その他

あまり知られていない物、分類が難しい物など

10万飛行時間達成

画像を表示
引用URL



ブロック3F進捗状況

F-35・3Fソフトウェア・dropの課題が解決した
空軍は、今年の9月または10月に、F-35JSFの最新「3F」ソフトウェア・イテレーション(ソフトウェア開発サイクル)を稼働可能にすることを期待しており、これは追加のテクノロジーを統合し、ステルス機により広い範囲の武器を装備する開発である、とサービス・リーダーは述べた。

開発テスト中いくつかの課題を経験した後、その3Fソフトウェア・dropは現在は改善され、納入のために研ぎ澄まされ向上した、とF-35インテグレーション・オフィス・ディレクターの、スコット・プレウス准将は記者団に語った。
エンジニアは、新たに出現した問題を識別し解決するため、特別な努力をした、と彼は説明した。

「彼らは、彼らが開発テスト中に発見した物によって促進された。彼らは、安定または能力において、ショー・ストッパー(ソフトウェアの致命的なバグ)を少しも全く見なかった。彼らが修復したものに進行中の問題はない。」とプレウスは言った。「パイロットは、彼らの物に非常に自信を持っている。」

JSFの戦闘能力の多くは、そのプラットフォームの技術的能力を向上させるために各々設計された、デベロップメンタル・ソフトウェア・インクリメンツdevelopmental software increments=開発ソフトウェアの増大または「drops(ドロップス)」に織り込まれている。
Air Force: F-35 3F software drop challenges resolved
BY KRIS OSBORNMAY 17, 2017
The Air Force expects to operationalize the F-35 Joint Strike Fighter’s latest “3F” software iteration by September or October of this year, a development which will integrate additional technology and equip the stealth aircraft with a wider range of weapons, service leaders said.
After experiencing some challenges during developmental testing, the 3F software drop is now improved and sharpened up for delivery, Brig. Gen. Scott Pleus, Director, F-35 Integration Office, told reporters.
Engineers made specific efforts to identify and resolve any emerging issues, he explained.
“They are encouraged by the things that they found during developmental testing. They have not seen any show-stoppers in stability or capability at all. There are no ongoing issues with the things they repaired,” Pleus said. “Pilots are very encouraged by what they have seen.”
Many of the JSF’s combat capabilities are woven into developmental software increments or “drops,” each designed to advance the platform’s technical abilities.
引用URL


2017/8/14
来月かそこら以内に、ルークAFBはそのジェットに完全な戦闘能力を提供する3Fソフトウェア・イテレーションで構成された初のF-35を受け取るだろう。
Over the next month or so, Luke AFB will receive its first F-35 configured with the 3F software iteration that gives the jet its full combat capability.
引用URL



E-2などの空中早期警戒機がいない場合、F-35が役立つ

1990年代、USNとUSMCは、3つの軍艦、潜水艦、ARG(Amphibious Ready Group)とP-3オリオン航空機によるESG(Expeditionary Strike Group)の組み合わせを試みたが、その努力はコマンド・アンド・コントロール(C2=指揮・統制)の限界によって妨げられた。
それ以来、テクノロジーは大きな変化を遂げており、F-35Bのセンサーは、E-2ホークアイのような空中早期警戒機がいない場合、多くの情報を収集するのに役立つだろう。
In the 1990s the USN and USMC attempted an ESG combination of three warships, a submarine, an ARG and a P-3 Orion aircraft, but that effort was stymied by command and control limitations.
Technology has moved a long way since then, and the sensors of the F-35B will help collect a lot of information in the absence of an airborne early warning aircraft like the E-2 Hawkeye.
引用URL





F-35に興味を持つアメリカ陸軍

米陸軍はF-35をミサイル防衛センサーとして注目
ハンツビル、アラバマ州──米陸軍は、ロッキードマーティンF-35ライトニングⅡに興味を持っているが、爆弾を投下したり、近接航空支援をしたり、ドッグファイトをしたりするためではない。
そのサービスは、F-35が統合された防空ミサイル防衛のための空中センサーとしての可能性を秘めていると考えている。
F-35は、ノースロップグラマンE-2Dアドバンスド・ホークアイが空中脅威の早期検出と追跡のために米海軍の目として行動するのと同じように、本質的に陸軍を支援することが出来る。

それは、これらの脅威が地上レーダーに映るよりもずっと速くに、ペトリオットなどの地上発射迎撃システムにターゲティング・データを提供することが出来る。
米陸軍宇宙ミサイル防衛コマンド/陸軍戦略コマンド(USASMDC/ARSTRAT)の関係者は、F-35コミュニティがどのように防空ミサイル防衛ミッションを支援できるかを調査するために、機密扱いのフォーラムが設立されたと述べた。
USASMDC/ARSTRATの将来戦闘センターのディレクターRichard De Fattaは、弾道ミサイルと巡航ミサイルをやっつけるためにJSFをどのように統合するかについての議論が進行中であると述べる。

「それは素晴らしい能力なので、オーバーヘッド・アセット(全てを含んだ利点)としてどこで貢献できるか見てみよう。」と彼は8月7日にレイセオンが主催するフォーラムで、毎年開催される宇宙ミサイル防衛シンポジウムに先立ち語った。
「我々はどこでそれを行えるのか、可能なことは何かを考えている。」
議論の参加者には、F-35プログラムオフィスと、米空軍などの運用ユーザーが含まれる。

陸軍のF-35への興味は、2016年の海軍によるデモンストレーションにおいて海兵隊F-35Bが無人標的機に対してレイセオンのスタンダード・ミサイル-6の誘導に成功したことに興味を持っている。
その飛行試験は、数年にわたる議論と準備の後2016年9月12日にニューメキシコのホワイトサンズミサイルレンジで行われた。
ロッキード関係者は、そのデモンストレーションでは、最初のトライでターゲットの質量中心に命中する結果になったと語った。

このテストでは、ロッキードの最も主要な軍事システムであるF-35とイージス・コンバットシステムの2つを組み合わせた。
F-35のアクティブ電子走査アレイレーダーからのターゲティング・データは、航空機の安全なデータ中継システムである低確率傍受マルチファンクションアドバンストデータリンク(MADL)を介してホワイトサンズのイージス「デザート・シップ」に渡された。

海軍の究極の目標は、F-35と他の空中センサーを次世代ネットワークアーキテクチャである海軍統合火器管制カウンターエア(NIFC-CA)にシームレスに統合することである。
E-2Dの代替機ではないが、低被観測性のあるF-35は、より速く飛行し、より残存可能(敵の攻撃などによく耐え任務を継続できる)である。
その航空機のステルス機能により、検出されずに潜在的な脅威に接近することが可能になる。

陸軍は、空中脅威の検出と追跡のために、JLensのような繋留型気球を長年追求してきた。
しかし、気球、飛行船およびバルーンは、長期的な運用ははるかに安価ではあるが、戦闘機よりもはるかに即応性が低い。
U.S. Army Eyes F-35 As Missile Defense Sensor
Aug 8, 2017 James Drew | Aerospace Daily & Defense Report
HUNTSVILLE, Alabama—The U.S. Army is interested in the Lockheed Martin F-35 Lightning II, but not for dropping bombs, close air support or dogfighting. The service believes the F-35 has potential as an airborne sensor for integrated air and missile defense. The F-35 could essentially support the Army the same way that the Northrop Grumman E-2D Advanced Hawkeye acts as the eyes of the U.S. Navy for early detecting and tracking of airborne threats. It could provide targeting data to land-based interceptor systems such as Patriot long before those threats show up on ground radars. An official with the U.S. Army Space and Missile Defense Command/Army Forces Strategic Command (USASMDC/ARSTRAT) says a classified forum has been established to investigate how the F-35 community can support the air and missile defense mission. Richard De Fatta, director of the USASMDC/ARSTRAT’s future warfare center, says discussions are ongoing about how to integrate the Joint Strike Fighter for taking out ballistic and cruise missiles. “It’s a great capability, so let’s see where it can contribute as an overhead asset,” he said at a Raytheon-sponsored forum here on Aug. 7, ahead of the annual Space and Missile Defense Symposium. “We’re seeing where we could go with it and what’s the art of the possible.” Participants in the discussions include the F-35 program office and operational users such as the U.S. Air Force. Army interest in the F-35 follows a successful demonstration by the Navy in 2016, during which a Marine Corps F-35B directed Raytheon’s Standard Missile-6 against a target drone. The flight test took place at the White Sands Missile Range in New Mexico on Sept. 12, 2016, after several years of discussion and preparation. A Lockheed official said the demonstration resulted in a center-off-mass hit of the target on the first try. The test combined two of Lockheed’s most prominent military systems, the F-35 and Aegis Combat System. Targeting data from the F-35’s active electronically scanned array radar was passed to the Aegis “Desert Ship” at White Sands via the aircraft’s secure data relay systems, the low-probability-of-intercept Multifunction Advanced Data Link (MADL). The Navy’s ultimate goal is to seamlessly integrate the F-35 and other airborne sensors into its next-generation networking architecture, the Naval Integrated Fire Control-Counter Air. Although not a substitute for the E-2D, the low-observable F-35 flies faster and is more survivable. The aircraft’s stealth features allow it to get closer to potential threats without being detected. The Army has long been pursuing tethered aerostats, such as JLens, for detection and tracking of airborne threats. But aerostats, airships and balloons are far less responsive than a fighter jet, despite being far cheaper to operate long-term.
引用URL





F-15を強化するF-35

F-35のセンサーフュージョン能力は、F-15に前例のない状況認識を与えることで、イーグル(F-15)をハイエンドな脅威に対してより効果的に戦えるようにする。
The sensor fusion capability of the F-35 gives the F-15 an unprecedented situational awareness which allows the Eagle to fight more effectively against high-end threats
「F-35Aのセンサーフュージョン能力は、ハイエンドな脅威に対して戦闘しているとき、計り知れないほどの前例のない状況認識を[我々のF-15たち]に提供する。」F-15Cパイロットで運用の第493戦闘飛行隊ディレクター、スコット・テイラー中佐は説明した。
「それは、ターゲットに対して、私たちがより速く、より正確な決定を可能にすることが鍵である。」

F-35パイロット第34代戦闘隊司令官ジョージ・ワトキンス中佐が語った通り、その飛行隊はシンプルなミッションを飛行して訓練の展開を開始し、そしてより複雑なシナリオへと移行した。
「私たちは、基本戦闘機動(BFM)と空中戦闘機動(ACM)、同様に空対地ミッションを飛行している。
我々は、シミュレーションされた地上ターゲットに到達するために空対空戦闘を行い、そして一回私たちがそれらをやっつけると、我々は指定された「セーフ(安全)」ゾーン(範囲)に戻るために空対空戦闘を行う。」彼は説明した。

訓練に参加したパイロットによると、F-35Aのステルスとセンサー能力は第4世代機の生存性を向上させ、第4世代機はF-35Aをより致死的にする。
「その航空機のステルスは、他の航空機では行くことが出来ない場所へ行くことを可能にし、我々はセンサーと通信によってターゲットの識別を可能にすることで、私たちは第4世代機で空域を支配することが可能になる。」ワトキンスは言った。

F-15Cはまた、F-35Aに対して飛行する機会があった。
「私にとって、F-15に対してのドッグファイティングは初めてのことだった。」少佐は言った。ルーク・ハリス第34戦闘機飛行隊F-35Aパイロット。
「ドッグファイティングはパイロット・スキルのテストで、それはまた、航空機の能力によって強要された物でもあるが、F-35の飛行制御と機動性には本当にずっと感動していた。」
しかしながら、F-35パイロットは「視覚的接触」において発見されずに飛行し、敵が防御的に反応する瞬間よりも先に空中ターゲットと交戦するということは、彼がF-16で飛行していたときに使用していた第4世代の戦術よりも有利である、とハリスは説明した。
“The sensor fusion capability of the F-35A gives [our F-15s] unprecedented situational awareness which is invaluable when you’re fighting against a high-end threat,” explained Lt. Col. Scott Taylor, a F-15C pilot and the 493rd Fighter Squadron director of operations. “The key is it allows us to make quicker, more accurate decisions on targets.”
As told by Lt. Col. George Watkins, a F-35 pilot and the 34th Fighter Squadron commander, the squadrons started the training deployment by flying simple missions and have then progressed to more complex scenarios.
“We’ve been flying basic fighter maneuvers and air combat maneuvers, as well as air to ground missions. We fight air to air to get to simulated ground targets and once we take them out, we fight air-to-air to get back to our designated ‘safe’ zone,” he explained.
According to the pilots involved in the training the F-35A’s stealth and sensor capabilities increase the survivability of fourth generation aircraft and fourth generation aircraft make the F-35A more lethal.
“The stealth of the aircraft allows us to go where other aircraft cannot and our sensors and communication allow us to identify targets and allow fourth generation aircraft to dominate the airspace,” Watkins said.
F-15Cs had also the chance to fly against the F-35A.
“For me, it’s my first time dogfighting against an F-15,” said Maj. Luke Harris, a 34th Fighter Squadron F-35A pilot. “Dogfighting is a test of pilot skill, but it’s also constrained by the aircraft’s capabilities and I’ve been really impressed by the flight control and maneuverability of the F-35.”
However as explained by Harris, F-35 pilots fly undetected to a “visual merge” and engage air targets before enemies have time to react defensively, which is an advantage over the fourth generation tactics he employed when he flew the F-16.
引用URL




F-B-E / A-RC-E-AWACS-35

しかし、ステルスはF-35が提供する物の中の「一部分にすぎない」と、デプチューラ(空軍協会ミッチェル航空宇宙学研究所の米空軍退役中将)は主張した。
その航空機は、「センサー・シューターとして考える必要がある。」と彼は言った。
F-35は、伝統的な戦闘機、爆撃機、電子戦航空機、偵察機、そして特殊電子およびAWACSプラットフォーム等に見られる能力を統合するので、実際には「F-B-E/A-RC-E-AWACS-35」と考えるべきである。
But stealth is “only one part” of what the F-35 offers, Deptula argued.
The aircraft “needs to be thought of as a sensor-shooter,” he said. The F-35 should actually be thought of as an “F-B-E/A-RC-E-AWACS-35,” as it will integrate capabilities seen in traditional fighters, bombers, electronic warfare aircraft, reconnaissance planes, and special electronic and airborne warning and control system platforms.
F戦闘(Fighter)
B爆撃(Bombers)
E電子戦(Electronic warfare )
/
A航空機(Aircraft)
RC偵察(Reconnaissance)
E特殊電子(special Electronic)
AWACS(早期警戒管制機=Airborne Warning And Control System)
─35
引用URL




訓練用模擬胴体

画像を表示




MIP (モールド・イン・プレイス=Mold-In-Place)THOR

画像を表示画像を表示画像を表示
引用URL






ドラッグシュート

画像を表示画像を表示





バードストライクテスト

画像を表示




F-35RCSアクセプタンス(容認)テスト施設

画像を表示画像を表示画像を表示
模型とか合成写真とかではないです

画像を表示
F-22の






謎の球体

画像を表示画像を表示


  • 最終更新:2017-08-17 02:50:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード