その他

あまり知られていない物、分類が難しい物など      2018/5/2更新 空対空の言及  2018/4/9追加 空対空の言及  F-35が弾道ミサイル防衛を行う構想が進む

空対空の言及

将来の戦いとF-35
MARC V. SCHANZ アジアでスタッフのチーフと共に旅行2013年8月23日
「第5世代戦闘機と第4世代戦闘機が遭遇した時──[後者]は死ぬ。」ウェルシュは言った。
「私たちは第4世代戦闘機を第5世代戦闘機としてドレスアップすることは出来ない。:我々はその問答から離れなければならない。」彼は言った。
CSAF Gen. Mark Welsh
The Future Fight and the F-35
—MARC V. SCHANZ, TRAVELING WITH THE CHIEF OF STAFF IN ASIA8/23/2013
"When a fifth generation fighter meets a fourth generation fighter—[the latter] dies," said Welsh. "We can't just dress up a fourth generation fighter as a fifth generation fighter; we need to get away from that conversation," he said.
引用URL



プログラム代表の主張、F-35には空中のライバルがいない。
Julian Kerr, シドニー -- IHS Jane's Defence Weekly 2016年2月23日
現在、F-35ライトニングⅡJSFと対決して生き残ることが出来る航空機は世界に存在しない、と2月24日にペンタゴンのF-35JPO代表が言った。
F-35の頑強な防御能力について、クリストファー・ボグダン中将はキャンベラのメディア・ブリーフィングで、そのプログラムの批判者たちは「自分の意見を基づかせるデータを持っていない」と述べた。
「私はデータを持っている」彼は語った。「私はその飛行機を飛ばしているパイロットを持っている。ここで私はあなたに伝えたいことがある。:現在の世界にはF-35に対抗できる飛行機はどこにも存在せず、もし空対空の環境で対抗させる場合、彼らは我々を先に見つけることは出来ず、先に彼らを撃つのは我々であり、我々が先に彼らを殺すだろう。」
Programme head claims F-35 has no rivals in the air
Julian Kerr, Sydney - IHS Jane's Defence Weekly 23 February 2016
No aircraft in the world today could take on the F-35 Lightning II Joint Strike Fighter (JSF) and survive, the head of the Pentagon's F-35 Joint Program Office (JPO) said on 24 February. In a robust defence of the F-35's capabilities at a media briefing in Canberra, Lieutenant General Christopher Bogdan said critics of the programme "have no data to base their opinions on". "I have the data," he said. "I have the pilots who are flying the airplane. Here is what I will tell you: there is not an airplane in the world today anywhere that, if put up against an F-35 in an air-to-air environment, we would not see them first, shoot them first, and kill them first."
引用URL(インターネットアーカイブ)



「飛行するコンピュータに起きること」:マルチドメインの未来についてUSAF、RAFチーフ
By Sydney J. Freedberg Jr.投稿Breaking Defense 公開2018 04 18
「私は戦闘機を飛ばして育った。」空軍参謀総長デビッド・ゴールドフェイン大将は言う。「そして私はあなたに言うだろう、私がF​​-35を見るとき、私はその戦闘機を見ない。私は飛行するコンピューターが起こす物を見る。」
それはF-35だけではない、今朝ゴールドフェインはミッチェル研究所の聴衆に語った。:「同様にイージス巡洋艦についても別の方法で考えなければならない。旅団戦闘団についても別の方法で考える必要がある。」
「私は、これらのシステムを飛行機や艦船ではなく、コンピュータに接続する必要があると強く思っている…。それはあなたに新しい洞察を与える。」ゴールドフェインは公式発言の後で記者たちに述べた。
なので、コンピュータが浮遊しているか潜水しているかという点で考えてみて下さい。;それはトラックや車輪を回し走行する。;それはローターや翼で飛ぶ。
現在、私たちが持っているプラ​​ットフォーム(艦船、潜水艦、戦車、トラック、飛行機、ヘリコプター他)は、20~30年後もまだ大部分を占めるだろうが、「その根本的な問題は、どのようにそれらを接続するかということである。」ゴールドフェインは言う。
「この接続組織は、全長官が話し合っているものであり、全てこのマルチドメイン運用のコンセプトの下で進んでいる。」
しかし、天と地のマルチドメイン運用とは何か?ゴールドフェインは、それが米国の決定的な「非対称的アドバンテージ」だと主張する。

例えば、F-35が中国の最新J-20ステルス戦闘機に対してどうするのかと人々が尋ねたとき、ゴールドフェインは「それは20世紀の議論だ」と言った。
J-20はそれ自身によってF-35を見ることは決して無い。 それは、いくつかの集団が低軌道周回衛星でF-35と接続したところを見るだろう。 それは、ISR(諜報、監視、偵察)、スタンドオフISR、スマート・ウェポン・テクノロジー、軽機動旅団、イージス巡洋艦、同盟国やパートナーが浸透するために繋がっていく所を見るだろう。」
‘A Computer that Happens to Fly’: USAF, RAF Chiefs On Multi-Domain Future
By Sydney J. Freedberg Jr., Contributor, Breaking Defense Public Release – 2018 04 18
“I grew up flying fighters,” says Gen. David Goldfein, the Air Force Chief of Staff, “and I will tell you, when I see the F-35, I don’t see a fighter. I see a computer that happens to fly.” It’s not just the F-35, Goldfein told a Mitchell Institute audience this morning: “You also have to think about an Aegis cruiser in a different way. You’ve got to think about a Brigade Combat Team in a different way.” “I’m so adamant that, if we start thinking about these systems as not the planes or ships or what have you but as computers we need to connect….it gives you new insight,” Goldfein elaborated to reporters after his public remarks. So think in terms of computers that float or submerge; that crawl on tracks or roll on wheels; that fly with rotors or on wings. The platforms we have today — ships, subs, tanks, trucks planes, helicopters, etc. — will mostly still be around in 20 to 30 years, “so the fundamental question then becomes is, how do we connect them,” Goldfein says. “That connective tissue is something all the chiefs are talking about, all moving forward under this concept of multi-domain operations.” But what in heaven and earth is a multi-domain operation? Goldfein argues it’s the United States’ decisive “asymmetric advantage.” When people ask him how the F-35 would fare against China’s new J-20 stealth fighter, for example, he tells them “that’s a 20th century discussion,” Goldfein said. “A J-20 is never going to see an F-35 by itself. It’s going to see an F-35 connected to low earth orbiting satellites in several constellations. It’s going to see it connected to penetrating ISR (intelligence, surveillance, and reconnaissance), stand-off ISR, to smart weapons technology, to a light maneuver brigade, to an Aegis cruiser, to our allies and partners.”
引用URL

 











 


F-35の洗浄

画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示画像を表示
画像を表示
雑い




 




 



F-35のジェネレーター発電量は、双発のF-22ラプターよりも大きい───F-16=51kW  F-22=130kw  F-35=160kW

F-16 = 34~51kW
F-16 40/60KVAメイン・ジェネレーター(発電機)
F-16 40/60 KVA Main Generator
kVa→kWへの変換
34kW(力率0.85の場合(0.85×40kVa))
51kW(力率0.85の場合(0.85×60kVa))
引用URL


F-22 = 130kW (65kW×2)
F-22はスミスインダストリーズ270ボルト直流(DC)エレクトリカルシステムを使用している。それは二つの65kWジェネレーター(発電機)を使用している。
The F-22 uses a Smiths Industries 270 volt, direct current (DC) electrical system. It uses two 65 kilowatt generators.
引用URL


F-35 = 160kW
メインF-35ジェネレーター(発電機)は、合計50戸の家庭で使用されるエネルギーに相当する270Vdc(Vdc直流電圧)パワー(電力)の160kWを供給する。
The main F-35 generator supplies 160 kW of 270 Vdc (volts direct current) power, equivalent to the energy used by a total of 50 homes.
引用URL

画像を表示
引用URL



 





 





F-35のメモリは、今のところ96ギガバイト

決算委員会
オーラルエビデンス:キャリアストライクの提供、HC 394
2017年10月11日水曜日
下院が2017年10月11日に公表することを命じた。
会議を見る
メンバー:メグ・ヒリアー(議長);ビム・アフラミ;マーティン・デイ;クリス・エバンス;キャロライン・フリント;ルーク・グラハム;ナイジェル・ミルズ;ブリジット・フィリップソン;ガレス・スネル。
質問1-92
証人
私:ステファン・ラブグローブ、事務次官、国防省、マーク・ポフリー中将、国防長官(軍事能力)、国防省、およびグレーム・マッケイ少将、キャリアストライクディレクター、MOD。
Q76
ルーク・グラハム:様々な種類のデータがあり、様々なレベルの復元力を持つことに感謝するが、私が正しく理解すれば、資産の全期間に渡ってセキュリティと能力を進化させる能力を与えることができることは非常に快適である。
米国との相互運用性について、相互運用性を確実にするための十分な資金と、今後の進歩を見据えた自国の軍事費よりもはるかに高い軍事支出を考慮していますか?

ステファン・ラブグローブ:現在の予算は2026年に上がり、コストエンベロープ内で現在と2026年の間で現実に予測できる全てを行うことができると確信している。プラットフォームはそれよりもはるかに長い寿命を持つだろう。
私は、2026年に利用可能になる技術能力がどのようなものかは分からない。それは10年後のことであり、私は単に知らない;誰も知らない。
その地点に何が起こる必要があるかを見極める必要はあるが、2026年までに存在するコストエンベロープ内において、私たちはかなり快適である。

いくつかの誤解、特にF-35についての誤解が最近報道されている。
例えば、それはiPhoneよりもメモリが少ないなど、そのような感じの物である。
これらはひどく不正確である。──これらとは、つまり10ギガバイトなどと。

F-35は、機種によって、1つの航空機上に500~1000個の別々のプロセッサがある。
それらのほとんどは、それらに付随するメモリを持っており、私が知っているそれらのメモリの内の2つのビット数は、96ギガバイトである。
500~1000個のプロセッサの中には、膨大な量の機能や冗長性などがすでに組み込まれている。2026年にどうなるか私は分からないが、現時点では私たちは快適である。
Public Accounts Committee
Oral evidence: Delivering Carrier Strike, HC 394
Wednesday 11 October 2017
Ordered by the House of Commons to be published on 11 October 2017.
Watch the meeting
Members present: Meg Hillier (Chair); Bim Afolami; Martyn Day; Chris Evans;
Caroline Flint; Luke Graham; Nigel Mills; Bridget Phillipson; Gareth Snell.
Q76
Luke Graham: I appreciate that there are lots of different types of data, and they will have different levels of resilience, but if I understand correctly, you are quite comfortable that existing budgets will be able to give you the capacity to evolve security and capability over the life of the assets.
On the interoperability that we are trying to have with the United States, will we have sufficient funding to ensure that interoperability, with the advancements that they have, and in the light of their significantly higher military spending than ours?
Stephen Lovegrove: Existing budgets go up to 2026, and we are confident that we can do everything that we can realistically foresee between now and 2026 within that cost envelope. The platforms will have a much longer life than that.
I do not know what the capabilities of the technology available in 2026 will be. That is 10 years out, and I simply don’t know; nobody knows.
We will have to take a view as to what needs to happen at that point, but within the cost envelope that exists to 2026, we are pretty comfortable.
Some misconceptions, particularly about the F-35, have been in the press recently—for instance, that it has less memory than the iPhone, and things like that.
These are wildly inaccurate—I mean, 10 gigabytes. On an F-35, depending on the model, there are somewhere between 500 and 1000 separate processors on one single aircraft. Most of them have got memory associated with them, and two of those bits of memory I know are 96 gigabytes.
Among 500 to 1000 processors there is an enormous amount of capability, redundancy and so on that is built in already.
What it’s going to be like in 2026, I don’t know, but for the moment we are comfortable.
引用URL





10万飛行時間達成

画像を表示
引用URL




訓練用模擬胴体

画像を表示




MIP (モールド・イン・プレイス=Mold-In-Place)THOR

画像を表示画像を表示画像を表示
引用URL






ドラッグシュート

画像を表示画像を表示





バードストライクテスト

画像を表示




F-35RCSアクセプタンス(容認)テスト施設

画像を表示画像を表示画像を表示
模型とか合成写真とかではないです

画像を表示
F-22の






謎の球体

画像を表示画像を表示


  • 最終更新:2018-05-02 07:24:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード