularly about the F-35, have been in the press recently—for instance, that it has less memory than the iPhone, and things like that.
These are wildly inaccurate—I mean, 10 gigabytes. On an F-35, depending on the model, there are somewhere between 500 and 1000 separate processors on one single aircraft. Most of them have got memory associated with them, and two of those bits of memory I know are 96 gigabytes.
Among 500 to 1000 processors there is an enormous amount of capability, redundancy and so on that is built in already.
What it’s going to be like in 2026, I don’t know, but for the moment we are comfortable.
引用URL





10万飛行時間達成

画像を表示
引用URL




F-35がアムラームで弾道ミサイル防衛を行う構想

F-35は北朝鮮ミサイルを撃墜する可能性がある
2017年12月4日James Drew
もしも、11月28日に北朝鮮の火星15大陸間弾道ミサイルが打ち上げられてから数秒後に、4発のレイセオンAIM-120アムラームで武装したロッキードマーティンF-35が、そのミサイルと交戦し破壊したと想像する。
これは、いくつかのこじつけられたコンセプトやマーケティング戦略ではない。
それは、米国防総省が今後、北朝鮮やイランのミサイルを「動的に」迎撃することが出来る1つの方法である。

11月初旬、ミサイル防衛推奨連盟が主催するワシントンのイベントで、Duncan Hunter(R-Calif)議員がこのコンセプトの賛成に回ったことを表明した。
彼はF-35が、これらの破壊的な核搭載物が大気圏から離脱する前に、ミサイルを撃墜するべきだと述べた。
Hunterによると、北朝鮮はAIM-120Dの射程内にあり、一部の場所は120kmの広さしかなく、イランのミサイルではクウェート内から標的にすることが出来る。

「それは神の業のようなものだ。」Hunterは言う。
あなたはF-35を持ち、あなたはAMRAAMを持っており、これらが上昇するにつれてこれらの物を撃墜することが出来る。

空軍JSF統合オフィスを率いるトム・ローヘッドによると、ノースロップグラマンはF-35の弾道ミサイルの検出と追跡能力を数年間テストしていると語っている。
同社は、F-35の電子光学/赤外線6センサーAAQ-37分散開口システム(DAS)と、APG-81アクティブ電子走査レーダーを開発し、ミサイル防衛のためのアプリケーションに投資してきた。
2014年10月、ノースロップは、地上基地の分散開口システム(DAS)と、レーダー装備テストベッド航空機を使用し、このコンセプトのエンドツーエンド(端末相互間)テストを実施した。

その情報は、データリンクを介して相関され、AMRAAMまたはイージスミサイル駆逐艦(DDG)が使用するための十分に正確な、迎撃品質のターゲティング・データを生成した。
ローヘッドは、ミサイル防衛はF-35計画の一部ではなく、より多くの分析を行う必要があると述べている。
しかし、彼はそれが実現可能であると言い、ノースロップはF-35のこのポテンシャルを解き放つために、開始から統合まで約3年を要すると考えている。

彼は、運用F-35飛行隊がこの任務をどのように実行するかについては訓練を受ける必要があり、パイロットはそのミサイルが出現してから瞬時に撃墜するための権限を持っていなければならないと言う。
「ディープ・ストライク・ミッションは真にF-35の本業である。」と彼は指摘する。
下院軍事戦略軍小委員会のメンバーであるHunterは、彼のオフィスは、AIM-120装備のF-35をミサイル防衛に使用するロードマップを提案するため、ロスアラモスとリバモア国立研究所と協力していると言う。
分散開口システム(DAS)は、ロケットや大砲の発射と、キュー妨害を検出するために導入されたが、その技術は遥かに多くのアプリケーションを有している。
F-35s Could Shoot Down North Korean Missiles [BEST READ IT ALL AT SOURCE]
04 Dec 2017 James Drew
"Imagine if seconds after North Korea’s Hwasong-15 intercontinental ballistic missile lifted off on Nov. 28, a Lockheed Martin F-35 armed with four Raytheon AIM-120 Advanced Medium-Range Air-to-Air Missiles (Amraams) engaged the missile and destroyed it. This isn’t some far-fetched concept or marketing ploy. It is one way the U.S. Defense Department could conduct “kinetic” intercepts of North Korean or Iranian missiles in the future.
In early November, at an event in Washington hosted by the Missile Defense Advocacy Alliance, Rep. Duncan Hunter (R-Calif.) threw his support behind this concept. He said F-35s should be shooting down missiles before they can escape the atmosphere with their devastating nuclear payloads. Hunter said North Korea is only 75 mi. (120 km) wide in some places, well within the range of an AIM-120D, and Iranian missiles can be targeted from inside Kuwait.
“It’s like an act of God,” Hunter says. “You have F-35s, you have Amraams, and you can shoot these things down as they go up.”
Tom Lawhead, who heads the Air Force Joint Strike Fighter Integration Office, says Northrop Grumman has been testing the F-35’s ability to detect and track ballistic missiles for several years. The company developed the F-35’s six-sensor, electro-optical/infrared AAQ-37 distributed aperture system and APG-81 active electronically scanned fire control radar, and it has been investing in applications for missile defense.
In October 2014, Northrop conducted an end-to-end test of this concept, using a ground-based distributed aperture system and radar-equipped testbed aircraft. The information was correlated via datalink to produce intercept-quality targeting data, accurate enough for an Amraam or Aegis guided-missile destroyer to use.
Lawhead says missile defense isn’t part of the F-35 program of record, and much more analysis needs to be done. But he says it is feasible, and Northrop believes it would take about three years from start to integration to unlock this potential in the F-35. He says operational F-35 squadrons would need to be trained on how to perform this mission, and pilots must have the authority to shoot the missiles down the moment they pop up. “Deep-strike missions really are the bread and butter of the F-35,” he notes.
Hunter, a member of the House Armed Services strategic forces subcommittee, says his office has been working with the Los Alamos and Livermore national laboratories to come up with a road map for using AIM-120-equipped F-35s for missile defense. The distributed aperture system was introduced to detect rocket and artillery fire and cue countermeasures, but the technology has far more applications.
引用URL







ロケット砲弾を誘導するF-35B

海でHIMARSを発射する。:MAGTFの進化における事例研究。
10/25/2017:
バッテリーRを搭載した米海兵隊、第5大隊、第1海兵連隊、第1海兵師団は、2017年10月22日の演習ドーン・ブリッツで、USSアンカレッジ(LPD-23)のハイモビリティ砲兵ロケットシステム(HIMARS)からロケットを発射する。
ドーン・ブリッツ17は、水陸両用軍がF-35BライトニングⅡとHIMARSを演習で統合し、伝統的に海兵遠征旅団/遠征打撃群や海兵遠征部隊/両用即応グループのレベルで使用されていないプラットフォームの能力を検証する。

10.22.2017ビクトリア・デッカー兵長による動画。第1海兵遠征旅団

USMCによれば、ハイモビリティ砲兵ロケットシステムは以下のように記述されている。
HIMARSは、武器弾薬のマルチ発射ロケットシステムファミリー(MFOM)で現在および将来の全ロケットとミサイルを発射することが出来る、C-5輸送が可能な、車輪付き間接射撃ロケット/ミサイルシステムである。
HIMARSランチャーは、火器制御システム、キャリア(自動車用プラットフォーム)、および射撃ミッションを完了するために必要な全ての操作を実行するランチャーローダーモジュールで構成されている。

基本的なシステムは、1台のランチャー、1台の補給車両、2台の補給トレーラーで定められている。
HIMARSは、海兵隊の射撃支援の識別における危機的な戦闘能力不足を解決する。
HIMARSは、MAGTFを支援する精密な射撃を提供するために、誘導マルチ発射ロケットシステム(GMLRS)ロケットを採用している。

HIMARSは、全ての気象条件および陸上戦闘運用の全段階で、致死的に精度の高い射撃を伴う長距離(40マイルを超える)目標と正確に交戦し、精密間接射撃システムを強化する変形的で反応性の高い、全体的な支援/全般支援増援である。
しかしこれは、分散した戦闘空間における戦いにどのように貢献できるかということではなく、プラットフォーム中心の記述である。
海兵隊にとっては、HIMARSは陸上で使用することができ、また、ドーン・ブリッツの間に、水陸両用船からも発射することが出来ることを証明した。

そして、最近のWTIの演習では、F-35がHIMARS発射のトリガーとして作動した。
この開発は、見過ごされたりする単純な地上発射能力に対する従来航空機のサポートのように見える。
しかし、それはそうではない。
F-35に搭載されているセンサーは、彼らの作戦や、HIMARSの場合も同様に、破壊する重要なターゲットに対し弾道をガイドするために地上部隊と共有することができ、かなりの距離でターゲットを識別する能力を提供する。

F-35のコックピットには意思決定能力が組み込まれているため、パイロットは地上射撃支援のための重要なチョークポイント(難所)ターゲットを識別し、戦闘で自ら武器を追加することが出来る。
言い換えれば、F-35は地上支援を行うのではなくむしろ、地上射撃を総合的な分散攻撃部隊に統合することを可能にする。
F-35とHIMARSの統合と船上発射は、USMC変遷の事例研究であるが、彼らが以前からずっと行っているより高度な行動方法であり、単なる事例研究ではない。
FIRING HIMARS AT SEA: A CASE STUDY IN THE EVOLUTION OF THE MAGTF
10/25/2017: U.S. Marines with Battery R, 5th Battalion, 11th Marine Regiment, 1st Marine Division launch a rocket from a High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS) off the USS Anchorage (LPD-23) during Exercise Dawn Blitz, Oct. 22, 2017.
Dawn Blitz 17 allows the amphibious force to integrate the F-35B Lightning II and HIMARS into the exercise to validate a capability with platforms not traditionally used at the Marine Expeditionary Brigade/Expeditionary Strike Group or Marine Expeditionary Unit/Amphibious Ready Group levels.
10.22.2017
Video by Lance Cpl. Victoria Decker
1st Marine Expeditionary Brigade
According to the USMC, the High Mobility Artillery Rocket System is described as follows:
HIMARS is a C-5 transportable, wheeled, indirect fire, rocket/missile system capable of firing all current and future rockets and missiles in the Multiple-Launch Rocket System Family of Munitions (MFOM).
The HIMARS launcher consists of a fire control system, carrier (automotive platform), and launcher-loader module that performs all operations necessary to complete a fire mission.
The basic system is defined as one launcher, one resupply vehicle, and two resupply trailers.
HIMARS addresses an identified, critical warfighting deficiency in Marine Corps fire support.
HIMARS employs the Guided Multiple Launch Rocket System (GMLRS) rocket to provide precision fires in support of the MAGTF. HIMARS is a transformational, responsive, general-support/general-support reinforcing precision indirect fire weapon system that accurately engages targets at long ranges (in excess of 40 miles) with high volumes of lethal precision fires in all weather conditions and throughout all phases of combat operations ashore.
But this is a platform-centric description not how it can contribute to the fight in a distributed battlespace.
For the Marines, the HIMARS can be used ashore or as they have just demonstrated can be fired from an amphibious ship as well during Dawn Blitz.
And in the most recent WTI exercise, the F-35 operated as the trigger for HIMARS firing.
This development can be missed or simply look like legacy aircraft support to a ground firing capability.
But it is not.
U.S. Marines with Battery R, 5th Battalion, 11th Marine Regiment, 1st Marine Division launch a rocket from a High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS) off the USS Anchorage (LPD-23) during Exercise Dawn Blitz, Oct. 22, 2017. Dawn Blitz 17 allows the amphibious force to integrate the F-35B Lightning II and HIMARS into the exercise to validate a capability with platforms not traditionally used at the Marine Expeditionary Brigade/Expeditionary Strike Group or Marine Expeditionary Unit/Amphibious Ready Group levels. (U.S. Marine Corps photo by Sgt. Logan Block)
The F-35s sensors onboard provide significant range and ability to target discriminate which can be shared with the ground force to guide their operational trajectories as well as, in the case of HIMARS, a key target to destroy.
With the decision-making ability built into the cockpit of the F-35, the pilots can identify key choke point targets to support ground fires and can themselves add weapons to the fight.
In other words, rather than doing class ground support, the F-35 is capable of integrating the ground fires into an overall distributed strike force.
HIMARS integration with F-35 and the shipboard firing are case studies of the transition of the USMC and not simply case studies of more advanced ways of doing what they have been doing.
引用URL




E-3 AWACSやE-8 JSTARSが活動することが出来ない敵の防空空域内において、F-35が役立つ

なぜF-35が連合英国の戦いにとって貴重な資産なのか
Byジョージ・アリソン 2017年9月27日
21世紀の空軍の重要な要素は、明らかに連合運用における作用および円滑な実行であり、F-35はユニークな統合空中戦闘能力を提供し、これにより連合の統合または同盟F-35は共通して支援することが出来る。
F-35はこれらの能力を発揮するために最初からそう設計されており、空軍連合全体で相互運用が可能である。

この実現可能性の核心は、2つのネットワークである。:Link-16と、新たなマルチファンクションアドバンスドデータリンク(MADL)。
これらのシステムは、F-35がほぼ全ての現在および将来のNATOアセットと通信することを可能にする。

Link-16は現在、NATO加盟国のフィールドにあるほとんどの既存プラットフォームで利用されており、F-35は多国籍軍の構造にシームレスに統合することが出来る。
MADLは、NATOで初の高帯域幅で検出と傍受の可能性が低い物として現在のネットワークを補完するだろう。

MADLの基本的な設計機能として、展開した連合の全てのNATO軍F-35は、接近阻止・領域拒否A2/AD環境の中において通信を可能にする。
F-35バリエーションを使用しているイギリスと連合軍の連携の可能性は重要であり、F-35は連合の戦いの観点から、今日飛んでいるあらゆる全ての部隊の状況意識をさらに高め、連合軍の能力を飛躍的に向上させる。

そのようなものは、その航空機のセンサーおよびデータ融合能力であり、少数のF-35により、E-3 AWACSやE-8 JSTARSのようなプラットフォームが活動することが出来ない防空空域内において、イギリスと連合同盟国に状況認識を提供することが可能になる。
F-35は、非ステルスの飛行隊を比較的安全な距離から攻撃させるために、防空空域内における優先ターゲットを発見して指示することが可能であり、連合の能力をさらに強化する。

F-35の価値は、ステルス能力や戦闘能力だけでなく、戦闘空間において作られるフライング・センサー・ネットワークにもある。
F-35が他のアセットの戦闘能力を大幅に向上させる能力は、F-35Bとイージス・ウェポンシステムが実演射撃演習の間、一緒に働いたときに実証され、F-35はセンサーのデータを他のプラットフォームに渡し、ターゲットと交戦した。

F-35を広域センサーとして使用すると、ターゲットを検出、追跡、および交戦する軍艦の能力を大幅に高めることが出来る。
エドワーズ空軍基地に拠点を置く海兵隊運用試験・評価飛行隊の未改造米海兵隊F-35Bは、水平線の向こう側の脅威を検出するためのエレベーテッド(高々度)・センサーとして活動した。

その後その航空機は、海上で船をシミュレートするために設計された陸上発射施設であるUSSデザートシップに接続された地上局に、MADLを介してデータを送信した。
最新のイージス・ウェポンシステム・ベースライン9.C1と、スタンダードミサイル6を使用し、そのシステムは正常にターゲットを検出して交戦した。

この演習は、海軍統合火器管制カウンターエアをサポートするF-35の統合を上手く実証し、F-35Bが他の海軍アセットとの相互運用性についての非常に有望な調査を示した初の実演ミサイル発射だった。
F-35Bは、配備される軍の状況意識を大幅に強化し、配備される数が懸念される英国のために、あらゆる連合や国家の努力の中において戦闘能力を強化させる素晴らしい方法となる。
Why the F-35 is an invaluable asset for the UK in coalition warfare
By George Allison - September 27, 2017
A key element of 21st century air power is clearly working and smoothly implemented coalition operations, the F-35 provides a unique integrated air combat capability whereby coalitions of joint or allied F-35s can be supported in common. The F-35 was designed from the outset to bring these capabilities while also being interoperable across a coalition of air power. Two networks are core to this operability: the Link-16 and the new Multi-Function Advanced Datalink (MADL). These systems allow the F-35 to communicate with nearly all current and future NATO assets. Link-16 is currently utilised by most existing platforms fielded by NATO members and will allow F-35 to integrate seamlessly into a coalition force structure. MADL will complement the current networks as NATO’s first high bandwidth, low probability of detect and intercept connection. The fundamental design features of MADL enable all NATO F-35s in a deployed coalition to communicate within an Anti-Access/Area Denial environment. The potential for cooperation between the United Kingdom and coalition forces all using the F-35 variants is significant, in terms of coalition warfare the F-35 further increases the situational awareness of all parties to a greater extent than anything flying today, resulting in a quantum leap in capability for coalition forces. Such is the aircrafts sensor and data fusion capabilities, a small number of F-35s could provide the UK and her coalition allies with situational awareness within defended airspace where platforms such as E-3 AWACS and E-8 JSTARS would be unable to operate. F-35s could find and designate priority targets within defended airspace for a less stealthy fleet to attack from a relatively safe distance, further enhancing coalition capability. The F-35s value is not only in its stealth or combat capability, it’s also in the flying sensor network it creates in the battle space. The ability of the F-35 to drastically improve the combat capability of other assets was demonstrated recently when an F-35B and Aegis Weapon System worked together during a live fire exercise, with the F-35 passing sensor data to another platform which then engaged the target. Using the F-35 as a broad area sensor can significantly increase a warships ability to detect, track and engage a target. An unmodified US Marine Corps F-35B from the Marine Operational Test and Evaluation Squadron, based in Edwards Air Force Base, acted as an elevated sensor to detect an over-the-horizon threat. The aircraft then sent data through its Multi-Function Advanced Data Link to a ground station connected to USS Desert Ship, a land-based launch facility designed to simulate a ship at sea. Using the latest Aegis Weapon System Baseline 9.C1 and a Standard Missile 6, the system successfully detected and engaged the target. The exercise was the first live fire missile event that successfully demonstrated the integration of the F-35 to support Naval Integrated Fire Control-Counter Air and represent a very promising exploration into the interoperability of the F-35B with other naval assets. The F-35B will drastically increase the situational awareness of the forces with which it will deploy and for the UK, where deployed numbers may be a concern, it represents a fantastic way to enhance combat capability in any coalition or national effort.
引用URL




E-2などの空中早期警戒機がいない場合、F-35が役立つ

1990年代、USNとUSMCは、3つの軍艦、潜水艦、ARG(Amphibious Ready Group)とP-3オリオン航空機によるESG(Expeditionary Strike Group)の組み合わせを試みたが、その努力はコマンド・アンド・コントロール(C2=指揮・統制)の限界によって妨げられた。
それ以来、テクノロジーは大きな変化を遂げており、F-35Bのセンサーは、E-2ホークアイのような空中早期警戒機がいない場合、多くの情報を収集するのに役立つだろう。
In the 1990s the USN and USMC attempted an ESG combination of three warships, a submarine, an ARG and a P-3 Orion aircraft, but that effort was stymied by command and control limitations.
Technology has moved a long way since then, and the sensors of the F-35B will help collect a lot of information in the absence of an airborne early warning aircraft like the E-2 Hawkeye.
引用URL





F-35に興味を持つアメリカ陸軍

米陸軍はF-35をミサイル防衛センサーとして注目
ハンツビル、アラバマ州──米陸軍は、ロッキードマーティンF-35ライトニングⅡに興味を持っているが、爆弾を投下したり、近接航空支援をしたり、ドッグファイトをしたりするためではない。
そのサービスは、F-35が統合された防空ミサイル防衛のための空中センサーとしての可能性を秘めていると考えている。
F-35は、ノースロップグラマンE-2Dアドバンスド・ホークアイが空中脅威の早期検出と追跡のために米海軍の目として行動するのと同じように、本質的に陸軍を支援することが出来る。

それは、これらの脅威が地上レーダーに映るよりもずっと速くに、ペトリオットなどの地上発射迎撃システムにターゲティング・データを提供することが出来る。
米陸軍宇宙ミサイル防衛コマンド/陸軍戦略コマンド(USASMDC/ARSTRAT)の関係者は、F-35コミュニティがどのように防空ミサイル防衛ミッションを支援できるかを調査するために、機密扱いのフォーラムが設立されたと述べた。
USASMDC/ARSTRATの将来戦闘センターのディレクターRichard De Fattaは、弾道ミサイルと巡航ミサイルをやっつけるためにJSFをどのように統合するかについての議論が進行中であると述べる。

「それは素晴らしい能力なので、オーバーヘッド・アセット(全てを含んだ利点)としてどこで貢献できるか見てみよう。」と彼は8月7日にレイセオンが主催するフォーラムで、毎年開催される宇宙ミサイル防衛シンポジウムに先立ち語った。
「我々はどこでそれを行えるのか、可能なことは何かを考えている。」
議論の参加者には、F-35プログラムオフィスと、米空軍などの運用ユーザーが含まれる。

陸軍のF-35への興味は、2016年の海軍によるデモンストレーションにおいて海兵隊F-35Bが無人標的機に対してレイセオンのスタンダード・ミサイル-6の誘導に成功したことに興味を持っている。
その飛行試験は、数年にわたる議論と準備の後2016年9月12日にニューメキシコのホワイトサンズミサイルレンジで行われた。
ロッキード関係者は、そのデモンストレーションでは、最初のトライでターゲットの質量中心に命中する結果になったと語った。

このテストでは、ロッキードの最も主要な軍事システムであるF-35とイージス・コンバットシステムの2つを組み合わせた。
F-35のアクティブ電子走査アレイレーダーからのターゲティング・データは、航空機の安全なデータ中継システムである低確率傍受マルチファンクションアドバンストデータリンク(MADL)を介してホワイトサンズのイージス「デザート・シップ」に渡された。

海軍の究極の目標は、F-35と他の空中センサーを次世代ネットワークアーキテクチャである海軍統合火器管制カウンターエア(NIFC-CA)にシームレスに統合することである。
E-2Dの代替機ではないが、低被観測性のあるF-35は、より速く飛行し、より残存可能(敵の攻撃などによく耐え任務を継続できる)である。
その航空機のステルス機能により、検出されずに潜在的な脅威に接近することが可能になる。

陸軍は、空中脅威の検出と追跡のために、JLensのような繋留型気球を長年追求してきた。
しかし、気球、飛行船およびバルーンは、長期的な運用ははるかに安価ではあるが、戦闘機よりもはるかに即応性が低い。
U.S. Army Eyes F-35 As Missile Defense Sensor
Aug 8, 2017 James Drew | Aerospace Daily & Defense Report
HUNTSVILLE, Alabama—The U.S. Army is interested in the Lockheed Martin F-35 Lightning II, but not for dropping bombs, close air support or dogfighting. The service believes the F-35 has potential as an airborne sensor for integrated air and missile defense. The F-35 could essentially support the Army the same way that the Northrop Grumman E-2D Advanced Hawkeye acts as the eyes of the U.S. Navy for early detecting and tracking of airborne threats. It could provide targeting data to land-based interceptor systems such as Patriot long before those threats show up on ground radars. An official with the U.S. Army Space and Missile Defense Command/Army Forces Strategic Command (USASMDC/ARSTRAT) says a classified forum has been established to investigate how the F-35 community can support the air and missile defense mission. Richard De Fatta, director of the USASMDC/ARSTRAT’s future warfare center, says discussions are ongoing about how to integrate the Joint Strike Fighter for taking out ballistic and cruise missiles. “It’s a great capability, so let’s see where it can contribute as an overhead asset,” he said at a Raytheon-sponsored forum here on Aug. 7, ahead of the annual Space and Missile Defense Symposium. “We’re seeing where we could go with it and what’s the art of the possible.” Participants in the discussions include the F-35 program office and operational users such as the U.S. Air Force. Army interest in the F-35 follows a successful demonstration by the Navy in 2016, during which a Marine Corps F-35B directed Raytheon’s Standard Missile-6 against a target drone. The flight test took place at the White Sands Missile Range in New Mexico on Sept. 12, 2016, after several years of discussion and preparation. A Lockheed official said the demonstration resulted in a center-off-mass hit of the target on the first try. The test combined two of Lockheed’s most prominent military systems, the F-35 and Aegis Combat System. Targeting data from the F-35’s active electronically scanned array radar was passed to the Aegis “Desert Ship” at White Sands via the aircraft’s secure data relay systems, the low-probability-of-intercept Multifunction Advanced Data Link (MADL). The Navy’s ultimate goal is to seamlessly integrate the F-35 and other airborne sensors into its next-generation networking architecture, the Naval Integrated Fire Control-Counter Air. Although not a substitute for the E-2D, the low-observable F-35 flies faster and is more survivable. The aircraft’s stealth features allow it to get closer to potential threats without being detected. The Army has long been pursuing tethered aerostats, such as JLens, for detection and tracking of airborne threats. But aerostats, airships and balloons are far less responsive than a fighter jet, despite being far cheaper to operate long-term.
引用URL





F-15を強化するF-35

F-35のセンサーフュージョン能力は、F-15に前例のない状況認識を与えることで、イーグル(F-15)をハイエンドな脅威に対してより効果的に戦えるようにする。
The sensor fusion capability of the F-35 gives the F-15 an unprecedented situational awareness which allows the Eagle to fight more effectively against high-end threats
「F-35Aのセンサーフュージョン能力は、ハイエンドな脅威に対して戦闘しているとき、計り知れないほどの前例のない状況認識を[我々のF-15たち]に提供する。」F-15Cパイロットで運用の第493戦闘飛行隊ディレクター、スコット・テイラー中佐は説明した。
「それは、ターゲットに対して、私たちがより速く、より正確な決定を可能にすることが鍵である。」

F-35パイロット第34代戦闘隊司令官ジョージ・ワトキンス中佐が語った通り、その飛行隊はシンプルなミッションを飛行して訓練の展開を開始し、そしてより複雑なシナリオへと移行した。
「私たちは、基本戦闘機動(BFM)と空中戦闘機動(ACM)、同様に空対地ミッションを飛行している。
我々は、シミュレーションされた地上ターゲットに到達するために空対空戦闘を行い、そして一回私たちがそれらをやっつけると、我々は指定された「セーフ(安全)」ゾーン(範囲)に戻るために空対空戦闘を行う。」彼は説明した。

訓練に参加したパイロットによると、F-35Aのステルスとセンサー能力は第4世代機の生存性を向上させ、第4世代機はF-35Aをより致死的にする。
「その航空機のステルスは、他の航空機では行くことが出来ない場所へ行くことを可能にし、我々はセンサーと通信によってターゲットの識別を可能にすることで、私たちは第4世代機で空域を支配することが可能になる。」ワトキンスは言った。

F-15Cはまた、F-35Aに対して飛行する機会があった。
「私にとって、F-15に対してのドッグファイティングは初めてのことだった。」少佐は言った。ルーク・ハリス第34戦闘機飛行隊F-35Aパイロット。
「ドッグファイティングはパイロット・スキルのテストで、それはまた、航空機の能力によって強要された物でもあるが、F-35の飛行制御と機動性には本当にずっと感動していた。」
しかしながら、F-35パイロットは「視覚的接触」において発見されずに飛行し、敵が防御的に反応する瞬間よりも先に空中ターゲットと交戦するということは、彼がF-16で飛行していたときに使用していた第4世代の戦術よりも有利である、とハリスは説明した。
“The sensor fusion capability of the F-35A gives [our F-15s] unprecedented situational awareness which is invaluable when you’re fighting against a high-end threat,” explained Lt. Col. Scott Taylor, a F-15C pilot and the 493rd Fighter Squadron director of operations. “The key is it allows us to make quicker, more accurate decisions on targets.”
As told by Lt. Col. George Watkins, a F-35 pilot and the 34th Fighter Squadron commander, the squadrons started the training deployment by flying simple missions and have then progressed to more complex scenarios.
“We’ve been flying basic fighter maneuvers and air combat maneuvers, as well as air to ground missions. We fight air to air to get to simulated ground targets and once we take them out, we fight air-to-air to get back to our designated ‘safe’ zone,” he explained.
According to the pilots involved in the training the F-35A’s stealth and sensor capabilities increase the survivability of fourth generation aircraft and fourth generation aircraft make the F-35A more lethal.
“The stealth of the aircraft allows us to go where other aircraft cannot and our sensors and communication allow us to identify targets and allow fourth generation aircraft to dominate the airspace,” Watkins said.
F-15Cs had also the chance to fly against the F-35A.
“For me, it’s my first time dogfighting against an F-15,” said Maj. Luke Harris, a 34th Fighter Squadron F-35A pilot. “Dogfighting is a test of pilot skill, but it’s also constrained by the aircraft’s capabilities and I’ve been really impressed by the flight control and maneuverability of the F-35.”
However as explained by Harris, F-35 pilots fly undetected to a “visual merge” and engage air targets before enemies have time to react defensively, which is an advantage over the fourth generation tactics he employed when he flew the F-16.
引用URL




F-B-E / A-RC-E-AWACS-35

しかし、ステルスはF-35が提供する物の中の「一部分にすぎない」と、デプチューラ(空軍協会ミッチェル航空宇宙学研究所の米空軍退役中将)は主張した。
その航空機は、「センサー・シューターとして考える必要がある。」と彼は言った。
F-35は、伝統的な戦闘機、爆撃機、電子戦航空機、偵察機、そして特殊電子およびAWACSプラットフォーム等に見られる能力を統合するので、実際には「F-B-E/A-RC-E-AWACS-35」と考えるべきである。
But stealth is “only one part” of what the F-35 offers, Deptula argued.
The aircraft “needs to be thought of as a sensor-shooter,” he said. The F-35 should actually be thought of as an “F-B-E/A-RC-E-AWACS-35,” as it will integrate capabilities seen in traditional fighters, bombers, electronic warfare aircraft, reconnaissance planes, and special electronic and airborne warning and control system platforms.
F戦闘(Fighter)
B爆撃(Bombers)
E電子戦(Electronic warfare )
/
A航空機(Aircraft)
RC偵察(Reconnaissance)
E特殊電子(special Electronic)
AWACS(早期警戒管制機=Airborne Warning And Control System)
─35
引用URL




訓練用模擬胴体

画像を表示




MIP (モールド・イン・プレイス=Mold-In-Place)THOR

画像を表示画像を表示画像を表示
引用URL






ドラッグシュート

画像を表示画像を表示





バードストライクテスト

画像を表示




F-35RCSアクセプタンス(容認)テスト施設

画像を表示画像を表示画像を表示
模型とか合成写真とかではないです

画像を表示
F-22の






謎の球体

画像を表示画像を表示


  • 最終更新:2018-02-09 00:11:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード